偉人 宮本亜門 名言集|心の常備薬

宮本亜門
1958年1月4日 –
日本の演出家
本名:同じ(出生名:宮本亮次)。
東京都出身。
玉川大学文学部芸術学科演劇専攻科中退。
昭和55年ダンサーとしてデビュー。
2年間の欧米留学後,昭和62年ミュージカル「アイ・ガット・マーマン」で演出家デビュー,翌年この作品で芸術祭賞。
ミュージカルのほかオペラ,演劇の演出に活躍。
平成10年「BEAT」で映画監督デビュー。
平成11年沖縄本島に移住。
平成17年「イントゥ・ザ・ウッズ」で朝日舞台芸術賞秋元松代賞。
平成18年京都造形芸術大教授。

関連商品

スポンサーリンク



No.001


ものづくりと同じで、舞台や演劇もまだまだ進化の途上。
100%の完成はあり得ませんから、今できることを精いっぱい楽しみたい。

 

No.002


意識しているのは、観客の皆さんに、まだ知らない世界、覚えのない感覚を少しでも味わってもらいたいということ。

 

No.003


常に新しいことに挑戦したいという気持ちはありますが、オリジナリティそのものを目的にすることはない。

 

No.004


正しい生き方なんてないのだから、固定観念に縛られないで自分という過去をつくっていくことが大事です。
それができれば、いつまでも魅力的でいられるのではないでしょうか。

 

No.005


金融危機をはじめとするこの変動期に、これまで持っていた価値観が揺らぐことはあると思います。
しかし、自分や家族にとって何が本当に幸せかという芯の部分がしっかりしていれば、嵐が吹いても持ちこたえられるはずです。

スポンサーリンク

No.006


あるニューヨーカーが、アジア人の中で国籍をあてるのは難しいが、日本人だけはわかると話してくれました。
理由は「日本人は目が死んでいるから」だそうです。
妙に納まっている印象を受けるのですぐわかるのだそうです。

 

No.007


同窓会で同級生に会ったとき、一番変化を感じるのは、容姿ではなく目力です。
自分の限界を勝手に見つけてしまって諦めはじめると、どこか寂しげな目になってしまいます。
苦労して痛々しさを感じさせる人もいますが、苦労したときに、それを乗り越える面白いきっかけが来たのだと思えるかどうかは大切だと思います。

 

No.008


103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。
答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。
僕はその言葉に深く共感しました。
年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。

 

No.009


僕は50歳ですが、年齢は単なる数字にすぎないと思っていて、あまり意識したことはありません。
気持ちは常に20代のつもりで、若いころと同じドキドキ感を持ち続けたいと思っています。

 

No.010


どんな作品もそうですが、大切なのはやっぱりその本質。
それをしっかり押さえていれば、従来にない表現方法でも、観る人には伝わるものがきっとある。

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

偉人 石原さとみ 名言集|心の常備薬

石原さとみ 1986年12月24日 - 日本の女優

記事を読む

偉人 5代目柳家小さん 名言集|心の常備薬

5代目柳家小さん 1915年1月2日 - 2002年5月16日 日本

記事を読む

偉人 岩沢厚治 名言集|心の常備薬

岩沢厚治 1976年10月14日 - 日本のミュージシャン、歌手

記事を読む

偉人 平幹二朗 名言集|心の常備薬

平幹二朗 1933年11月21日 - 2016年10月23日 日本の

記事を読む

偉人 長渕剛 名言集|心の常備薬

    長渕剛 1956年9月7日 -

記事を読む

偉人 佐田啓二 名言集|心の常備薬

佐田啓二 1926年12月9日 - 1964年8月17日 日本の俳優

記事を読む

偉人 水森亜土 名言集|心の常備薬

水森亜土 1939年12月23日 - 日本のイラストレーター、歌手、

記事を読む

偉人 五月みどり 名言集|心の常備薬

五月みどり 1939年10月21日 - 日本の女性歌手、タレント、女

記事を読む

偉人 山本直純 名言集|心の常備薬

山本直純 1932年12月16日 - 2002年6月18日 日本の作

記事を読む

偉人 岩下志麻 名言集|心の常備薬

岩下志麻 1941年1月3日 - 日本の女優

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑