偉人 ミッキー吉野 名言集|心の常備薬

ミッキー吉野
1951年12月13日 –
日本の音楽家
ゴダイゴのリーダー
本名:吉野光義。
神奈川県横浜市出身。
バークリー音楽大学卒業。
4歳でピアノを習う。
1966年 – バンド「ミッドナイト・エクスプレス・ブルース・バンド」(のちの「ベベス」)に参加。
米軍キャンプや横浜本牧界隈で活動。
1968年 – 「長い髪の少女」をヒットさせた人気バンド「ザ・ゴールデン・カップス」に参加。
その後1970年まで在籍する。
1970年 – 冨田勲の招きで大阪万博にて読売交響楽団と共にハモンドオルガンを演奏している。
大麻使用容疑で逮捕される。
1971年 – バンド「サンライズ」(Sunrise)をスティーブ・フォックスと結成。
9月、バークリー音楽院に留学。
その後、バンド「ダッチ・ベイカー」「フレッシュ&ブラッド」などに参加。
ギタリスト ジョン・スコフィールドなどと交流。
ドラマー トミー・スナイダーと知り合う。
1974年 – バークリー音楽院卒業後に帰国。
バンド「ミッキー吉野グループ」を結成。
ジョニー野村の紹介でタケカワユキヒデのレコーディングに参加。
1975年 – ミッキー吉野グループにタケカワを加え、「ゴダイゴ」に。
ゴダイゴの名付け親であり、リーダーとして活躍。
1978年 – 「ガンダーラ」「モンキー・マジック」「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」が大ヒットとなる。
1985年 – 「ゴダイゴ」活動休止。
1988年 – タイガース・メモリアル・クラブ・バンドに2年間在籍。
1990年 – ドラゴンクエスト アベル伝説のBGMを担当。
その後は音楽専門学校の顧問やアーティストのプロデュースなどをする。
1992年 – 覚醒剤使用容疑で逮捕される。
1999年 – 「ゴダイゴ」を期間限定で再結成し、翌年まで活動。
2004年 – バンド「ザ・ゴールデン・カップス」の限定再結成に参加。
矢口史靖監督映画『スウィング・ガールズ』の音楽を担当し、岸本ひろしと共に第28回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。
2006年 – 「ゴダイゴ」再結成。
2007年 – 『市原悦子ドラマライブ あらしのよるに』におばさん山羊役で出演し、舞台音楽も担当。
なお、2004年の初演にも出演している。
東京・池袋、東京芸術劇場よりロックコンサートの音楽監督に招かれ、「2007 TOKYO 新創世紀」と題し、ゴダイゴを中心に和楽器と大勢のゴスペルクワイヤーを迎えたコンサートをする。
2008年 – 矢口史靖監督映画『ハッピーフライト』の音楽を担当。
2015年 – 片島章三監督映画『ハッピーウエディング』の音楽を担当。

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


いちばん学んだのは、やっぱりメンバーたちの持っているスタイルですね。
この人達は絶対に自分のペースが乱れることがないんだよね。
普通はさ、何かちょっときついこと言われたりすると、みんなオタオタしたりする世の中じゃないですか。
でもそれってカップスにはないですよ。
全員が自分のペースでしっかり動いてるんだよね。
頑固で協調性がないと言われればそうだろうけれど、
(中略)
お互いにフェアだったんですよ。それぞれのスタイルを尊重してるんだね。
わけのわかんない正しさや優しさなんかよりも、
キッチリ自分の態度というものを示した。

 

No.002


’60年代後半までは“ロック・バンド”という概念が日本にはなくて、当時は楽団とか、グループサウンズって言われていたんです。
そういう意味では、日本初の本格的なロック・バンドは“ザ・ゴールデン・カップス”なんですよ。

 

No.003


僕がいちばん若くて、みんなの言うことを聞いていたので誰よりも客観的に見ていた。
だから記憶に残っているんじゃないですかね。

 

No.004


記憶力だけは定評があったんですよ。
小さいころから近所のおじいさんと高校野球から幕下の力士のことまで話したりしていたので、よく新聞を読んでいたんです。
それから小学校4年生くらいで急に漫画を読まなくなって、突然読み始めたのが『人名辞典』。
漫画よりも楽しくて、こういう人がいたんだっていろんな人に興味を持つようになって、それからヒューマンウオッチングをするのが好きになったんです。
そういうのもあるのかな。
あと僕は地理とかも好きで、世界地図や地名などを記憶したり、電話番号とかも自分でも嫌になるくらい覚えちゃうんですよ。
いまはもうダメですけどね(笑い)。

 

No.005


ゴダイゴって名前もそうだけど、自分なりに分析するのが好きなんですよ。
いろんな角度から数字とか漢字、単語を見て、意味を自分なりに解明するのを“ミッキー理論”と呼んでいるんです。
例えば、“朝”という漢字はバラバラにすると『十月十日(とつきとおか)』と読めて、それで人は生まれて“朝”を迎える、とかね。
ゴダイゴもどう解釈するか、どんな意味を見つけるか、ということから生まれた名前なんです。

 

スポンサーリンク

 

No.006


僕、人生は“ひらめき”だと思うんです。
ひらめきが“答え”なんですよ。
でも、みんなひらめきを忘れちゃうから、答えを見失ってしまうんです。
そのひらめきを忘れずにいれば、偶然を必然にできる。
ただ、何かがあったとき、みんな“それは偶然だ”と言うと思うんです。
でもそれを偶然で終わらせてしまうから“点”で終わってしまう。
それを必然にしていけば、点を“線”にできるんです。
僕が若い時に作った曲で、当時は未熟で表現できなかったことが、年を重ねたことで“こうしたかったんだな”とわかると、感動になる。
それは音楽を続けていたから、そして当時のひらめきを覚えていたからなんです。
何かを続けていれば点が線になり、素晴らしいことが待っている。
そこにギフトがあるんじゃないですかね。
とにかく思い続けないといけないんです。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミッキー吉野の人生の友だち [ ミッキー吉野 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/8時点)

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 菅原文太 名言集|心の常備薬

菅原文太 1933年8月16日 - 2014年11月28日 日本の俳

記事を読む

偉人 高倉健 名言集|心の常備薬

高倉健 1931年2月16日 - 2014年11月10日 日本の

記事を読む

偉人 宮本亜門 名言集|心の常備薬

宮本亜門 1958年1月4日 - 日本の演出家

記事を読む

偉人 桂文珍 名言集|心の常備薬

桂文珍 1948年12月10日 - 日本の落語家

記事を読む

偉人 松田優作 名言集|心の常備薬

松田優作 1949年9月21日 - 1989年11月6日 山口県下関

記事を読む

偉人 尾野真千子 名言集|心の常備薬

尾野真千子 Lily Franky 1981年11月4日 - 日本

記事を読む

偉人 宇多田ヒカル 名言集|心の常備薬

宇多田ヒカル 1983年1月19日 - 日本のシンガーソングライター

記事を読む

偉人 佐藤慶 名言集|心の常備薬

佐藤慶 1928年12月21日 - 2010年5月2日 日本の俳優、

記事を読む

偉人 森光子 名言集|心の常備薬

森光子 1920年5月9日 - 2012年11月10日 日本の女優、

記事を読む

偉人 MAKIDAI(EXILE) 名言集|心の常備薬

MAKIDAI (EXILE) 1975年10月27日 - 日本の

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑