偉人 羽生善治 名言集|心の常備薬

羽生善治
1970年9月27日 –
日本の将棋棋士
lif1410160018-p1
都立富士森高校中退。
小学1年で将棋を始め、小学6年のとき小学生名人戦に優勝。
1982年二上達也九段門下となり、奨励会に入会。
1985年四段、加藤一二三九段、谷川浩司九段につぐ将棋界3人目の中学生プロ棋士となった。
1988年新人王、NHK杯優勝。
1989年竜王位を獲得し初タイトル。
1994年米長邦雄名人を破り、名人位を獲得。
1994年名人、竜王、棋聖、王位、王座、棋王の史上初の永世称号6冠王に。
1995年谷川王将に挑むが敗退。
1996年ふたたび谷川王将に挑み、王将位を奪取。
公式7タイトルを独占、史上初の7冠同時制覇を達成した。
1996年7月三浦弘行五段に棋聖位を、谷川九段に11月竜王位を、1997年6月名人位を奪われ4冠となった。
羽生の将棋は常識を超えた「羽生マジック」と恐れられている。
1986年将棋大賞新人賞受賞。
将棋大賞最優秀棋士賞通算6回受賞。
1996年内閣総理大臣顕彰。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


私は、才能は一瞬のひらめきだと思っていた。
しかし、今は10年とか20年30年を、同じ姿勢で同じ情熱を傾けられることが、才能だと思っている。

 

No.002


勝負の世界では「これでよし」と、消極的な姿勢になることが一番怖い。
常に前進を目ざさないと、そこでストップし、後退が始まってしまう。

 

No.003


誰でも最初は、真似から始める。
しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人が、その航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切。

 

No.004


ただ一局一局を大切に、そこにだけ集中して指してきた。

 

No.005


見た目にはかなり危険でも、読み切っていれば怖くはない。
剣豪の勝負でも、お互いの斬り合いで相手の刀の切っ先が、鼻先1cmの所をかすめていても、読みきっていれば大丈夫なんです。

 

スポンサーリンク

 

No.006


すでに過ぎ去ったことは、仕方がない。
私は、意識的に先のことを考えるようにしています。
反省は、勝負がついた後でいい。

 

No.007


「いかに戦うか」は、大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。
事前にしっかり準備して、万全の態勢で対局に臨んでくる人は強い。

 

No.008


プレッシャーは、その人の持っている器に対してかかるものだ。
器が大きければ、プレッシャーを感じることがない筈だと、自分に言い聞かせています。

 

No.009


一番いいと思えるものを、簡単に単純に考えることが出来れば、逆境からの突破口を見出せる。

 

No.010


ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6

Google Ads

関連記事

偉人 やなせたかし 名言集|心の常備薬

やなせたかし 1919年2月6日 - 2013年10月13日 日本の

記事を読む

偉人 内藤国雄 名言集|心の常備薬

内藤国雄 1939年11月15日 - 将棋棋士

記事を読む

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年12月5日 日本の美

記事を読む

偉人 黒板五郎(北の国から) 名言集|心の常備薬

黒板五郎(北の国から) 1981年10月9日 - 2002年 日本の

記事を読む

偉人 細川ガラシャ 名言集|心の常備薬

細川ガラシャ 1563年 - 1600年8月25日 明智光秀の娘で細

記事を読む

偉人 赤塚不二夫 名言集|心の常備薬

赤塚不二夫 1935年9月14日 - 2008年8月2日 日本の漫画

記事を読む

偉人 池田理代子 名言集|心の常備薬

池田理代子 1947年12月18日 - 日本の漫画家・劇画家・声楽家

記事を読む

偉人 三浦按針 名言集|心の常備薬

三浦按針 1564年9月24日 - 1620年5月16日 江戸時代初

記事を読む

偉人 川本喜八郎 名言集|心の常備薬

川本喜八郎 1925年1月11日 - 2010年8月23日 アニメー

記事を読む

偉人 服部幸應 名言集|心の常備薬

服部幸應 1945年12月16日 - 日本の料理評論家、教育者、タレ

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑