偉人 坂本龍一 名言集|心の常備薬

坂本龍一
1952年1月17日 –
日本のミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト
本名:同じ。
愛称:教授。
東京都中野区出身。
東京芸術大学大学院修士課程卒業。
1978年「千のナイフ」でソロデビューし、同年に細野晴臣、高橋幸宏と共に「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、国内外にテクノポップのブームを巻き起こした。
作曲家としても活躍し、1983年の映画「戦場のメリークリスマス」で英国アカデミー賞作曲賞を、1987年の映画「ラストエンペラー」では米国アカデミー賞作曲賞などを受賞した。
1990年、ニューヨークに移住し、米国の同時多発テロ(2001年9月11日)を身近に体験、環境・原発問題などにも積極的に取り組んでいる。
2009年フランス芸術文化勲章オフィシエ、2010年芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。
2014年6月には中咽頭がんと診断されている。
2016年12月、音楽を担当した映画「レヴェナント:蘇えりし者」のサウンドトラックが、第59回グラミー賞の最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)部門にノミネートされた。
関連商品

スポンサーリンク



No.001


100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。
自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。

 

No.002


「音楽」が救いと言うのはあまり言いたくないけれど、そういう役割というのは絶対にありますね、音楽は。

 

No.003


よいコンサートほど眠たくなりますよ、必ず。
だから、寝られないようなコンサートはダメです。

 

No.004


音楽に、完全なオリジナルは存在しない。
一曲の中で5%は個人の本当のオリジナル。
95%は伝統。
自分は5%のおもしろい部分に興味がある。

 

No.005


たとえば、一生かかっても僕が会うことがないだろうルーマニアの小さな村のおばちゃんが、たまたま僕の音楽を耳にして、「ああ!」と思ってくれる音楽を作ることができるのか。
そこが僕の基準です。

スポンサーリンク

No.006


自分の居場所なんて、自分で決めればいいんだよ。

 

No.007


欧米のいわゆる純音楽以外のミュージシャンで譜面の読み書きができる人は殆どいません。
そんなものなくても音楽はできるし、元々なかったものです。
音楽自体は何万年もあるけれど、譜面なんてたかだか1000年ちょっとなんです。

 

No.008


息苦しい社会に対しては「引きこもるかアウトローになるか、外国に出るか」が有効な手段だ。

 

No.009


僕のなかでは“モテる”とか、もっと言うと“金がほしい”ということと音楽が結びついていなかった。

 

No.010


大学時代にダベっていた友達とは現在ほとんど交流はありません。
よく新聞とかで、エライ企業人とかの昔話しで、友達の大切さ、なんて書いてありますよね。
ぼく、あんなの信じられない。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 杉村春子 名言集|心の常備薬

杉村春子 1906年1月6日 - 1997年4月4日 新劇の女優

記事を読む

偉人 高畑勲 名言集|心の常備薬

高畑勲 1935年10月29日 - 日本の映画監督、アニメーション演

記事を読む

偉人 Mr.マリック 名言集|心の常備薬

Mr.マリック 1948年12月29日(戸籍:1949年1月1日) -

記事を読む

偉人 岡田准一 名言集|心の常備薬

岡田准一 1980年11月18日 - 日本の歌手、俳優、タレント

記事を読む

偉人 藤村美樹(ミキちゃん) 名言集|心の常備薬

藤村美樹 キャンディーズ ミキちゃん 1956年1月15日 - 日

記事を読む

偉人 古関裕而 名言集|心の常備薬

古関裕而 1909年8月11日 - 1989年8月18日 日本の作曲

記事を読む

偉人 小林旭 名言集|心の常備薬

小林旭 1938年11月3日 - 日本の俳優、歌手

記事を読む

偉人 江原啓之 名言集|心の常備薬

江原啓之 1964年12月22日 - 日本のタレント、作家、オペラ歌

記事を読む

偉人 三木たかし 名言集|心の常備薬

三木たかし 1945年1月12日 - 2009年5月11日 日本の作

記事を読む

偉人 井筒和幸 名言集|心の常備薬

井筒和幸 1952年12月13日 - 日本の映画監督

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑