偉人 内田有紀 名言集|心の常備薬

内田有紀
1975年11月16日 –
日本の女優、歌手
%e5%86%85%e7%94%b0%e6%9c%89%e7%b4%800
本名:同じ。
東京都中央区日本橋出身。
藤村女子高等学校中退。
出身は、東京・日本橋で、中学校在学時からモデル活動やCM出演などをしていた。
1992年(平成4年)のテレビドラマ『その時、ハートは盗まれた』への出演で女優デビューし、同年冬には、ユニチカの1993年 水着キャンペーンモデルに選出された。
この頃、芸能活動に専念するために高校は退学。
1994年(平成6年)、『時をかける少女』で連続ドラマ初主演。
更に同年10月には『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビューし、オリコン史上初女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録。
また、同年の『フジテレビビジュアルクイーン』に選出されるなどアイドル・女優として絶大な人気を得る。
以降、女優業と歌を軸に活動した。
2000年(平成12年)1月、演技の勉強を基礎からやり直すとして、『北区つかこうへい劇団』に入団。
それに伴って約3年間の予定で歌手業を休業、活動の場をテレビドラマ・映画から舞台へと移した。
2002年(平成14年)に吉岡秀隆と結婚、同年11月28日を以って芸能活動を停止、ファンクラブ 『YUKI組』は解散となり、公式ウェブサイトも閉鎖された。
同年9月に放送されたテレビドラマ『北の国から 2002 遺言』(フジテレビ)が、内田最後の出演作になったものと思われた。
しかし、2005年(平成17年)末に離婚、翌年夏に放送されたテレビドラマ、『誰よりもママを愛す』(TBS) に、主演の田村正和演じる専業主夫の長女役で出演し、女優としての活動を再開した。
芸能事務所も他所などへは移籍せず、引退前のバーニングプロダクションに復帰、停止していた公式ウェブサイトも新たに再開された。
復帰後の内田のマネジメントは、かつての内田の担当マネージャーが代表を務める、エヴァーグリーン・エンタテイメントによって行われていたが現在はバーニングプロダクションが単独で行っている。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


ある女の子の役をもらったら、撮影中はずっとその役の人格になって、過ごすことがありました。
若い時はみんなそうだと思うのですが、突き詰めるのが好きというか、考えすぎるタチで、役だけでなく、今の自分の存在意義みたいなことも、いろいろ頭で考えてばかりいました。
でもそうすると、どんどん心が疲れていくんですよね。
今は、現場から帰れば、しっかり切り替えて本来の自分に戻ります。
役について深く考えることも確かに大事ですが、それと同じくらい、その日一日、どれだけ笑えたか、周りの人とどれだけ心を通わせることができたか、といったことを考えたいし、そうするよう心がけています。そのうえで、今回の作品はどうすればいいものになりそうかとか、女優として自分はどうありたいかということを考えたり、何年後はこうなっていたいなあっていう、夢を抱いたりするようになってきました。

 

No.002


どうせ本性とか欠点なんて、どこかでバレるんだから、無駄かな(笑)。
自分をよく見せることについて

 

No.003


業が深くて生々しい、人間の裏側を出せる役が好きです。

 

No.004


人の心が壊れることは、ふつうに生活していてもあり得ること。
元気そうにしている人でも、実は心の葛藤や生きることへの不安を抱えている。

 

No.005


若い時はこんな恋愛がいいなと思っていても、恋愛を積み重ねていくうちに理想も変化していくでしょう。
だからその時々で答えも違ってくると思うのですが、今思うのは、無理しない、ウソつかない、飾らない、そんな関係がいいかな。

理想の男女の関係について

 

スポンサーリンク

 

No.006


いい意味で力が抜けてきました。
求められるものに応えなくてはと必死だったし、こうでなければかっこ悪いと思ったりすることも多かった。
今は、とにかく無理なく、自分が感じることを大事にし、あるがままに居ることができたら、それでいいって思うようになりました。

20代の頃と比べて

 

No.007


ダメな部分があってこそ人間だと思うし、今日失敗して落ち込んでも明日は頑張ろう、と言える人がいいなと思う。

 

No.008


人にも自分にも、優しい人間でありたいですね。
いろんなものを受け入れられるようになっていきたい。
それと、何事も決めつけないで、変に限界を設けないで、可能性を信じて前へと突き進んでいきたいと思っています。

 

No.009


実は少し過激なくらいのセリフがわたしは好きでしたね。
過激さ自体は問題ではなく、人間だから何を言ったっていいと思うんです。
劇中に出てくる言葉は女性だからこそ言えるセリフだと思いますし、男性よりも女性の方が繊細な感覚が研ぎ澄まされているんだぞっと、とても感じました。
あんなに大胆なセリフを言っちゃえる額子が好きです。

 

No.010


やっぱり30代に入ってから、役づくりがすごく楽しくなってきたんです。
例えば、自分が演じるキャラクターが水を飲むとき、ズルズルと音をたてて飲むのか、口からちょっとこぼしながら話をしたりするのかとか、日常動作を掘り下げることが楽しくなってきました。
一見、お客さんにはわかりづらいような細かいところにまで、ニュアンスを付けるようになりました。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 菅原文太 名言集|心の常備薬

菅原文太 1933年8月16日 - 2014年11月28日 日本の俳

記事を読む

偉人 加藤治子 名言集|心の常備薬

加藤治子 1922年11月24日 - 2015年11月2日 日本の女

記事を読む

偉人 和田アキ子 名言集|心の常備薬

和田アキ子 1950年4月10日 - 歌手、タレント、女優、司会者、

記事を読む

偉人 田端義夫 名言集|心の常備薬

田端義夫 1919年1月1日 - 2013年4月25日 日本の歌手、

記事を読む

偉人 渚ゆう子 名言集|心の常備薬

渚ゆう子 1945年11月8日 - 日本の歌手

記事を読む

偉人 鶴田浩二 名言集|心の常備薬

鶴田浩二 1924年12月6日 - 1987年6月16日 日本の俳優

記事を読む

偉人 森進一 名言集|心の常備薬

森進一 1947年11月18日 - 日本の歌手、作曲家、社会福祉活動

記事を読む

偉人 東海林太郎 名言集|心の常備薬

東海林太郎 1898年12月11日 - 1972年10月4日 日本の

記事を読む

偉人 岸部一徳 名言集|心の常備薬

岸部一徳 1947年1月9日 - 日本の俳優、ミュージシャン

記事を読む

偉人 佐藤浩市 名言集|心の常備薬

佐藤浩市 1960年12月10日 - 日本の俳優、大学客員教授

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑