偉人 上杉謙信 名言集|心の常備薬

上杉謙信
1530年2月18日 – 1578年4月19日
戦国時代の越後国の武将・戦国大名。
後世、越後の虎や越後の龍、軍神と称される。
謙信は、後に称した法号
上杉謙信_90
長尾為景の子。
天文(てんぶん)17年兄長尾晴景の跡をつぎ越後(えちご)(新潟県)守護代,春日山城主。
守護上杉定実の死後同国を支配。
のち越中・加賀・能登(のと)までを勢力範囲とする。
信濃(しなの),関東で武田信玄や北条氏康とあらそう。
永禄(えいろく)4年上杉憲政より上杉の姓と関東管領職をゆずられる。
北条氏康と争っての小田原攻め、武田信玄との川中島の合戦などを経て織田信長と対立したが、業半ばで病死。49歳。
幼名は虎千代。名は景虎,政虎,輝虎、入道して謙信,不識庵と号した。合戦での勇猛さと天性の軍事的才能で家臣団を魅了し信頼を一身に集めたが,外征に偏重し内政・外交面での施策に精彩を欠く。

権威や伝統を重視する古風な精神と,毘沙門天を熱烈に信仰する実直,潔癖な性格の持ち主で,生涯独身を通し実子なく,養子に長尾政景の子景勝と北条氏政の弟景虎がいた。

関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、諸国を一つに帰して、貧困に陥った人々を安住ならしめる他に希望はない。もし謙信の運が弱く、この志が空しいものならば、速やかに病死を賜るべし。

 

No.002


生を必するものは死し、死を必するものは生く。

 

No.003


武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。

 

No.004


大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。

 

No.005


昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。

 

スポンサーリンク

 

No.006


信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

 

No.007


戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。

 

No.008


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。

 

No.009


我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。

 

No.010


人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 平清盛 名言集|心の常備薬

平清盛 1118年 - 1181年3月20日 平安時代末期の武将・公

記事を読む

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

偉人 上杉景勝 名言集|心の常備薬

上杉景勝 1556年1月8日 - 1623年4月19日 戦国時代から

記事を読む

偉人 黒田官兵衛 名言集|心の常備薬

黒田官兵衛 1546年12月22日 - 1604年4月19日 戦国時

記事を読む

偉人 松平容保 名言集|心の常備薬

松平容保 1836年2月15日 - 1893年12月5日 幕末の大名

記事を読む

偉人 井伊直虎 名言集|心の常備薬

井伊直虎 不明 - 1582年9月12日 戦国時代の女性領主

記事を読む

偉人 足利義満 名言集|心の常備薬

足利義満 1358年9月25日 - 1408年5月31日 室町幕府第

記事を読む

偉人 宮本武蔵 名言集|心の常備薬

宮本武蔵 1584年 - 1645年6月13日 江戸時代初期の剣術家

記事を読む

偉人 源頼朝 名言集|心の常備薬

源頼朝 1147年5月9日 - 1199年2月9日 平安時代末期から

記事を読む

豊臣秀吉 名言集|心の常備薬

  豊臣秀吉 1537年3月17日 - 1598年9月18日

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑