偉人 佐久間象山 名言集|心の常備薬

佐久間象山
1811年3月22日 – 1864年8月12日
江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家
松代三山の一人
shozan_0076
位階は贈正四位。
象山神社の祭神。
象山神社の隣が生家で、長野県の史跡に指定されている。
松代三山:
(山寺常山、佐久間象山、鎌原桐山)(皆神山、舞鶴山、象山)妻は勝海舟の妹。
江戸で佐藤一斎にまなび,神田で象山塾をひらく。
アヘン戦争(1840‐42)の衝撃をうけて対外的危機に目覚め,以後〈海防〉に専心する。
天保13年老中真田幸貫に「海防八策」を提出。
江川英龍に西洋砲術をまなび,勝海舟らにおしえた。
嘉永7年吉田松陰の密航事件に連座。
公武合体,開国を説き,元治元年7月11日京都で尊攘派に暗殺された。
名は啓(ひらき),大星。字(あざな)は子明。
通称は修理(しゅり)。
号は「ぞうざん」ともよむ。
門人に勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬、山本覚馬らがいる。
著作に「省けん録(せいけんろく)」など。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


人々が何を言おうと、怖(お)じることなく、心中はいつもやすらかです。
これも今までの修行の成果でありましょう。

 

No.002


兵は国の大事、死生存亡のかかる所である。
成算なくしてみだりに兵を動かす者は、国家と国民の生命をあまりに軽く考えている。

 

No.003


政治とは人で決まるものなのです。
その才を有するものが一人おりますれば、一国の政治は一気に好転いたしましょう。

 

No.004


たとえ完全勝利を得たとしても国を戦場にするは上策に非(あら)ず。
自然とわが国を恐れ、つけいる気をおこさせないのが最上の策である。

 

No.005


天下の大計を知らず、国の財用を費やし、以てこの無益の務をなすは、そもそも何ぞや。

 

スポンサーリンク

 

No.006


失敗するから成功がある。

 

No.007


時にあわば 散るもめでたし 桜花

 

No.008


謗(そし)る者は 汝の謗(そし)るに任せ 嗤う者は 汝の嗤うに任せん。
天公 本我を知る。
他人の知るを覚めず。

 

No.009


良識ある人は間違いがないということを重んじるのではなく、間違いに気付いたならば、その間違いを改めることを重んじるのである。

 

No.010


学問は日々積み重ねられなければならない。
一朝一夕で成るものではないことを肝に銘じるべし。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

西郷隆盛 名言集|心の常備薬

西郷隆盛 1828年1月23日 - 1877年9月24日 薩摩藩

記事を読む

板垣退助 名言集|心の常備薬

板垣退助 1837年5月21日 - 1919年7月16日 日本の

記事を読む

偉人 木戸孝允(桂小五郎) 名言集|心の常備薬

木戸孝允(桂小五郎) 1833年8月11日 - 1877年5月26日

記事を読む

偉人 大山巌 名言集|心の常備薬

大山巌 1842年11月12日 - 1916年12月10日 日本の武

記事を読む

偉人 新島八重(八重の桜) 名言集|心の常備薬

  新島八重(八重の桜) 1845年12月1日 - 1932年6月

記事を読む

斎藤一(アニメ) 名言集|心の常備薬

斎藤一(実在人物) 1844年2月18日 - 1915年9月28日

記事を読む

福澤諭吉 名言集|心の常備薬

福澤諭吉 1835年1月10日 - 1901年2月3日 日本の旗

記事を読む

土方歳三 名言集|心の常備薬

土方歳三 1835年5月31日 - 1869年6月20日 幕末期の幕

記事を読む

近藤勇 名言集|心の常備薬

近藤勇 1834年11月9日 - 1868年5月17日 江戸時代末期

記事を読む

沖田総司 名言集|心の常備薬

沖田総司 1844年 ? - 1868年7月19日 幕末の武士、新撰

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑