偉人 松田優作 名言集|心の常備薬

松田優作
1949年9月21日 – 1989年11月6日
山口県下関市生まれの俳優、歌手
1112052
本名:金 優作(1949年 – 1973年)
松田 優作(1973年 – )
山口県下関市で、日本人の父と韓国人の母との間に非嫡出子として生まれた。
高校時代の昭和42年渡米したが、1年半で帰国。
昭和48年文学座研究生となり、映画「狼の紋章」でデビュー。
同年からレギュラー出演した「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)の“ジーパン刑事”役で人気を獲得。
つづいて、映画「竜馬暗殺」「暴力教室」「人間の証明」などの作品に好演。
特に53年の「最も危険な遊戯」から「野獣死すべし」にいたる、一連の村川透監督作品により、ハードボイルド・アクションスターとしての地位を確立。
その後、鈴木清順監督の「陽炎座」や、森田芳光監督の「家族ゲーム」「それから」などに主演、その個性的演技が注目を集めた。
さらに平成元年にはマイケル・ダグラス、高倉健主演のハリウッド映画「ブラックレイン」に冷酷な悪役で出演、日本のみならず全米でも絶讃され、世界的な活躍が期待されたが、がんのため39歳の若さで死去した。
他の出演作に映画「蘇える金狼」「殺人遊戯」「処刑遊戯」「俺たちに墓はない」「ヨコハマBJブルース」「探偵物語」「ア・ホーマンス」(監督・脚本も)「嵐が丘」「華の乱」、テレビ「大都会PartII」「春が来た」「新・夢千代日記」など。
またミュージシャンとしても活躍し、アルバムに「Uターン」「TOUCH」「HARDEST DAY」「INTERIOR」「DEJA-VU」「D.F.NUANCE BAND」などがある。
平成21年、生誕60年、没後20年を迎え、妻・松田美由紀がエグゼクティブプロデューサーを務めたドキュメンタリー作品「SOUL RED 松田優作」が公開された。キネマ旬報賞(主演男優賞 昭58年度)「家族ゲーム」「探偵物語」
日本アカデミー賞(特別賞 第12回)〔平成2年〕
ゴールデン・アロー賞(特別賞 第27回)〔平成2年〕日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


野獣死すべしやる時にね。
まぁ前に藤岡(弘)さんとか、やっててね。
で、代表作ですからね、大藪春彦さんの。
嫌でね、やる時に。
このことについて相談してああいうふうには絶対にしないと、一切、こっちでやりたいと言ったけど。
とにかく野獣死すべしで伊達のね、肉体を全部捨ててしまおうというのがあって、だから街中でひっそりとしてる男を演じるためにはどうしたらいいのか、ってね。
真剣にね、足を5cm切ろうかと思った。
で、調べたりなんかして・・・。
実際にね、2m50くらいあるアメリカの女の人が、10cm切ったっていうのがあるんですよ。
だけど、その時はいいんだけど、一生歩けないわけじゃない?松葉杖でねぇ。
本当に切ろうと思ってね・・・。

 

No.002


人間は二度死ぬ。
肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ。

 

No.003


お前たちは、俺には絶対に勝てない。
なぜなら、俺は24時間映画のことを考えているからだ。

 

No.004


ファンほど恐ろしいものはないし、勝手なものはないし、また、ありがたいものはないですね。

 

No.005


おれはまだ発展途上人なんですよ。
かつて積み上げていったアクションスターとしての自分が、邪魔っけでね。

 

スポンサーリンク

 

No.006


直球しか投げられないピッチャーは、ずっと直球を投げ続けていけばいいんだよ。

 

No.007


俺は豊のファンなんだ。
見ていてさびしい人だなって感じるんだな。
さびしい人だよ、豊は。
たったその言葉だけで片づけてしまうのは非常につらいけど、さびしい人だよ。
生活とかそういうことじゃなくて背景がね。
ゼロ歳から25歳の今までの、その背景がね。
25年間、目一杯付き合っているわけじゃないけど、なんとなくわかるんだ。

 

No.008


やたら正義をふりまわす探偵ものが流行っているけど、この工藤俊作はちょっとズッコケてて、いい加減なところもある探偵なんだ。
そのヘンが気に入ったね。
ライバル番組?まあ「ルパン三世」ってとこかな。

 

No.009


最近は映画を意識して見ない。
僕が一番やりたいメディアは映画なんだけど、今は逆に離しておきたいんです。
言いたいメッセージがごちゃごちゃありすぎて、何を言っているのかわからないような映画が多くてつまらなくなってきてる。
今は逆に日常生活のなんでもない一場面を演じるときテレビしかないでしょ。
だから今はそういうものをやれるまで、テレビにこだわっていたいと思っているんですよね。

 

No.010


俺は自分の死に様なんてわかりませんね・・・
そんなもの考えた事もない!!
人間は二度死ぬ。
肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ。
俺は若い人に、自分の中の変化と重ね合わせて映画を見てもらいたいんだ。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

Google Ads

関連記事

偉人 杉村春子 名言集|心の常備薬

杉村春子 1906年1月6日 - 1997年4月4日 新劇の女優

記事を読む

偉人 水森亜土 名言集|心の常備薬

水森亜土 1939年12月23日 - 日本のイラストレーター、歌手、

記事を読む

偉人 岡田有希子 名言集|心の常備薬

岡田有希子 1967年8月22日 - 1986年4月8日 日本のアイ

記事を読む

偉人 平愛梨 名言集|心の常備薬

平愛梨 1984年12月12日 - 日本の女優、タレント

記事を読む

偉人 萬屋錦之介 名言集|心の常備薬

萬屋錦之介 1932年11月20日 - 1997年3月10日 歌舞伎

記事を読む

偉人 松重豊 名言集|心の常備薬

松重豊 1963年1月19日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 北野武(ビートたけし) 名言集|心の常備薬

北野武(ビートたけし) 1947年1月18日 - 日本のコメディアン

記事を読む

偉人 神田正輝 名言集|心の常備薬

神田正輝 1950年12月21日 - 日本の俳優、タレント

記事を読む

偉人 三木たかし 名言集|心の常備薬

三木たかし 1945年1月12日 - 2009年5月11日 日本の作

記事を読む

偉人 伊原剛志 名言集|心の常備薬

伊原剛志 1963年11月6日 - 日本の俳優

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑