偉人 小早川毅彦 名言集|心の常備薬

小早川毅彦
1961年11月15日 –
広島県出身のプロ野球選手、指導者、野球解説者
%e5%b0%8f%e6%97%a9%e5%b7%9d%e6%af%85%e5%bd%a61
本名:同じ。
広島県広島市出身。
法政大学卒業。
「広島の若大将」「球界の貴公子」「殿」などの異名を持ち、記録より記憶に残る男と称される。
中学時代より野球を始め、PL学園高時代には2度の甲子園出場を果たす。
法政大へ進学後、1年から4番ファーストでデビュー。
東京六大学野球で三冠王獲得。
日米大学野球で首位打者に輝く。
ベストナイン5回。
1984年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。
1997年ヤクルトスワローズに移籍し、1999年シーズン終了後に引退。
現役引退後は、選手の考えや気持ちを踏まえ、広い視野に立てる新しい解説・評論に挑む。
執筆活動のほか、広島東洋カープ一軍打撃コーチ、各地での講演、野球指導、イベント出演など幅広く活動。
札幌アンビシャス(プロ野球マスターズリーグ)に所属。
また、重度のネフローゼを3歳のときに発病し、小学6年生で運動を許可されるまで苦しんだが、それを克服した経験から、子供たちや体の不自由な方、病気と闘う方々にエールを送り続けている。
代表作品著書『負けない集中力 「ZONE」に入った男の一振りの極意』
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


身体とボールの間隔のあいだに非常な距離を感じますね。

 

No.002


母さんが打たせてくれたんだ。

 

No.003


高校の時から大学に行きたかったし、行くならばレベルの高い東京六大学でというのがあったんだ。
その中でも高校の1つ先輩だった西田さん、木戸さんがいた法大に行きたかったね。

 

No.004


まさか1年から試合に出られるとは思ってもみなかったよ。
当時の大学っていうのはとにかく縦社会だったからね。

 

No.005


今でもたまに見るけど、やっぱりお客さんが減ってきてるよね。
俺たちのころはまだ盛んだったし、スタンドを埋め尽くすくらいの応援の人数はいたなぁ。
だからやりがいがあったし自然と力も湧いてきたよ。
あと、俺たちの頃はまだ優勝回数が2番だったんだ。
それをなんとかして1番にしたくて頑張ったね。

 

スポンサーリンク

 

No.006


聞かれると苦しいね(笑)。
授業にはあまり出てなかったなぁ。
基本的には午前中授業に出て、午後から練習というシステムだったんだけど、ほとんど朝は合宿所で午後からの練習のために力を蓄えていたよ(笑)。

 

No.007


広島時代、優勝はかなりさせてもらったけど最後まで自分がグラウンドに立っていることがなかったんだ。
でもヤクルトに来てからの優勝は自分も守っていて、しかも最後、自分の所にゴロが来たんだ。
それが一番印象に残っている出来事だよ。

 

No.007


とにかく無我夢中だったんだ。
広島からヤクルトに来てヤクルトの選手として認められたいってのがあったんだ。
それに野村監督に出会えて、いろんな知識を吸収できて良かったと思っている。
自分は本当に指導者、監督に恵まれつづけたね。

 

No.008


俺が感じるのは、あの時の江川さんはいつもの江川とは違っていたんだ。
江川さんて言うのは顔に出さないポーカーフェイスな感じで、ピンチやこいつだけには打たれたくないという打者にだけ力を入れて投げる投手だったんだ。
それがあの試合だけは体から殺気が出ている感じがあったんだよ。

 

No.009


特に気にしているという事はないんだけどね。
でも挨拶にも来るし、やっぱり後輩だからね。
活躍してくれればいいなと思って見ているんだよね。

 

No.010


やっぱり人と人のつながりっていうのを大事にして欲しいよね。
最後には人と人とのつながりが一番大切になってくるから。
それも大学でのつながりっていうのは何年経っても切れない、いいつながりなので大事にしていって欲しいね。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強の広島カープ論 [ 二宮清純 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/11/14時点)

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 アニマル浜口 名言集|心の常備薬

アニマル浜口 1947年8月31日 - 日本の元プロレスラー、ボディ

記事を読む

偉人 塚田真希 名言集|心の常備薬

塚田真希 1982年1月5日 - 茨城県下妻市出身の女性柔道家

記事を読む

偉人 中野真矢 名言集|心の常備薬

中野真矢 1977年10月10日 - モーターサイクル・ロードレース

記事を読む

偉人 河西昌枝 名言集|心の常備薬

河西昌枝 1933年7月14日 - 2013年10月3日 日本の女子

記事を読む

偉人 青木功 名言集|心の常備薬

青木功 1942年8月31日 - 日本のプロゴルファー

記事を読む

偉人 山本昌 名言集|心の常備薬

山本昌 1965年8月11日 - 中日ドラゴンズ所属プロ野球選手(投

記事を読む

偉人 高津臣吾 名言集|心の常備薬

高津臣吾 1968年11月25日 - プロ野球選手・監督・野球解説者

記事を読む

偉人 魁皇 名言集|心の常備薬

  魁皇博之 1972年7月24日 - 元大相撲力士。

記事を読む

偉人 加茂周 名言集|心の常備薬

加茂周 1939年10月29日 - 兵庫県芦屋市出身のサッカー選手、

記事を読む

偉人 双葉山 名言集|心の常備薬

双葉山 1912年2月9日 - 1968年12月16日 大分県出身の

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑