福澤諭吉 名言集|心の常備薬

福澤諭吉
福沢諭吉 1835年1月10日 – 1901年2月3日
日本の旗本武士、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者
豊前中津藩(大分県)藩士。
大坂の適塾でまなび,安政5年江戸で蘭学塾(のちの慶応義塾)をひらく。
英学を独修し,7年幕府の遣米使節に同行して咸臨(かんりん)丸で渡米。
以後2回欧米を視察。元治(げんじ)元年幕臣となり外国奉行翻訳方をつとめる。
維新後は官職を辞して生涯野にあった。
明治15年「時事新報」を創刊。
人間の独立自尊,実学の必要性を説き,脱亜論をとなえた。
著作に「西洋事情」「学問のすすめ」「文明論之概略」など。
専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。
他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。
そうした業績を元に明治六大教育家として列される。
昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。
世界一受けたい授業の日本の超頭脳が集結!東大の人気先生大集合SP
「現役東大生に聞いた尊敬する偉人ランキングBest50」 に選ばれる。
著書 ・『学問のすゝめ』
・『福翁百話』
・『帝室論』

 

 

 

スポンサーリンク

 

No.001


学問の本趣意は、読書に非ず、精神の働きに在り。

 

No.002


社会共存の道は、人々自ら権利をまもり幸福を求むると同時に、他人の権利幸福を尊重し、いやしくもこれを侵すことなく、もって自他の独立自尊を傷つけざるにあり。

 

No.003


ペンは剣よりも強し

 

No.004


難きを見て為さざるは、丈夫の志にあらず。

 

No.005


政治は悪さ加減の選択である。

 

スポンサーリンク

 

No.006


進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。

 

No.007


独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり。

 

No.008


学問は米をつきながらも出来るものなり。

 

No.009


空想はすなわち実行の原案。

 

No.010


未だ試みずして、先ず疑うものは、勇者ではない。

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

偉人 沢田美喜 名言集|心の常備薬

沢田美喜 1901年9月19日 - 1980年5月12日 日本の社会

記事を読む

偉人 福田英子 名言集|心の常備薬

福田英子 1865年11月22日 - 1927年5月2日 江戸時代末

記事を読む

偉人 久坂玄瑞 名言集|心の常備薬

久坂玄瑞 1840年5月 - 1864年8月20日 幕末の長州藩士。

記事を読む

偉人 大久保利通 名言集|心の常備薬

大久保利通 1830年9月26日 - 1878年5月14日 日本の武

記事を読む

偉人 広岡浅子(朝が来た 白岡あさ) 名言集|心の常備薬

広岡浅子 1849年10月18日 - 1919年1月14日 日本の実

記事を読む

偉人 二宮尊徳 名言集|心の常備薬

二宮尊徳 1787年9月4日 - 1856年11月17日 江戸時代後

記事を読む

近藤勇 名言集|心の常備薬

近藤勇 1834年11月9日 - 1868年5月17日 江戸時代末期

記事を読む

偉人 小林誠 名言集|心の常備薬

小林誠 1944年4月7日 - 日本の理論物理学者。

記事を読む

偉人 高橋泥舟 名言集|心の常備薬

  高橋泥舟 1835年3月15日 - 1903年2月13日

記事を読む

偉人 赤﨑勇 名言集|心の常備薬

  赤﨑勇 1929年1月30日 - 日本の半導体工学(

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑