偉人 小林繁 名言集|心の常備薬

小林繁
1952年11月14日 – 2010年1月17日
鳥取県出身のプロ野球選手、プロ野球コーチ
%e5%b0%8f%e6%9e%97%e7%b9%81k
鳥取県東伯郡琴浦町出身。
由良育英高校卒業。
鳥取県立由良育英高校(現,県立鳥取中央育英高校)卒業後,社会人野球を経て,1971年のドラフト会議でセントラル・リーグの読売ジャイアンツに6位指名された。
1978年「江川事件」の渦中に巻き込まれ、読売ジャイアンツから阪神タイガースへトレード移籍。
「悲劇のヒーロー」として人気を得た。
1983年、現役引退。
最多勝1回、ベストナイン2回、最優秀投手2回、沢村賞2回。
通算 139勝95敗17セーブ22SP 勝率.594 1243奪三振 防御率3.18
1995年7月、川上哲治からさわやか新党の候補者として第17回参院選に立候補するよう依頼され、妻からの資金的援助も得て同党代表として比例区第1位で立候補するも落選。
党の得票率は1%に満たなかったため、供託金は没収、広告費用は自己負担となった。
立候補のためにテレビ・ラジオの番組やCMは全て降板しており、小林は大きな経済的ダメージを被った。
さらにバブル景気崩壊により、現役時代から行っていた飲食や不動産事業などの経営状況が悪化、借金を抱えることになった。
2000年、大阪近鉄バファローズの投手コーチに就任。
2003年、退団。
2004年、自己破産。
2009年、北海道日本ハムファイターズ2軍投手コーチに就任
2010年、北海道日本ハムファイターズ1軍投手コーチに就任
新シーズンへ向けて準備を進めていたが、キャンプインを2週間後に控えた1月17日、福井市内の自宅で「背中が痛い」と体調不良を訴え、福井県立病院に救急搬送された。
病院搬送時には心肺停止状態であり、蘇生措置が施されたが午前11時頃に心筋梗塞による心不全で死去した。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


あの年に俺がやったことは野球選手として褒められたことじゃないんだよ。
自分のためだけの野球をやっていたから。
あんな事件があって、トレードで阪神に移って、悔しくてね。
だから、『俺は生きるぞ、負けてなんかいないぞ』って主張したかった…それだけの野球。
そんな野球は全然、駄目でしょ。
チームより自分が先に立っていた…そんなのは、あざといだけの野球だよ。
なのにファンもマスコミも俺が巨人に勝つたびに大騒ぎをする。
世の中が、そんな風に動くのが嫌だった。
『あんたら馬鹿か』と思いながら、それでも、俺は巨人に負けたくないと思って必死に投げていたんだ。
結局、世間に踊らされていたんだよ、あの年の俺は。

 

No.002


こういうことはね、早く終わったほうがいいんだよ。
大体、ふたりの投手が投げ合っただけじゃない。
それなのにカメラにずっと追いかけられて、無駄な写真もいっぱい撮られて晒し者にされたような気分だったからね。
……まぁ、僕の野球人生における煩わしいことが、これで終わった。
あの子(江川)が勝ってよかったのかもしれない。
負けていれば、何を言われるかわからないしね。

 

No.003


肩も肘もきつかったけど、騙し騙しやれば、次のシーズンも10勝はできたかもしれない。
それに技巧派にスタイルを変えるという手もあったはずだと思う。
でも自分が思い描いたボールが投げられなくなっているのに、投げ続けることにこだわろうとは思えなかったよ、あの時は。
こんなことを言っても仕方がないけれど、もし、あのトレードがなくて、ジャイアンツに残っていたとしたら、もっと長く現役を続けていただろうね。
ジャイアンツにいたら35歳ぐらいまで、いや投げれる間はユニフォームを着ていたんじゃないかな。
結局、あのトレードから、人の評価に振り回される僕の人生が始まった。
自分のやりたいように生きていなかったね。
周りの評価ばかり気にして、そんな自分が嫌で、つかれて、もう野球から離れたかったんだと思う。
だから引退を決めた時、自分の野球人生を振り返ろうともしなかったし、感傷に浸ることもなかった。

 

No.004


いまさらコマーシャルに出るつもりはない。

 

No.005


俺がやると言っても、江川君はどうなの?断ると思うよ。

 

スポンサーリンク

 

No.006


若い頃って、自分がしんどいことばかり考えているんですよ。
だけど、たぶん江川も、すごくしんどかったんですよね。
もしかしたら俺よりも苦しい人生を送ってきたのかもしれない…。
だから結末をつけてやらなきゃいけないかなって思ったね。
彼のしんどさに結末をつけないと、俺も結末がつかないからね。
あと江川と話して、もうひとつ解ったことがあるんだ。
それは、あいつにも趣味がない。
俺にも趣味がないように。
事故が恐いからって、週末に家族をドライブに連れていこうともしなかったんだ。
俺たちには、野球がすべてだった。
家族を犠牲にしてまで、俺たちは野球をやっていた。
あいつも夢中で野球をやっていたんだなぁって実感した。

 

No.007


江川個人に対する恨みつらみはない。
ただ、他人の人生を変えてしまったことは、まぎれもない事実です。

 

No.007


一人の人間のとった行動が、別の誰かの人生を全く違う方向に押しやってしまったわけですよ。
そういうわだかまりみたいなものはやっぱりあります。

 

No.008


結局、価値観の違う人間なんだと思っています。
自分がこうしたいという望みがあるときに、それは自分の手でつかむものであって、何かを踏み台にしたり、誰かを犠牲にしたりして得るものではない、というのが本質的に僕の考え方だから。
だから、僕には彼がまったく異質な人間としか思えない。
よく、あのときのバッシングによって、彼も苦しみを味わったんだと言う人がいる。
でも、それは自分が前向きに選んだことでしょう。
誰かに「そうしなさい」と言われてしたことじゃなくて。
……だから本人は、そういう覚悟の上で、やらざるを得ないでしょう。
そこでバッシングを受けたから可哀想なんじゃなくて、彼の立場からすれば、それは甘んじて受けるという覚悟で入らなければいけない。
初めから、そうなるのはわかっていたことでしょう。

 

No.009


人生のバッターボックスに立ったら、見送りの三振だけはするなよ。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生涯学習概論 [ 小林繁 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 川井梨紗子 名言集|心の常備薬

川井梨紗子 1994年11月21日 - 日本の女子レスリング選手

記事を読む

偉人 白井義男 名言集|心の常備薬

  白井義男 1923年11月23日 - 2003年12月26日

記事を読む

偉人 加茂周 名言集|心の常備薬

加茂周 1939年10月29日 - 兵庫県芦屋市出身のサッカー選手、

記事を読む

偉人 金田正一 名言集|心の常備薬

金田正一 1933年8月1日 - プロ野球選手・監督、解説者・評論家

記事を読む

偉人 杉下茂 名言集|心の常備薬

杉下茂 1925年9月17日 - プロ野球選手・指導者・監督、野球解

記事を読む

偉人 田知本遥 名言集|心の常備薬

田知本遥 1990年8月3日 - 日本の女子柔道選手

記事を読む

偉人 青田昇 名言集|心の常備薬

青田昇 1924年11月22日 - 1997年11月4日 プロ野球選

記事を読む

偉人 関谷正徳 名言集|心の常備薬

関谷正徳 1949年11月27日 - 日本のレーシングドライバー

記事を読む

偉人 木村政彦 名言集|心の常備薬

  木村政彦 1917年9月10日 - 1993年4月18日

記事を読む

偉人 加藤沢男 名言集|心の常備薬

加藤沢男 1946年10月11日 - 日本の体操選手、体操コーチ

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑