偉人 吉田茂 名言集|心の常備薬

吉田茂
1878年9月22日 – 1967年10月20日
日本の外交官、政治家
ダウンロード
外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、 第一復員大臣(第2代)、 第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任した。葉巻きをくわえたワンマン宰相。
軽軍備・経済重視の吉田ドクトリンが戦後復興の指針に。
第二次大戦後の政治家。
東京都神田生まれ。
竹内綱の五男。
吉田健三の養子となる。
東大卒。
外務省に勤務、駐英大使などを勤める。
戦争に否定的だっため、第二次大戦中は反政府活動の嫌疑で憲兵隊に拘置された。
戦後は東久邇(ひがしくに)・幣原(しではら)両内閣の外相となる。
1946年5月日本自由党総裁として第一次吉田内閣組閣、以後5回の政権で、吉田ドクトリンにより占領から講和・独立までの戦後日本復興の枠組みを作った。
サンフランシスコ講和条約締結。
サンフランシスコ会議首席全権として対日平和条約・日米安保条約に調印。
引退後も保守本流の元老として政界に巨大な影響力を持った。日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


私は首相なら務まると思いますが、首相秘書官は務まりません。

 

No.002


俺の人気もまんざらでないな。

 

No.003


負けっぷりは立派にしようというのが、私の総司令部に対する一貫した考え方だったのである。

 

No.004


忙しいと疲れたは、自慢にならん。

 

No.005


戦争に負けて外交に勝った例はある。

 

スポンサーリンク

 

No.006


君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。
御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、 国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

 

No.007


忍耐がどんな難問にも、解決策になる。

 

No.008


今に立ち直る。
必ず日本は立ち直る。

 

No.009


三千年、いや四千年生きたい、しかし人は死ぬ。
しかし国は生き続ける。

 

No.010


大志を抱けば、天下何ものか恐るるに足らず。

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

杉原千畝 名言集|心の常備薬

杉原 千畝 1900年1月1日 - 1986年7月31日 日本の

記事を読む

偉人 平成天皇 名言集|心の常備薬

平成天皇 1933年12月23日 - 第125代天皇

記事を読む

偉人 細川護熙 名言集|心の常備薬

細川護熙 1938年1月14日 - 日本の政治家、陶芸家 第79代

記事を読む

渋沢栄一 名言集|心の常備薬

渋沢 栄一 1840年3月16日 - 1931年11月11日 日

記事を読む

偉人 橋本聖子 名言集|心の常備薬

橋本聖子 1964年10月5日 - 日本の女子スピードスケート選手、

記事を読む

偉人 高橋是清 名言集|心の常備薬

高橋是清 1854年9月19日 - 1936年2月26日 日本の幕末

記事を読む

偉人 孝明天皇 名言集|心の常備薬

孝明天皇 1846年3月10日‐ 1867年1月30日 江戸時代の第

記事を読む

偉人 原敬 名言集|心の常備薬

原敬 1856年3月15日 - 1921年11月4日 日本の外交官、

記事を読む

偉人 鈴木貫太郎 名言集|心の常備薬

鈴木貫太郎 1868年1月18日 - 1948年4月17日 日本の海

記事を読む

偉人 西太后 名言集|心の常備薬

西太后 1835年11月29日 - 1908年11月15日 清の咸豊

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑