偉人 若尾文子 名言集|心の常備薬

若尾文子
1933年11月8日 –
日本の女優
%e8%8b%a5%e5%b0%be%e6%96%87%e5%ad%900
本名:黒川文子
東京都豊島区出身。
宮城県第二女子高等学校中退。
亡夫は建築家の黒川紀章。
1951年長谷川一夫の紹介で大映に入る。
1952年急病で倒れた久我美子の代役として、小石栄一監督の『死の街を脱れて』で銀幕デビュー。
1953年「十代の性典」でマスコミから性典女優と酷評されるも知名度は急上昇した。
それ以降も出演作を重ね人気女優としての地位を築く。
同年の映画『祇園囃子』では溝口健二監督に起用され、女優としての実力を発揮し、性典女優の蔑称を返上し、熱演が高く評価された。
以降、日本映画を代表する正統派美人女優の一人となり、京マチ子、山本富士子と並ぶ大映の看板女優と謳われ、260本以上の映画に主演した。
和服姿の艶やかな美貌から、未だに海外での人気が高い。
川島雄三により、本格派女優に鍛え上げられた。
増村保造とは、監督第2作目の映画『青空娘』以降、『清作の妻』『妻は告白する』『赤い天使』『「女の小箱」より 夫が見た』『刺青』『卍』『妻二人』『千羽鶴』など、20作にわたってコンビを組み、多くの名作映画を残した。
そして両者に鍛え上げられた若尾は、1960年代半ばに各映画賞を総なめにするなど、戦後日本映画を代表する女優となる。
1971年の大映倒産以降は映画を離れ、『新・平家物語』など、テレビドラマで活躍。
また、『雪国』(川端康成原作)で舞台にも進出。
1988年の『武田信玄』では信玄の実母及びナレーションをこなし、「今宵はここまでに致しとうござりまする」が流行語大賞を受賞するなどして再び注目される。
1963年にデザイナー西館宏幸と結婚したが1969年に離婚した。
1983年に黒川紀章と再婚してからは、テレビドラマの出演はやや抑え気味になり、2007年現在は舞台を中心に活躍している。
2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・女優編」で日本女優の8位になった。
2014年発表の『オールタイム・ベスト 日本映画男優・女優』では日本女優2位となっている。
2005年には行定勲監督たっての希望により、『春の雪』で久々の映画出演を果たした。
2007年の第21回参議院議員通常選挙に、夫の黒川が党首である共生新党公認で比例区から出馬したが、落選した。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


どうしても原因を聞きたいのなら、2日くらい家に泊まりこむつもりで取材にきていただきたいわ。

 

No.002


私、あまりいい奥さんじゃなかったわね。
黒川氏が亡くなる2日前に

 

No.003


50、50って言わないで、誰だって一年に一つずつ年をとるでしょ。

 

No.004


亡くなる前の年に、一緒に劇団をつくろうと誘ってくださって。
2人で立ち上げて1作目を上演する具体的な話まであったんですよ。
だから、もし亡くならずにいたら、今も元気に舞台で共演していたかもしれません。
私の人生も、大きく変わっていたかも。

市川雷蔵への思い

 

No.005


『十代の~』って、いかにも大映らしい題名ですよ。
あざといというか、お客さんを引っ掛けるようなというか……。
映画の内容は、ぜんぜん違いますし、私の役もなにか危ないことをするわけでもない、まじめな女子生徒だったんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

No.006


溝口監督の映画に出られて、やっとなにか演技らしきものを教えられたという感じでした。
撮影の前に10日間ほど祇園の芸者置屋に住み込みして、三味線と太鼓も習ったんです。
映画の衣装をそのままよれよれになるまで着て、馴染ませてから撮影に入りましたし、本番でも本物の舞妓さんたちと一緒に演奏できました。
あそこまで準備して撮影に望んだのは溝口さんの映画だけですね。

 

No.007


これはちょっと難しかった。
撮影に入る前、車に乗せられて顔を出さないようにして、赤線の町を見学には行ったんですけど、芸者置屋のようにはいきませんからね(笑)。
ネオンサインが輝いて、ミラーボールが回っている店で女性がお客さんを待っているのを見ただけでした。
撮影現場での溝口さんは、なにしろ怖いってイメージがありました。
ほとんど何も話さないし、口を利いてくれたのはひと言、ふた言ですよ。
セットの中央に座ってらして、微動だにしないんです。
何か聞きたいことがあったら、助監督さんに頼んで訊いてきてもらうんです。
でも、溝口さんがお気に入りだった助監督がイタリアの映画学校に留学して帰ってきた増村保造さんで、私の教育係を任命されてたんです。
考えてみれば。私が今日あるのは、溝口さんから始まって、増村さんと組んだことでしょうねえ。

『赤線地帯』について

 

No.008


互いに気を使っているけれども口出しはしない。
そういう関係がよろしいのではないでしょうか。

黒川氏との結婚生活について

 

No.009


まさか、まさか、こんなに突然急変するとは思いませんからね、誰もね。
あらかじめ覚悟といっても、まさかこんなに人間が簡単に死ぬとは思いませんから。
つらかったですね。

黒川氏が亡くなって

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雁の寺 [ 若尾文子 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2016/11/6時点)

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 大黒摩季 名言集|心の常備薬

大黒摩季 1969年12月31日 - 日本のシンガーソングライター、

記事を読む

偉人 野村義男 名言集|心の常備薬

野村義男 1964年10月26日 - 日本のギタリスト、音楽プロデュ

記事を読む

偉人 堀北真希 名言集|心の常備薬

堀北真希 1988年10月6日 - 日本の女優、タレント

記事を読む

偉人 岩城宏之 名言集|心の常備薬

岩城宏之 1932年9月6日 - 2006年6月13日 日本の指揮者

記事を読む

偉人 カルーセル麻紀 名言集|心の常備薬

カルーセル麻紀 1942年11月26日 - 日本のニューハーフタレン

記事を読む

偉人 倍賞美津子 名言集|心の常備薬

倍賞美津子 1946年11月22日 - 日本の女優

記事を読む

偉人 役所広司 名言集|心の常備薬

役所広司 1956年1月1日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 石丸謙二郎 名言集|心の常備薬

石丸謙二郎 1953年11月1日 - 日本の俳優、声優、ナレーター

記事を読む

偉人 大地康雄 名言集|心の常備薬

大地康雄 1951年11月25日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 萬屋錦之介 名言集|心の常備薬

萬屋錦之介 1932年11月20日 - 1997年3月10日 歌舞伎

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑