偉人 渡辺文雄 名言集|心の常備薬

渡辺文雄
1929年10月31日 – 2004年8月4日
日本の俳優・タレント・エッセイスト
%e6%b8%a1%e8%be%ba%e6%96%87%e9%9b%847
本名:同じ。
東京都千代田区出身。
東京大学経済学部卒。
昭和29年電通に入社。
昭和30年スポンサーであった松竹に出向、昭和31年小林正樹に見いだされて同監督の映画「泉」に出演して俳優としてデビュー。
昭和31年松竹と契約,「黒い河」などに出演。
昭和34年大島渚の監督デビュー作「愛と希望の街」に出演、以来「青春残酷物語」「太陽の墓場」「日本の夜と霧」など大島作品の常連となり、昭和36年「日本の夜と霧」上映中止問題で同監督が松竹を退社すると行動を共にし、独立プロダクション・創造社設立に参加。
その後も「悦楽」「白昼の通り魔」「無理心中日本の夏」「絞死刑」「帰って来たヨッパライ」「新宿泥棒日記」「少年」「儀式」などの大島作品に出演し、個性派俳優としての地位を確立。
「その口紅が憎い」「とべない沈黙」「女の賭場」「博徒解散式」「待っていた極道」「血染の代紋」などの映画にも出演し、それまでの任侠的なやくざではない、知的なインテリやくざという新しいタイプの悪人像を作りあげた。
一方、テレビでは長くNHK「連想ゲーム」のレギュラー解答者を務めた他、50年にスタートしたフジテレビ「食いしん坊!万才」では初代リポーターを2年間務め、茶の間に親しまれた。
読売テレビの旅番組「遠くに行きたい」には47年から32年間、計364回出演し、平成16年6月に出演した同番組が遺作となった。
平成11年からは岐阜女子大学客員教授としてマスコミ学を講じ、平成13年飛騨・生活文化センター館長を務めるなど、俳優以外にも活躍した。
旅と食に通じ、「渡辺文雄の旅からから旅へ」「美味は海にあり」「渡辺文雄のおいしい魚の話」など著書も多い。
他の出演に映画「八月の濡れた砂」「女囚701号・さそり」「三代目襲名」「動脈列島」「新幹線大爆破」「ヒポクラテスたち」「キッドナップ・ブルース」「サンクチュアリ」、テレビ「非情のライセンス」「白い巨塔」「大地の子」「おもいッきりテレビ」などがある。
亡くなる約2か月前に体調不良を訴え入院。
その際に肝臓癌であることが分かったが、入院から2週間後には意識混濁を起こすなど既に病状は末期症状を起こしており手の施しようが無かった。
平成16年8月4日急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


「地球にやさしく」なんて言葉を聞くと、話がさかさまじゃないかなと、傲慢すぎるんじゃないかなと、われわれ生きているんじゃなくて間違いなく生かされている。
謙虚にならなくては、どこまで謙虚になってもなりすぎたということはない。
傲慢の裏側にあるものは間違いなく無智。
謙虚になるというのはもっともっと識(し)るということ。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.002


金なんちゅもんは要るだけあったらよろし。
時間の方もないもんねだりしてもしょうないし戴いたもん、あるだけのもんを上手に使うたらよろし。
早い遅い、長い短いというより仕事は濃いか薄いか。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.003


仕事をすればするほど、最後にわかるのはこの仕事は難しいということ。
けどそのときいつも思います“難しかけん面白か”。
どんな仕事でも本物の仕事には、ゴールなんてものはない。
社長や総理大臣がゴール、なんて人生は淋しい。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.004


その人が本来いるべきところで、やるべき仕事をしていれば、人々に喜ばれ自分自身も活き活きと働けて、つまりは充実した人生を送れるはずです。
問題は、その本来いるべきところ、この世の中で本来果たすべき役割仕事を見つけ出すことです。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.005


お国のために頑張ったこともあったし、家族のためと思って頑張ったときもあったし、自分のために頑張ったときもあった。
でも何のために頑張るってより、人間という生きものは、頑張るようにできてるんでないのかねぇ。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

スポンサーリンク

 

No.006


底力って言葉があるけど、途中で諦めちまう人を見ると、ありゃ底力ではないな。
ありゃ床力だ。
本当の底は、その床をはがしてみなけりゃ出てこない。
それだって、本当の底だかどうだか。
そのもっと下に底があるような気がするな。
人間ってのは、自分が考えてるより、もっともっと底力があるもんだ。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.007


あなたたち(日本人)は、自分の歳も相手の歳も、とっても気にします。
そしてその差も、とても気にします。
そのことでつまり自分の歳をしっかり憶えていることで、何か得をすることはあるんですか?

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.008


そんなとこで、めそめそ泣いてねぇで、こっちさ来い。
こっちさ来て、酒さ飲め。
おらが朝までつき合ってやっから、早くこっちさ来い。
こっちさ来て、おらと一緒に体こわそ。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

No.009


でき上がったものの陰に、それに関わった人間が何人見えるか。
その人たちのなかには、目立つ仕事をしている人と目立たないどころか仕事の隙間に、潜っちゃってるような人たちも大勢います。
でも、この人たちが一人でも欠けたら、そのものはできません。
ものが見えるということは、そのものの後ろに何人の人が、見えるかということ。

渡辺文雄著「旅でもらったその一言」より

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舌つづみ各駅停車 [ 渡辺文雄(俳優) ]
価格:691円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 菅原文太 名言集|心の常備薬

菅原文太 1933年8月16日 - 2014年11月28日 日本の俳

記事を読む

偉人 宇野重吉 名言集|心の常備薬

宇野重吉 1914年9月27日 - 1988年1月9日 日本の俳優、

記事を読む

偉人 小栗旬 名言集|心の常備薬

小栗旬 1982年12月26日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 大島美幸 名言集|心の常備薬

大島美幸 1980年1月13日 - 日本のお笑いタレント 森三中の

記事を読む

偉人 キダ・タロー 名言集|心の常備薬

キダ・タロー 1930年12月6日 - 日本の作曲家、タレント、ラジ

記事を読む

偉人 工藤夕貴 名言集|心の常備薬

工藤夕貴 1971年1月17日 - 日本の歌手、女優

記事を読む

偉人 山田洋次 名言集|心の常備薬

山田洋次 1931年9月13日 - 日本の映画監督、脚本家

記事を読む

偉人 加藤登紀子 名言集|心の常備薬

加藤登紀子 1943年12月27日 - 日本のシンガーソングライター

記事を読む

偉人 古舘伊知郎 名言集|心の常備薬

古舘伊知郎 1954年12月7日 - 日本のフリーアナウンサー、タレ

記事を読む

偉人 鈴木雅之 名言集|心の常備薬

鈴木雅之 1956年9月22日 - 日本の歌手・ミュージシャン

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑