偉人 水戸黄門(徳川光圀) 名言集|心の常備薬

水戸黄門(徳川光圀)
1628年7月11日 – 1701年1月14日
常陸水戸藩の第2代藩主
images
水戸黄門=徳川光圀
諡号は「義公」、字は「子龍」、号は「梅里」。
徳川家康の孫に当たる。
儒学を奨励し、彰考館を設けて『大日本史』を編纂し、水戸学の基礎をつくった。
社寺の改革、勧農政策を推進し、水戸の上水道を敷設する。
快風丸建造による蝦夷地の探検などを行った。
また明の朱舜水をまねく。
のちに中納言となり、その唐名黄門から後世、講談師によって水戸黄門として伝説化された。
希代の名君と賞され「水戸黄門漫遊記」による逸話が広く流布している。
水戸北郊の西山荘に隠棲し,隠居後は西山隠士。
領内巡視,文化財の保護などにつとめた。日本で初めてラーメンを食した人物としても有名。日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


身体は習慣次第で、どのようにでもなるものである。
すこやかになるように心がけることが大切である。

 

No.002


大将の宝とすべきものは、堅固な城郭と、札のよい甲冑、この二つよりほかにはない。
けれども、常々召使っている侍たちは、すなわち、その城郭や甲冑にほかならないのである。

 

No.003


どれほど質のよい甲冑を身につけ、どれほど堅固な城郭にたてこもっても、士卒の心が離ればなれになってしまったのでは、役に立たない。
士卒がお互いに心を合わせさえすれば、どれだけ堅固な城郭にも、札のよい甲冑にも優る。

 

No.004


人の身に近い宝としては、刀や脇差にまさるものがないが、その鞘が走って、手足を切るようなこともある。
士卒も、これと同様に、身の護りとなる宝ではあるが、鞘が走って怪我をすることがないように、人をよく見立てて召使うことが肝要である。

 

No.005


結局は、殿の御恩に感じた者が、刀や脇差のように身の護りとなり、怨みを含んだ者が、鞘走って怪我のもとを作ることとなる。
ひたすら、御恩に感じ、怨みを含ませないように、常々心づけて士卒を召使われることが大切である。

スポンサーリンク

 

No.006


常々、算盤を習い、算勘を覚えるようにするといいだろう。
役人になる身でもないのに、何ゆえかと思われるか知れないが、算数を知らなくては、備え立ての人数の配慮ができない。
たとえば、三百坪一段の場所に騎馬の士をどれだけ立てられるかということを、馬の上から一覧した上で、見積もることができないようでは、忙しいときや急用の間に合わないものである。
もっとも、軍学や備え立ての心得のある者がお側におりはするが、どんな都合で、それがいないとも限らない。
その場合には、間に合わない。
だから、御自分で算数を心得ていなくてはならない。

 

No.007


孫子や呉子は軍学に巧みではあるが、その業績は、学ぶに足りない。
たとえば、上州筋の夜討や強盗の類にも、それぞれの法則はあるものである。
夜討には、松明の振り方が大切であり、強盗の中でも、頭だった老巧の者に松明を振らせるのである。
その振りようが悪い時には、働きも面白くない。
だから、松明を振る役が大切であって、相手のほうも、松明を振っている者を目がけて、それを討ち取るようにしている。
こういうことは、武士の心得にもなることであって、夜討強盗の所業にも、良いことがないとは限らない。
けれども、夜討や強盗は、大きな悪事である。
孫子や呉子も、このようにして、採るべきところを採り、捨っべきところを捨てたのである。

 

No.008


一騎で立ち働くことは、匹夫の勇であるから、大した御用にも立たぬ。

 

No.009


軍法は、大将たる者が知らなくてはならないことである。
万一の御用で出馬する時には士卒の召使い方や備え立てなどを知らなくてはならない。

 

No.010


体が大きな者は、三、四尺の刀を自由に振りまわし、役に立てるが、普通の者はそのような大刀は手に余るからはなはだ無益なことである。

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

偉人 西園寺公望 名言集|心の常備薬

西園寺公望 1849年12月7日(戸籍) - 1940年11月24日

記事を読む

杉原千畝 名言集|心の常備薬

杉原 千畝 1900年1月1日 - 1986年7月31日 日本の

記事を読む

偉人 原敬 名言集|心の常備薬

原敬 1856年3月15日 - 1921年11月4日 日本の外交官、

記事を読む

渋沢栄一 名言集|心の常備薬

渋沢 栄一 1840年3月16日 - 1931年11月11日 日

記事を読む

偉人 聖徳太子 名言集|心の常備薬

聖徳太子 574年2月7日 - 622年4月8日 飛鳥時代の皇族、政

記事を読む

偉人 中江兆民 名言集|心の常備薬

中江兆民 1847年12月8日 - 1901年12月13日 日本の思

記事を読む

偉人 海部俊樹 名言集|心の常備薬

海部俊樹 1931年1月2日 - 日本の政治家 第76・77代内閣

記事を読む

偉人 松本清 名言集|心の常備薬

松本清 1909年4月24日 - 1973年5月21日 千葉県出身の

記事を読む

偉人 持統天皇 名言集|心の常備薬

持統天皇 645年 - 703年1月13日 日本の第41代天皇

記事を読む

偉人 後醍醐天皇 名言集|心の常備薬

後醍醐天皇 1288年11月26日 - 1339年9月19日 鎌倉時

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑