偉人 北島三郎 名言集|心の常備薬

北島三郎
1936年10月4日 –
日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主
%e5%8c%97%e5%b3%b6%e4%b8%89%e9%83%8ek
本名:大野穣
北海道出身。
一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。
作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。54年に歌手を目指して上京、東京声専音楽学校に入学した。
流しの歌手として活動していたところ、作曲家の船村徹と出会って門下生となり、62年「ブンカチャ節」でデビュー、同年に「なみだ船」で第4回日本レコード大賞・新人賞を受賞した。
65年に「兄弟仁義」、「帰ろかな」、「函館の女」と立て続けにヒットを飛ばして演歌歌手としての人気を確立。
72年に北島音楽事務所を設立して独立し、78年「与作」、80年「風雪ながれ旅」、84年「まつり」などをヒットさせた。
その後、日本レコード大賞では86年に「北の漁場」で最優秀歌唱賞、90年に特別賞、91年に「北の大地」(星野哲郎作詞、船村徹作曲)で大賞、96年に美空ひばりメモリアル選奨を受賞した。
演歌の大御所としての地位を不動のものにする一方、98年にはNHKアニメ「おじゃる丸」の主題歌「詠人」を歌うなど、新たな分野にも挑戦。
2010年には、シングル「夫婦一生」がオリコン週間シングルチャートで初登場10位を獲得し、トップ10入りの最年長記録を樹立した。
1963年NHK紅白歌合戦に初出場して以来、2012年まで歴代最多の49回出場記録を持つ。
13年の出場と、11回目となる大トリを務めることも決定した。
通算50回目の出場となることから、同年で紅白を引退すると表明。
出場者の「演歌枠」が年々減少しているため、「先輩がいつまでも壁になっているのはよくない」と、後進に道を譲ることを紅白引退の理由に挙げた。
座長公演も15年1月を最後とする見通しだが、歌手活動は引退せず紅白出場以外は継続する意向を示している。
俳優としても活躍し、出演映画は40本、テレビドラマにも多数出演し、時代劇の「暴れん坊将軍」などで人気を集めた。
チャリティー活動や国際親善活動などにも積極的に関わっており、1991年に北海道民栄誉賞、99年に函館市栄誉賞を授与されている。

関連商品

スポンサーリンク



No.001


井戸も最初は泥水、掘り続けりゃ清水が湧いてくる。

 

No.002


おまえ、来ることの無い人を待ち続けた事があるか?
演歌ってのはそういう人達の祈りじゃないのかな?

 

No.003


尊敬している人は、この世界の諸先輩全部。
ライバルなんて失礼で言えない。
ライバルは同期・後輩・これから出てくる人。
中でも強敵になりそうなのは、早い内に一度叩く。
歌の勝負で、ね。
それで潰れる様じゃ、その程度の実力なんだ、その人は。

 

No.004


歌というのは、一ヶ所(たまに二ヶ所)だけ、聴かせどころ、ピークの部分があります。
その部分を感情を込めて思いっきり歌い上げるためには、その前後の箇所を丁寧に、語るように歌い込む。
このメリハリが“聴かせる”のです。

 

No.005


わが家は、私の地方公演が、一年の半分以上も占めるため、普通の家庭よりずっと親子のスキンシップのすくない家庭です。
そこで私はある日、地方へ出かけるときと帰ったときは、かならず妻も含め家族の一人一人としっかり握手しようと決心をして、欠かさず実行してきました。

 

スポンサーリンク

 

No.006


私は自分の歌を唄うとき、“隠し味”を一ヶ所か二ヶ所、必ず入れておきます。
私にしか出せない味を伏せてあるのです。

 

No.007


東京近郊で私の公演がある日は、カミさんは義母や弟、妹を連れて「サブちゃん!」を連呼する応援役。
声援ばかりかテープまで投げつけてきます。
つまりサクラですね。
一階の前のほうで叫んでテープを投げたかと思うと、今度は二階席から「サブちゃん!」。
いやはや実に頼もしい“私設応援団長”でした。

 

No.008


拍手が鳴り止み会場が静かになると、いつものように自然に両手が合わさり、祈りの姿になりました。
右の手は、私を産んでくれた父と母への愛、左の手は、私を励まし支えこれまで育てて下さったファンの皆さまへの愛、なのです。

 

No.009


お茶には茶道、生け花には華道、書には書道というものがあります。
日本人の心の歌、艶歌に「歌道」があったっていいのではないでしょうか。

 

No.010


昭和二十九年春。
青雲の志を抱いて青函連絡船に乗ったあの日こそ、歌手北島三郎の「出発(たびだち)の日」であり、自分一人の力で働き食べていくことを決意した、いわば親鳥からの「巣立ちの日」だったのです。

 

ページ: 1 2 3 4

Google Ads

関連記事

偉人堂本光一 名言集|心の常備薬

堂本光一 1979年1月1日 - 日本のアイドル、歌手、俳優、タレン

記事を読む

偉人 沢田亜矢子 名言集|心の常備薬

沢田亜矢子 1949年1月1日 - 日本の女優、歌手、タレント

記事を読む

偉人 桂文珍 名言集|心の常備薬

桂文珍 1948年12月10日 - 日本の落語家

記事を読む

偉人 松任谷由実 名言集|心の常備薬

松任谷由実 1954年1月19日 - 日本のシンガーソングライター

記事を読む

偉人 由美かおる 名言集|心の常備薬

由美かおる 1950年11月12日 - 日本の女優

記事を読む

偉人 ジミー大西 名言集|心の常備薬

ジミー大西 1964年1月1日 - 日本の画家、お笑いタレント

記事を読む

偉人 安達祐実 名言集|心の常備薬

安達祐実 1981年9月14日 - 日本の女優、タレント

記事を読む

偉人 山岡久乃 名言集|心の常備薬

山岡久乃 1926年8月27日 - 1999年2月15日 日本の女優

記事を読む

偉人 樋口可南子 名言集|心の常備薬

樋口可南子 1958年12月13日 - 日本の女優

記事を読む

偉人 小栗旬 名言集|心の常備薬

小栗旬 1982年12月26日 - 日本の俳優

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑