偉人 池田大作 名言集|心の常備薬

池田大作
1928年1月2日 –
日本の宗教家、作家
宗教法人・創価学会の名誉会長
本名:同じ。
東京都大田区出身。
富士短期大学卒業。
1948年に東洋商業学校を卒業して,大世学院 (現富士短期大学) 政経科に入学。
1949年に中退したが,1967年に卒業論文を提出して卒業。
1947年8月に創価学会に入り,第2代会長戸田城聖に師事。
戸田の学会長就任後男子部で活動,1954年青年部参謀室長となり,学会の政治進出をすすめる。
戸田の死後,総務をへて1960年会長に就任,第三文明などの新理念をうちだす。
布教活動で組織を拡大し,1964年公明党を結成する。
1975年年SGI会長,1979年創価学会名誉会長。
1993年以降は連立政権の一翼を担っている。
また創価学園、創価大学、アメリカ創価大学などの教育機関、東洋哲学研究所、ボストン21世紀センター、戸田記念国際平和研究所などの研究機関、東京富士美術館や民主音楽協会などの文化機関を設立した。
文化学術交流によってモスクワ大学、グラスゴー大学、北京大学など、各国の大学・学術機関から140を超える名誉博士号、名誉教授号を受けている。
また早くから国際連合の発展の重要性を主張し、1983年には国連平和賞を受賞した。
関連商品

スポンサーリンク



No.001


信義を貫く
一生涯を同じ志に生きる。
絶対に信頼を裏切らない。
―――青春の信念と信義を貫いた人は、それ自体、勝利の人生である。
人間として勝った人である。誓いとは、人間だけができる。
いわば人間の人間としての証だからだ。

 

No.002


青年
青春の志に生き抜く、大情熱の人生は崇高である。

 

No.003


偉大な人
”偉大な人”とは、平凡であることの偉大さを知った人のことである。
だから、威張ったり、自分を偉く見せようなどとせず、ありのままに、誠実に生きることが大切である。
むしろ、立派そうに見せるために苦労することは、その人の力のないことを人にすすんで示すようなものである。

 

No.004


勇気
人生の勝利も、すべて勇気から始まる。
一歩踏み出す勇気、くじけぬ勇気、自分に負けない勇気・・・・。
勇気こそが壁を破る。

 

No.005


幸福
自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。
人を幸せにした分、自分も幸福になる。

スポンサーリンク

No.006


希望
すべてを失ったとしても、希望さえ残れば、そこからいっさいが再び始まる。
希望はつねに出発であり、永遠の始まりである。

 

No.007


差別
差別は、暴力である。
差別を許す社会は、病める社会である。

 

No.008


活字文化
活字文化の復興こそ、現代の教育に精神と人格の深みをもたらしゆく、大切な要素である。

 

No.009


対話
対話こそ人間の特権である。
それは人間を隔てるあらゆる障壁を越え、心を結び、世界を結ぶ、最強の絆となる。

 

No.010


文化交流
政治や経済だけの関係では、どうしても力の論理、利害の論理に流されてしまう。
文化の交流、教育の交流こそ、人間と人間、民衆と民衆を揺るぎなく結びつけていく普遍的、永続的な力となる。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Google Ads

関連記事

偉人 良寛 名言集|心の常備薬

良寛 1758年11月2日 - 1831年2月18日 江戸時代後期の

記事を読む

偉人 沢庵宗彭 名言集|心の常備薬

沢庵宗彭 1573年12月24日 - 1646年1月27日 臨済宗の

記事を読む

偉人 島田裕巳 名言集|心の常備薬

島田裕巳 1953年11月8日 - 日本の宗教学者、作家、劇作家、東

記事を読む

偉人 一休宗純 名言集|心の常備薬

一休宗純 1394年2月1日 - 1481年12月12日 室町時代の

記事を読む

偉人 瀬戸内寂聴 名言集|心の常備薬

瀬戸内寂聴 1922年5月15日 - 日本の小説家、天台宗の尼僧。

記事を読む

Google Ads

Comment

  1. 佐瀬仁美 より:

    池田先生のメッセージは、心のまとをついてらして、わかりやすく、いつも、勉強して、少しずつ実行しています。負けずにがんばります

    • medicines より:

      そうですね。
      宗教家として、人々の心に届く言葉を多く残されていますね。
      また、生活信条を表してもいますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑