偉人 杉田玄白 名言集|心の常備薬

杉田玄白
1733年10月20日 – 1817年6月1日
江戸時代の蘭学医。
F1000085.JPG
若狭国小浜藩医。
名は翼,字は子鳳,い斎のち九幸と号し,玄白は通称。
私塾天真楼を主催。
幕府医官西玄哲の門で蘭方外科を修め,宮瀬龍門のもとで漢学を学んで藩医となった。
1771年前野良沢,中川淳庵と江戸小塚原刑場で刑死体の解剖を観察。
前野良沢らと「ターヘル・アナトミア」を訳出し「解体新書」として刊行。
西洋医学を広く紹介し蘭学の基礎を築いた。
私塾天真楼では大槻(おおつき)玄沢らを育てた。
著「蘭学事始」「形影夜話」「養生七不可」「野叟独語」など。日本テレビ 世界一受けたい授業”日本人が好きな天才ベスト100″のひとりに選ばれた。
関連商品

スポンサーリンク


 

No.001


一滴の油、これを広き池水のうちに点ずれば、散じて満池に及ぶとや。

 

No.002


昨日の非は恨悔すべからず。
「養生七不可」

 

No.003


明日の是は慮念すべからず。
「養生七不可」

 

No.004


飲と食とは度を過ごすべからず。
「養生七不可」

 

No.005


正物に非(あら)ざれば、苟(いやしく)も食すべからず。
「養生七不可」

 

スポンサーリンク

 

No.006


事なき時は薬を服すべからず。
「養生七不可」

 

No.007


壮実を頼んで、房をすごすべからず。
「養生七不可」

 

No.008


動作を勤めて、安を好むべからず。
「養生七不可」

 

No.009


おのれ上手と思わば、下手となるの兆しと知るべし。

 

No.010


医の業は習熟に在らざればその妙処は得がたし。
此の故に一人にても多く病者を取扱い、功を積みたる上ならでは、練熟することは成り難しと知れり。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 田中耕一 名言集|心の常備薬

  田中耕一 1959年8月3日 - 日本の化学者、エン

記事を読む

偉人 中村修二 名言集|心の常備薬

    中村修二 1954年5月22日 -

記事を読む

偉人 土井隆雄 名言集|心の常備薬

  土井隆雄 1954年9月18日 - 日本の宇宙航空研

記事を読む

偉人 湯川秀樹 名言集|心の常備薬

湯川秀樹 1907年1月23日 - 1981年9月8日 日本の理論物

記事を読む

偉人 大村智 名言集|心の常備薬

大村智 1935年7月12日 - 日本の化学者(有機合成化学・触媒開

記事を読む

偉人 池田菊苗 名言集|心の常備薬

池田菊苗 1864年10月8日 - 1936年5月3日 戦前日本の化

記事を読む

偉人 養老孟司 名言集|心の常備薬

養老孟司 1937年11月11日 - 日本の解剖学者

記事を読む

偉人 森毅 名言集|心の常備薬

森毅 1928年1月10日 - 2010年7月24日 日本の数学者、

記事を読む

偉人 南部陽一郎 名言集|心の常備薬

南部陽一郎 1921年1月18日 - 2015年7月5日 理論物理学

記事を読む

偉人 毛利衛 名言集|心の常備薬

  毛利衛 1948年1月29日 - 宇宙飛行士

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑