偉人 岩崎宏美 名言集|心の常備薬

岩崎宏美
1958年11月12日 –
日本の歌手
%e5%b2%a9%e5%b4%8e%e5%ae%8f%e7%be%8ex
本名:同じ。
愛称:ヒロリン。
東京都江東区深川出身。
堀越高等学校卒業。
1958年11月12日、木場で製材用の機械を製作する会社の経営者の次女として誕生した(三姉妹の次女)。
歌手・女優の岩崎良美は3歳年下の実妹である。
成城学園中学校進学の後、歌手を目指し松田トシ(のちに芸名を「松田敏江」に改名)に師事。
また当時中学の同級生だった岡村清太郎(当時歌舞伎役者。現在は浄瑠璃清元の家元、七世清元延寿太夫)の縁で先代水谷八重子の部屋子となり、新橋演舞場に通う。
中学3年の時に『スター誕生!』に応募し、1974年7月17日決戦大会に出場し、小坂明子の「あなた」を歌い最優秀賞に輝く。
1975年“天まで響け 岩崎宏美”をキャッチフレーズに『二重唱(デュエット)』でデビュー。
1976年3月「センチメンタル」が第48回センバツ高校野球大会の入場行進曲に初めて選ばれる。
1977年3月に堀越高等学校を卒業。(同期生:森昌子、岡田奈々、池上季実子など)
同年秋、初のバラード「思秋期」がヒットし第19回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
1982年、前年9月より放送が開始された日本テレビ系の2時間ドラマ『火曜サスペンス劇場』の主題歌を担当(「聖母たちのララバイ」)。
この曲は発売後2週目でオリコンチャート週間売上1位を獲得し80万枚の大ヒットとなり、同年11月、日本歌謡大賞を受賞する。
また翌1983年3月には同曲が、第55回センバツ高校野球大会の入場行進曲として再び採用された。
なお、『火曜サスペンス劇場』では1981年9月から1987年11月までの6年間にわたって「聖母たちのララバイ」「家路」「橋」「25時の愛の歌」「夜のてのひら」の5曲が主題歌として採用された(その後も1992年10月から1993年9月にかけて「愛という名の勇気」が同番組の主題歌となっている)。
その一方でミュージカルやドラマなどでも多彩な才能を発揮。
1984年、芸能活動の方針を巡る相違から芸映を退社し、個人事務所スリー・ジーを設立する。
1986年、ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』に次女・ホーデル役で出演。
同年10月21日、外務省が中心となって進めている日本文化交流「ジャパン・ウイーク」がエジプトで開催され、そのメインイベントに親善大使として招かれピラミッドとスフィンクスの前でコンサートを開く。
『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役は、1987年の初演メンバーとして出演。
この役との出会いは、歌手人生において大きな影響を与える。
1988年、商社マン(実業家・益田孝の玄孫にあたる)と結婚し、横浜市港北区に新居を構える。
芸名も夫の姓に合わせ益田宏美に改名した。
その後1989年に長男を1992年に次男を出産。
1995年に協議離婚が成立し、子どもの親権は夫側が、養育権は岩崎宏美側が得る。
1996年に前夫が再婚した後、養育権も前夫が得て、前夫の後妻と2男が養子縁組する形で2男を引き取った。
その後、芸名を岩崎宏美に戻し歌手活動を本格的に再開。
2009年4月29日、俳優・今拓哉と結婚した。
2010年、デビュー35周年を迎え、その記念に発売されたカバーアルバム集『Dear Friends BOX』が、第52回日本レコード大賞・企画賞を受賞。
2012年には、念願であったさだまさしによる書下ろしシングル『あなたへ~いつまでも いつでも~』を発売。
2013年6月4年ぶりのオリジナルアルバム『Love』を発売。
2013年10月、揖保の糸のCMソングとして使用されている「時の針』がアルバムからのシングルカットとして発売。
2014年にはデビュー39周年として、稀代のポップ・メロディーメーカー斎藤誠プロデュースによる通算66枚目の新曲『Thank You!』を5月に発売。
8月には、カバーアルバム第7弾『Dear Friends Ⅶ 阿久悠トリビュート』を発売。
2015年4月22日のテレビ番組『ノンストップ!』において、2001年からバセドー病、橋本病を患っていることを明らかにした。
デビュー作シングル『二重唱(デュエット)』
代表作品シングル『ロマンス』 / シングル『思秋期』 / シングル『シンデレラ・ハネムーン』

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


「心労」と言葉にすると簡単ですが、人間って、自分の血、肉、骨はもちろん大事ですが心が健康でないときちんと立つことさえできない。

 

No.002


まさかこんなに長く歌い続けてこられると思っていなかったので、自分が一番驚いています。
よく続いたな、というのが正直なところですね。

40周年を迎えた感想
No.003


歌とは同じ距離を保ってきた気がするけれど、昔より好きかもしれません。
以前はディレクターのOKが出た歌い方や、レコードの歌声に近い形で毎回、必ず歌わなければいけないという思いが、自分の中でどこかにあったんですね。
でも、2002年に声帯ポリープの手術をした後、「どれくらい出てくれるか分からない声と、どのように向き合って歌おうか…」という時期がありました。
本当に大変だったけれど、「こう歌わなければいけない」と考えるのではなく、「きょうはどれだけ集中して歌えるか」という心構えに変わりました。
私にとって過酷な時期ではあったけれど、すごくいい勉強をさせてもらいました。

40周年を迎え歌への思いに変化は

 

No.004


朝から学校へ行き、夕方はクラブ活動のように歌っていたあの時代―、という感じですね。
毎日どこかのテレビ局に行って、生放送だったり録画だったり。
(仕事を1日に)二つ掛け持ちしたこともありました。
よく働いていましたね。
スケジュール表は真っ黒でしたよ。
それが当たり前と思っていたので、「お休みがないからつらい」という記憶はありません。
ただ、学校の勉強は大変だったかな。
初めてお休みをもらった時は、逆に何をしていいのかが分からなくて。
(久々の休みで)気がせいているので、何かしたいのだけど、「昔は何していたんだっけ?」という感じでしたね。

デビューの頃

 

No.005


クラスメートには森昌子さん、池上季実子さん、伊藤咲子さん、岡田奈々さんがいました。
ずうとるびの江藤(博利)君や、ジャニーズの男の子たち、歌舞伎の方とか、いろいろな人がいましたね。
(サッカーの)松木安太郎さんは一つ上にいました。

堀越の同級生は

 

スポンサーリンク

 

No.006


昌子ちゃんが中学2年生の時にデビューしたのを見て、「私にもチャンスがあるのかな」と思って、中学3年生の時、小坂明子さんの「あなた」で(オーディション番組の)「スター誕生」を受けて合格しました。
(1975年4月に)高校2年生でデビューすると、それから3カ月に1枚ずつシングルを出して、10月18日には東京郵便貯金ホール(現メルパルクホール)で初めてのコンサートを開きました。
自分では(展開が速過ぎて)訳が分からなかったです。
あれから40年がたつんですね。

 

No.007


歌には本当に恵まれてきたと思います。
シングルをコンスタントに出させていただいてきたので、あまりハングリー精神を知らず、ここまで来たかなという気はします。

 

No.007


一曲一曲、思い出があって、一番は決められないかもしれない。
どの歌も自分の子供みたいなもので、甲乙は付けられないけれど、「聖母たちのララバイ」や「ロマンス」、「すみれ色の涙」など、思い出が多い歌はありますね。
「聖母―」を歌っていたのは23歳ごろ。
その若さで、あれほど大人っぽい内容の歌をよく与えてくださったなと思います。
あの曲はワンコーラスが出来て、「火曜サスペンス劇場」(日本テレビ系)のエンディングで流していただいたら、すごく好評で。
カセットテープのプレゼントには、とんでもない数の応募があり、「これはレコードにしたら売れるかもしれない」ということで、慌ててフルコーラスを録音したんですよ。

思い出深い曲は

 

No.008


昨年、コンサートに来てくれた方に「ロマンス」「思秋期」「聖母―」以外で「あなたが好きな岩崎宏美の歌を教えてください」とリクエストを取りました。
今年のコンサートツアーでは、その中から30曲ぐらい歌っているのですが、昔は結構、攻撃的な歌があるし、すごく情熱的な恋愛の歌も多かったんだなと感じ、改めて新鮮な気持ちになりました。
確かに、2000年ぐらいから落ち着いた歌が多かったかもしれませんね。

 

No.009


例えば「ロマンス」は今も、16歳の時と同じ譜面を使っています。
最近は、中低音の声に厚みが出てきているかな。

 

No.010


私にとって、さだまさしは生き神様(笑)。
「(山口)百恵ちゃんに『秋桜』があって、なんで私にないのよ!」と言っていたのが(「夢」「いのちの理由」などを)作っていただけて。
同じ時代を生きてよかったと思うぐらい、彼が作る日本語の美しさには引かれているので、これからも大事に歌っていきたいと思います。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 CHAGE&ASKA 名言集|心の常備薬

CHAGE&ASKA CHAGE:1958年1月6日 - ASKA :195

記事を読む

偉人 トニー谷 名言集|心の常備薬

トニー谷 1917年10月14日 - 1987年7月16日 日本の舞

記事を読む

偉人 榎本健一 名言集|心の常備薬

榎本健一 1904年10月11日 - 1970年1月7日 日本の俳優

記事を読む

偉人 橋爪功 名言集|心の常備薬

橋爪功 1941年9月17日 - 日本の俳優

記事を読む

偉人 野沢那智 名言集|心の常備薬

野沢那智 1938年1月13日 - 2010年10月30日 日本の声

記事を読む

偉人 山岡久乃 名言集|心の常備薬

山岡久乃 1926年8月27日 - 1999年2月15日 日本の女優

記事を読む

偉人 中島啓江 名言集|心の常備薬

中島啓江 1957年11月15日 - 2014年11月23日 日本の

記事を読む

偉人 十朱幸代 名言集|心の常備薬

十朱幸代 1942年11月23日 - 日本の女優

記事を読む

偉人 堺雅人 名言集|心の常備薬

堺雅人 1973年10月14日 - 日本の俳優、声優

記事を読む

偉人 フォーリーブス 名言集|心の常備薬

フォーリーブス 1967年4月1日 - 1978年8月31日 (再結成 20

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑