高杉晋作 名言集|心の常備薬

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 幕末/明治維新 , , , , , , ,

高杉晋作
高杉晋作 1839年9月27日 – 1867年5月17日
長州藩士
幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。
奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。幕末長州藩の上士の家柄に長子として生まれる。父・小忠太は真面目で忠義に厚い人であったらしく、藩の要職を歴任している。少年時代の高杉は学問よりも剣術に熱中しており、実は柳生新影流免許皆伝の腕前である。安政4(1857)年の終わり頃から、吉田松陰の松下村塾に入門。

幕府の公使としてヨーロッパ視察を望んでいた高杉であったが、それは叶わなかった。代わりに、上海への幕府の視察団には長州藩代表として加わった。

上海で列強の食い物にされている清の惨状を目の当たりにした高杉は、たとえ親不孝をしてでも日本を変革するために奔走する決意をする。尊攘志士・高杉晋作の誕生である。

関連著書 ・松陰と晋作の志
・疾走の志士 高杉晋作
・長州奇兵隊

 

 

スポンサーリンク

 

名言 No.001


人間、窮地におちいるのはよい。
意外な方角に活路が見出せるからだ。
しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない。

 

名言 No.002


真の楽しみは苦しみの中にこそある。

 

名言 No.003


国のために家が潰れても、家などは軽いものである。
世間が僕を狂っているといっても構わない。

 

名言 No.004


人間というのは困難は共にできる。
しかし富貴は共にできない。

 

名言 No.005


戦いは一日早ければ一日の利益がある。
まず飛びだすことだ。
思案はそれからでいい。

 

スポンサーリンク

 

名言 No.006


負けて退く人をよわしと思うなよ。
知恵の力の強きゆえなり。

 

名言 No.007


人は人 吾は吾なり 山の奥に 棲みてこそ知れ 世の浮沈

 

名言 No.008


男児が事を成すには時があるのだ。
たとえ市井の侠客と呼ばれても、胸にある一片の素の心は全く変わっていない。

 

名言 No.009


後れても 後れてもまた 後れても 誓ひしことを 豈忘れめや

 

名言 No.010


三千世界の鴉を殺し ぬしと朝寝をしてみたい

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

近藤勇 名言集|心の常備薬

近藤勇 1834年11月9日 - 1868年5月17日 江戸時代末期

記事を読む

沖田総司 名言集|心の常備薬

沖田総司 1844年 ? - 1868年7月19日 幕末の武士、新撰

記事を読む

偉人 皇女和宮 名言集|心の常備薬

皇女和宮 1846年7月3日 - 1877年9月2日 仁孝天皇の第八

記事を読む

偉人 松平容保 名言集|心の常備薬

松平容保 1836年2月15日 - 1893年12月5日 幕末の大名

記事を読む

偉人 中岡慎太郎 名言集|心の常備薬

中岡慎太郎 1838年5月6日 - 1867年12月12日 日本の志

記事を読む

偉人 井伊直弼 名言集|心の常備薬

井伊直弼 1815年11月29日 - 1860年3月24日 幕末の譜

記事を読む

偉人 岩倉具視 名言集|心の常備薬

岩倉具視 1825年10月26日 - 1883年7月20日 日本の公

記事を読む

西郷隆盛 名言集|心の常備薬

西郷隆盛 1828年1月23日 - 1877年9月24日 薩摩藩

記事を読む

偉人 大久保利通 名言集|心の常備薬

大久保利通 1830年9月26日 - 1878年5月14日 日本の武

記事を読む

偉人 吉田松陰 名言集|心の常備薬

吉田松陰 1830年9月20日 - 1859年11月21日 日本

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑