偉人 植芝盛平 名言集|心の常備薬

植芝盛平
1883年12月14日 – 1969年4月26日
日本の武道家
合気道の創始者
本名:同じ。
和歌山県出身。
田辺中学校中退。
合気道界では「開祖」と敬称される。
18歳のとき上京して戸沢徳三郎に天神真楊流柔術を学ぶ。
20歳代前半までに天神真楊流,柳生流等の柔術や銃剣術を学び,武術的資質と強靱な体力を養った。
その後軍隊生活を経て帰郷し講道館柔道を高木喜代市に学ぶ。
1915年北海道に入植中,大東流合気柔術の中興の祖武田惣角に師事する。
1919年大本教の出口王仁三郎にであい,京都府綾部町に修行道場植芝塾をひらく。
1920年から綾部の大本教本部に居住し,出口王仁三郎から精神的影響を受けた。
その後宝蔵院流槍術,柳生新陰流など剣術の研鑽にも努め,1922年には大東流の教授代理を許された。
1931年ころからしだいに武田を離れ,合気武術,合気武道と称して独立,1942年以後合気道と称して戦後これを普及させた。
著作:「武道伝書」など。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


失敗は成功へ鍵である。
どの間違いも何かを教えてくれる。

 

No.002


ワシには、鉄砲は当たらんのや。

 

No.003


人生は成長だ。
もし、技術的にも精神的にも成長することをやめたら、私たちは死んだも同然だ。

 

No.004


絶対不敗これ即ち何人とも争わざること成り。

 

No.005


合気とは筆や口にはつくされず言ぶれせずに悟り行え。

 

スポンサーリンク

 

No.006


日々のわざの稽古に心せよ一を以って万に当るぞ武夫の道。

 

No.007


合気にてよろづ力を働かし美しき世と安く和すべし。

 

No.008


私は武道を通じて肉体の鍛練をし、その極意をきわめたが、武道を通じて、はじめて宇宙の神髄を掴んだとき、人間は『心』と『肉体』と、それを結ぶ『気』の三つが完全に一致して、しかも宇宙万有の活動と調和しなければいけないと悟った。
『気の妙用』によって、個人の心と肉体を調和し、また個人と全宇宙との関係を調和するのである。

 

No.009


たしか大正14年の春だったと思う。
私が一人で庭を散歩していると、突然天地が動揺して、大地から黄金の気がふきあがり、私の身体を包むと共に、私自身も黄金体と化したような感じがした。
それと同時に、心身共に軽くなり、小鳥のささやきの意味もわかり、この宇宙を創造された神の心が、はっきり理解できるようになった。
その瞬間、私は『武道の根源は、神の愛――万有愛護の精神――である』と悟り得て、法悦の涙がとめどなく頬を流れた。
その時以来、私は、この地球全体が我が家、日月星辰はことごとく我がものと感じるようになり、眼前の地位や、名誉や、財宝はもちろんのこと、強くなろうという執着も一切なくなった。

 

No.010


合気道は形はない。
形はなく、すべて魂の学びである。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 岡部幸雄 名言集|心の常備薬

岡部幸雄 1948年10月31日 - 日本の騎手

記事を読む

偉人 加茂周 名言集|心の常備薬

加茂周 1939年10月29日 - 兵庫県芦屋市出身のサッカー選手、

記事を読む

偉人 岡本綾子 名言集|心の常備薬

岡本綾子 1951年4月2日 - 女子プロゴルファー

記事を読む

偉人 長谷川健太 名言集|心の常備薬

長谷川健太 1965年9月25日 - 日本のサッカー選手・指導者・解

記事を読む

偉人 篠塚建次郎 名言集|心の常備薬

篠塚建次郎 1948年11月20日 - 日本のラリードライバー

記事を読む

偉人 星野仙一 名言集|心の常備薬

星野仙一 1947年1月22日 - 日本のプロ野球選手、監督、野球解

記事を読む

偉人 樋口久子 名言集|心の常備薬

樋口久子 1945年10月13日 - 日本の女子プロゴルファー

記事を読む

偉人 羽生結弦 名言集|心の常備薬

羽生結弦 1994年12月7日 - 宮城県仙台市泉区出身の日本人フィ

記事を読む

偉人 岡崎朋美 名言集|心の常備薬

岡崎朋美 1971年9月7日 - 日本のスピードスケート選手

記事を読む

偉人 大仁田厚 名言集|心の常備薬

大仁田厚 1957年10月25日 - 日本のフリーレスラー、政治家、

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑