偉人 織田幹雄 名言集|心の常備薬

 

 

織田幹雄
1905年3月30日 – 1998年12月2日
日本の元陸上選手、指導者
加工_立ち姿_偉人伝_みきお_pic2
「日本人初の五輪金メダリスト」であり、アジア人としても個人初の五輪金メダリストでもある。
早稲田大学卒業。
在学時代、南部忠平、沖田芳夫らとともに早大陸上競技部の黄金時代を築いた。
1924年(大正13)走幅跳びで7.04メートルを跳び、日本初の7メートル台を記録した。
同年のオリンピック・パリ大会三段跳びで6位入賞、28年(昭和3)のオリンピック・アムステルダム大会三段跳びで15.21メートルで日本人として初めてオリンピックの金メダルを得た。
31年には15.58メートルの当時世界新記録をつくり、三段跳び王国日本の先駆者となった。
専門外の投擲(とうてき)、短距離にも強く、24年から3年間十種競技の日本記録(6062点)を保持。
朝日新聞本社運動部長退任後、早稲田大学教授、国際陸連技術委員を歴任。
東京オリンピックでは陸上競技の選手強化委員長を務めた。
日本陸上競技連盟名誉会長。
88年文化功労者。
日本陸上を支え、「陸上の神様」「日本陸上界の父」とよばれた。
1988年、文藝春秋編集部が刊行した『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史』全三巻のあとがきに於いて “昭和のスーパー・スポーツマン十人” に織田幹雄、人見絹枝、双葉山、川上哲治、古橋廣之進、白井義男、岡本綾子、力道山、長嶋茂雄、植村直己に選ばれる。
金メダル記録15・21メートルは国立競技場や広島ビッグアーチの「織田ポール」の高さとして残っている。
関連商品

スポンサーリンク


 

No.001


競技は頭で考えた理屈ではなく体の感覚で覚えるもの。

 

No.002


オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。
しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。
陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。
マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。

 

No.003


私はオリンピックの穴を狙った。

 

No.004


僕は「精進」という言葉を信条にやってきた。
これは自分なりの解釈で「精を出せば、必ず進歩する」という意味です。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

織田幹雄 わが陸上人生

織田幹雄 わが陸上人生
価格:1,944円(税込、送料別)

Google Ads

関連記事

偉人 成田真由美 名言集|心の常備薬

  成田真由美 1970年8月27日 - 元パラリンピッ

記事を読む

偉人 尾藤公 名言集|心の常備薬

尾藤公 1942年10月23日 - 2011年3月6日 日本の高校野

記事を読む

偉人 谷亮子(旧姓:田村) 名言集|心の常備薬

      谷亮子(旧姓:田村)

記事を読む

偉人 森祗晶 名言集|心の常備薬

森祗晶 1937年1月9日 - 岐阜県出身のプロ野球選手・指導者・監

記事を読む

偉人 北島康介 名言集|心の常備薬

北島康介 1982年9月22日 - 日本の競泳選手

記事を読む

偉人 長谷川健太 名言集|心の常備薬

長谷川健太 1965年9月25日 - 日本のサッカー選手・指導者・解

記事を読む

偉人 三宅宏実 名言集|心の常備薬

三宅宏実 1985年11月18日 - 日本の女性重量挙げ選手・指導者

記事を読む

偉人 加藤大二郎 名言集|心の常備薬

加藤大二郎 1976年7月4日 - 2003年4月20日 オートバイ

記事を読む

偉人 吉田沙保里 名言集|心の常備薬

吉田沙保里 1982年10月5日 - 日本のレスリング選手

記事を読む

錦織圭 名言集|心の常備薬

錦織圭 1989年12月29日 - 島根県出身の男子プロテニス選

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑