偉人 田中久重 名言集|心の常備薬

田中久重
1799年10月16日 – 1881年1月11日
江戸時代後期から明治にかけての発明家
芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者
%e7%94%b0%e4%b8%ad%e4%b9%85%e9%87%8de
「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれた。
べっこう細工師弥右衛門の長男として筑後国久留米通町(久留米市)に生まれる。
若年より発明考案の才に恵まれ,15歳で久留米絣の創始者井上伝に頼まれて絵絣組み方機を発明,その他からくり人形や水からくりを考案したので「からくり儀右衛門」と呼ばれた。
また時計の製作に興味を持ち,天保5(1834)年大坂に移って和時計の製作修理を業とする傍ら,鼠灯や無尽灯などの照明器具を工夫し,嘉永2(1849)年嵯峨御所より近江大掾久重の称を許される。
翌年京都に移って広瀬元恭に蘭学を学び,各種のからくり時計や消火器などの製作販売をし,嘉永4年の春には,精密工芸品として知られる万歳自鳴鐘(万年時計=国立科学博物館所蔵)の完成をみた。
翌5年の冬,佐賀藩精煉方に招かれて蒸気機関,銃砲などの製作に従事,蒸気船,軍艦の製造を命じられる。
安政2(1855)年幕府が開設した長崎海軍伝習所の第1回伝習生として参加。
この年には汽船,汽車の模型を完成している。
元治1(1864)年には故郷の久留米藩から招聘を受け,鑓水製造所の指導を兼務することになった。
明治6(1873)年藩営事業も終わったので,機械製造業を起こすため上京したところ,ブレゲ電信機などの製造修理を工務省から要請され,逓信省電信灯台用品製造所の前身である田中製造所を東京銀座に開設して政府の指定工場となる。
田中製造所は2代久重により芝浦製作所(のちの東芝)へと発展した。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


そう言うべからず。
これも国のためであり、人助けにもなることたい。

 

No.002


知識は失敗より学ぶ。
事を成就するには、志があり、忍耐があり、勇気があり、失敗があり、その後に、成就があるのである。

 

No.003


国家に有用なる機械をせいぞうして奉公の誠を尽くし、世の公益を広めん。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

南方熊楠 名言集|心の常備薬

南方 熊楠 1867年5月18日 - 1941年12月29日 日

記事を読む

偉人 天野浩 名言集|心の常備薬

  天野浩 1960年9月11日 - 日本の電子工学者。

記事を読む

偉人 南部陽一郎 名言集|心の常備薬

南部陽一郎 1921年1月18日 - 2015年7月5日 理論物理学

記事を読む

偉人 杉田玄白 名言集|心の常備薬

杉田玄白 1733年10月20日 - 1817年6月1日 江戸時代の

記事を読む

偉人 緒方貞子 名言集|心の常備薬

緒方貞子 1927年9月16日 - 日本の国際政治学者

記事を読む

偉人 斎藤茂太 名言集|心の常備薬

斎藤茂太 1916年3月21日 - 2006年11月20日 日本の精

記事を読む

偉人 森毅 名言集|心の常備薬

森毅 1928年1月10日 - 2010年7月24日 日本の数学者、

記事を読む

偉人 小林誠 名言集|心の常備薬

小林誠 1944年4月7日 - 日本の理論物理学者。

記事を読む

偉人 赤﨑勇 名言集|心の常備薬

  赤﨑勇 1929年1月30日 - 日本の半導体工学(

記事を読む

偉人 大隅良典 名言集|心の常備薬

大隅良典 1945年2月9日 - 日本の生物学者(分子細胞生物学)

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑