偉人 尾野真千子 名言集|心の常備薬

尾野真千子
Lily Franky
1981年11月4日 –
日本の女優
%e5%b0%be%e9%87%8e%e7%9c%9f%e5%8d%83%e5%ad%903
本名:同じ。
愛称:オノマチ。
奈良県出身。
奈良県立御所高等学校卒業。
代表作は、映画『萌の朱雀』『殯の森』、テレビドラマ『火の魚』『カーネーション』など。
4人姉妹の末っ子。
姉たちの名前から1文字ずつ取って「真千子」と命名される。
中学3年時に地元中学校で靴箱の掃除をしている姿が映画監督河瀬直美の目にとまり、1997年の映画『萌の朱雀』で主演デビュー。
2000年、奈良県立御所高等学校(現・奈良県立青翔高等学校)を卒業後に上京し、女優活動を本格的に始める。
2007年、地元・奈良県で撮影された主演映画『殯の森』で10年ぶりに河瀬直美監督とタッグを組み、第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得する。
2009年、ヒロインを演じる『火の魚』(NHK広島)が、文化庁芸術祭大賞やイタリア賞最優秀賞をはじめ国内外で高く評価される。
本作において第36回放送文化基金賞演技賞、東京ドラマアウォード2010助演女優賞を受賞。
2011年、平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインにオーディションを経て起用され、コシノ三姉妹の母でファッションデザイナー・小篠綾子をモデルとする主人公・小原糸子を演じる。
それまで多かった陰のある役柄とは一線を画す体当たりの演技が支持され、東京ドラマアウォード2012主演女優賞など数々の個人賞を受賞し認知度を高める。
2013年、『最高の離婚』(フジテレビ)にて大雑把でずぼらな妻を自然かつ痛快に演じ、大竹しのぶ以来2人目となる2度目の放送文化基金賞演技賞を受賞。
2014年4月クールの『極悪がんぼ』で、フジテレビ系月9ドラマに初主演。
EXILEのメンバーと共演した際に知り合った、芸能事務所LDHの専務取締役を務める男性と2015年7月26日に結婚。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


痛めつけられてなんぼ、ですよね(笑)。
周りにいる人がいろいろなことを言って、いろいろなことをやらせてくれるから、いろいろな自分が出てくる。
そうでないと、自分で甘やかしているだけだと、これが限界になってしまう。

女優業は、痛いことですか?

 

No.002


どんどん次に、次に行っていますけど……どんな役をやったっけ? って思い返すこともありますからね。
本当は(撮影の終わった役は)なくした方がラクなんです。
残っていると、その子たちが出てきちゃうから。

演じてきた役は、尾野さんのなかに残っているんですか?

 

No.003


私の場合は、リセットは簡単なんです。
寝ればリセットされるので。
いいことも、悪いこともね。
いいことはたまーに覚えていますけど。

 

No.004


賞をいただいたことだけではなく、カンヌ映画祭に参加できたということにすごく幸せを感じています。
観客の方に見ていただいて直接感想を聞ける場というのは、演じ手として一番のご褒美だと思うんですよね。
映画が披露され、その場ですぐに拍手という表現で感想をいただき、笑ったり泣いたりされている観客の方々の様子を直に見られるのは、本当に嬉しくて。
これからももっともっと、自分なりに伝えていきたいなと思いました。

 

No.005


ドラマでも映画でも全く同じ役というのはありません。
似たような役であっても、必ずどこかが違います。
ですから、一つ一つの芝居を大事に。
とにかく、大事に、大事に演じていくしかないんですよね。
ときには複数のお仕事が重なることもありますが、切り替えはどうしているのか、自分でもよく分からないです。
その現場に行くと、いつの間にかその役になれるという感じ。
周囲の人に支えられて演じられていますね。

 

スポンサーリンク

 

No.006


いろんな役をもらえると、期待されてるのかな?っていう気がして、すごくうれしい。
だから、もっといろんな役がほしいし、自分もどんな役ができるか想像がつかないから、見たいんですよね。
私にできると思ってオファーしてくださるので、そういう期待にも応えたいと思うんです。

 

No.007


自分が楽しかったら、みんなも楽しいかなっていう、自己チューな感じ。
その時の役にもよりますが、役者とスタッフの境目がないように、みんな楽しめたらいいな、一つになればいいな、といつも思います。

 

No.008


嫌なことは引きずらない。
とりあえず、食べて寝ます。
それでもだめな時は、すべて“無”の状態にすることがよいと思うようになりました。
無理に考えるのではなく、なかったことにするわけでもなく、気持ちを静めて、ゆっくりする。
…伝わるか分からへんけど。

 

No.009


“女優としてやっていこう”という心が決まったのは東京に出てきてからですね。
奈良にいたころはずっと実家だったし、地元だけで生活をしていたから何も知らなかったんです。
だけど、東京に出てきたら、全部イチから知っていかなきゃいけないし、都会で生き続けなければいけないので。
そのときに、奈良に帰らないつもりでやらなきゃって思いました。
もちろん、仕事で失敗したり、躓いたりして、東京に出てきたことを“失敗したかな”と思ったこともありました。
そんなときはお母さんに電話して言いたい放題言って、でも最後には“頑張り”って言われるから、“頑張る!”って言うしかなくて。
それの繰り返しでしたけど、最近はその失敗があったから今があるんだと思えるようになって。
私は家族にすごく恵まれましたから、家族がいて本当によかったなと思います。

 

No.010


実は海外で撮ることにすごい恐怖心があったんですね。
私、本当に恥かしくなるぐらい英語が苦手で、日本人なんだから、日本の土の上で撮りたいという思いもずっとあったんです。
だから、外国で撮ることにすごく抵抗があったんですけど、今回挑戦してみて、私にも海外で撮影することができた(笑)。
それに、言葉が分からなくても気持ちが伝わることや、台湾の人たちにも日本人と気持ちの上で似たところがあることに気づけた。
そういうプラスの考え方ができるようになって、また挑戦したいという気持ちになれたことは自分にとって進歩ですね。

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 久石譲 名言集|心の常備薬

久石譲 1950年12月6日 - 日本の作曲家、編曲家、指揮者、ピア

記事を読む

偉人 杉浦直樹 名言集|心の常備薬

杉浦直樹 1931年12月8日 - 2011年9月21日 日本の俳優

記事を読む

偉人 加藤登紀子 名言集|心の常備薬

加藤登紀子 1943年12月27日 - 日本のシンガーソングライター

記事を読む

偉人 内館牧子 名言集|心の常備薬

内館牧子 1948年9月10日 - 日本の脚本家、作家

記事を読む

偉人 ルー大柴 名言集|心の常備薬

ルー大柴 1954年1月14日 - 日本の俳優、お笑いタレント、茶人

記事を読む

偉人 中島啓江 名言集|心の常備薬

中島啓江 1957年11月15日 - 2014年11月23日 日本の

記事を読む

偉人 藤竜也 名言集|心の常備薬

藤竜也 1941年8月27日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 黒柳徹子 名言集|心の常備薬

黒柳徹子 1933年8月9日 - 日本の女優、タレント、声優、司会者

記事を読む

偉人 松重豊 名言集|心の常備薬

松重豊 1963年1月19日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 矢沢永吉 名言集|心の常備薬

  矢沢永吉 1949年9月14日 - 広島県広島市南区

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑