偉人 伊達公子 名言集|心の常備薬

伊達公子
1970年9月28日 –
日本の女子プロテニス選手
%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%a0%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90s
京都府京都市出身、園田学園高校卒。
6歳の時、京都市北区の「テニスクラブセブンスリー」でテニスを始める。
その後滋賀県大津市に転居し、京都市山科区の「四ノ宮テニスクラブ」で実力をつけ、瀬田中学校時代には滋賀県テニス選手権で優勝。
テニスの名門園田学園高等学校に入学後、88年のインターハイでシングルス、ダブルス、団体優勝の3冠獲得を達成。
高校卒業と同時にプロ転向した。
もともとは左利きだが、テニスでは右打ち、バックハンドは両手打ち。相手の打ったボールが自分のコートでバウンドした直後に打ち返す「ライジングショット」を武器に活躍。
プロ転向後は着実に成績を伸ばし、1992年には、テニス4大大会のシード権を得て全仏オープンテニスに出場し4回戦に進出した。
他にも、全日本テニス選手権2連覇を達成し、それらの活躍からWTA(女子テニス協会)の「Most Improved Player of the Year(最も進歩した選手)」に選ばれた。
1994年1月にオーストラリアのニュー・サウスウェールズ・オープンで海外初優勝、同年全豪オープンで自身初の4大大会での4強入りを果たす。
1995年の東レ パン・パシフィック・オープン・テニス・トーナメントで初優勝し世界ランキングを自己最高の4位まで上げた。
全豪オープン(94年)、全仏オープン(95年)、全英オープン(96年)でそれぞれベスト4、全米オープンベスト8(93年・94年)などの成績を残し、1996年9月に引退を発表した。
2001年12月1日、ドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムと結婚。
引退から12年近くを経た08年4月7日、ツアープレーヤーとして復帰することを発表。
本名の『 クルム伊達公子 』として登録した。
11月には全日本テニス選手権に自身3度目の優勝を果たす。
2009年からは4大大会にも出場し、WTAツアーのハンソル・コリア・オープンで優勝するなど、活躍を続けている。
2012年の全豪オープンでは、錦織圭とペアを組んで混合ダブルスに出場し話題となった。
2016年9月26日ミハエル・クルムと離婚。
ツアー通算シングルス8勝、ダブルス2勝(2011年末現在)。
エステティックTBC所属。

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


年齢を経ていくと人生が下降していくようなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、私は決してそうではないと思います。
たくさんの経験があるということは、それだけ選択肢をたくさん持っているということ。
大事なのは、それをフルに活用するつもりで、日々前進することを忘れないことだと思います。

 

No.002


本当は、頑張っている実感はそれほどないのです。
楽しいことはいくらでも時間を忘れて没頭できるし、自然と力が湧いてきます。
いまの私にとって、テニスはそういうものです。
でも、それができているのは、自分の力だけでなく、パードナーであるマイクやスタッフたちのサポートあってのことだと日々感謝しています。

 

No.003


以前とは違って、人の意見を聞いて受け入れられるようになりました。
強がらずに、人がいいというものを一度は試してみようと行動するようになったのです。
よりよい結果により効率的にたどり着こうと思えば、選択肢はできるだけ多い方がいい。
いいものは採りいれて、最後は自分で決める。
そういう柔軟性は大切だと思います。

 

No.004


私が時間を有効に使いたいと考えるのは、「一分の大切さ」を身をもって知っているからかもしれません。
テニスでは一分あれば試合の流れが変わります。
負けている試合であっても逆転が可能なのです。
ましてや、アスリートとしての私に残された時間は決して多くはないのですから、より一層時間を有意義に使いたいのです。

 

No.005


以前現役だったころと比べれば、体力や回復力が落ちていることは、素直に認めなくてはなりません。
だからこそ、無駄を削ぎ落とし、有効な練習法を考える必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

No.006


私はできる限り時間を効率的に使いたいタイプです。
忙しいときは分刻みでスケジュールを組んで、予定を次々とこなします。
その代わり、オフの日は自宅でゆっくりと過ごす。
そういうメリハリを大事にしています。
移動で空港を利用することが多いのですが、「出発の二時間前に着いてゆっくりお茶を飲んで過ごす」なんてことはまずありません。
その時間を他のことに使いたい。

 

No.007


年齢を経れば不利と思われるかもしれませんが、テニスでは必ずしもそうではありません。
経験があれば、試合運びにしっかりしたプランが立てられますし、途中で柔軟に戦術を変えることもできます。
パワーの代わりに頭を使ってショットを決めたり、力で攻めてくる相手がパワーダウンするのを待って攻撃を仕掛けたり……経験は大きな力になるのです。
若い選手にはそれが脅威に思えるようで、対戦するとやりづらいと言われます(笑)。

 

No.008


周りからの支え、いままでの自分の得てきた経験などすべてが、いまのテニスプレーヤーとしての自分を形づくっていると感じます。

 

No.009


たったひとつのことでも毎日何かを続けるには、それなりに気持ちを強く持つ必要があります。
時間通り、予定通りのルーティンをつくることで、自分の中にリズムが生まれてきます。
そうしてやるべきことをコツコツとこなし、決めたことをきちんとやり抜くことが、いずれ実を結ぶのだと思います。

 

No.010


テニスの練習はもちろんのこと、それと同様に意識しているのは、練習を含めた毎日の生活全体を整えるということです。
寝ること、食べること、楽しむこと、自分が決めたことをコツコツ持続させることで、自分の体調や変化にもすぐ気づくことができます。

 

ページ: 1 2 3 4

Google Ads

関連記事

偉人 関谷正徳 名言集|心の常備薬

関谷正徳 1949年11月27日 - 日本のレーシングドライバー

記事を読む

偉人 加藤大二郎 名言集|心の常備薬

加藤大二郎 1976年7月4日 - 2003年4月20日 オートバイ

記事を読む

偉人 森祗晶 名言集|心の常備薬

森祗晶 1937年1月9日 - 岐阜県出身のプロ野球選手・指導者・監

記事を読む

偉人 村田兆治 名言集|心の常備薬

村田兆治 1949年11月27日 - 広島県出身のプロ野球選手・コー

記事を読む

偉人 室伏広治 名言集|心の常備薬

室伏広治 1974年10月8日 - 静岡県沼津市出身の日本の男子ハン

記事を読む

偉人 大山倍達 名言集|心の常備薬

大山倍達 1923年7月27日 - 1994年4月26日 武道家・空

記事を読む

偉人 松井秀喜 名言集|心の常備薬

  松井秀喜 1974年6月12日 - 日本の元プロ野球

記事を読む

偉人 水原茂 名言集|心の常備薬

水原茂 1909年1月19日 - 1982年3月26日 日本のプロ野

記事を読む

偉人 篠塚建次郎 名言集|心の常備薬

篠塚建次郎 1948年11月20日 - 日本のラリードライバー

記事を読む

偉人 野村克也 名言集|心の常備薬

  野村克也 1935年6月29日 - 京都府出身の元プ

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑