豊臣秀吉 名言集|心の常備薬

豊臣秀吉
1537年3月17日 – 1598年9月18日
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
豊臣秀吉_90
尾張(おわり)(愛知県)の足軽木下弥右衛門の子。母はなか(天瑞(てんずい)院)。

安土・桃山時代の武将。

三英傑の一人
尾張中村生。
幼名、日吉丸。初名、木下藤吉郎。
織田信長に足軽としてつかえ,浅井・朝倉両氏との戦いで功をたて,天正(てんしょう)元年近江(おうみ)長浜城主となる。
羽柴秀吉と名のった。
本能寺の変での信長討ち死にの報を受け、軍師黒田官兵衛の策に助けられ、中国大返しを敢行。
山崎の戦で明智光秀を討ち、柴田勝家を討ち、信長に代り天下に号令。
11年大坂城を築城。
徳川家康を臣従させる。
ついで四国・九州・関東・奥州を平定して天下を統一。
この間、天正13年(1585)関白、翌年太政大臣となり、豊臣を賜姓。
19年太閤。
また、太閤検地・刀狩りなどを行い、兵農分離を促進、貨幣統一・石高制等の施行し近世封建社会(幕藩体制)の基礎を確立した。。
のち、明国征服を志して朝鮮に出兵したが、戦局半ばで病没。
茶の湯などの活動も盛んで桃山文化を開花させた。


関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

 

No.002


戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。

 

No.003


人と物争うべからず、人に心を許すべからず。

 

No.004


主従や友達の間が不和になるのは、わがままが原因だ。

 

No.005


猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも又皆がいやがるところでの我慢があったればこそ。

 

スポンサーリンク

 

No.006


やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる。

 

No.007


主人は無理をいうなるものと知れ。

 

No.008


ひそかにわが身の目付に頼みおき、時々異見を承わり、わが身の善悪を聞きて、万事に心を付けること、将たる者、第一の要務なり。

 

No.009


それは上々、一段の吉日にござる。信長公のために討ち死にするは覚悟のうえ、二度と生きて帰ろうとは思わぬ。さてまた光秀の天命が尽きれば、大利を得て、思いのままに国をもらい、この播磨の城に帰ることはない。

 

No.010


人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない。

 

ページ: 1 2 3

Google Ads

関連記事

偉人 足利義満 名言集|心の常備薬

足利義満 1358年9月25日 - 1408年5月31日 室町幕府第

記事を読む

偉人 大石内蔵助 名言集|心の常備薬

大石内蔵助 1659年 - 1703年3月20日 江戸時代前期の武士

記事を読む

偉人 井伊直虎 名言集|心の常備薬

井伊直虎 不明 - 1582年9月12日 戦国時代の女性領主

記事を読む

偉人 塚原卜伝 名言集|心の常備薬

  塚原卜伝 1489年 - 1571年3月6日 戦国時

記事を読む

偉人 黒田長政 名言集|心の常備薬

黒田長政 1568年12月21日 - 1623年8月29日 武将・大

記事を読む

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

偉人 東郷平八郎 名言集|心の常備薬

東郷平八郎 1848年1月27日 - 1934年5月30日 日本の幕

記事を読む

伊達政宗 名言集|心の常備薬

伊達政宗 1567年9月5日 - 1636年6月27日 出羽国と陸奥

記事を読む

偉人 宮本武蔵 名言集|心の常備薬

宮本武蔵 1584年 - 1645年6月13日 江戸時代初期の剣術家

記事を読む

偉人 井伊直政 名言集|心の常備薬

井伊直政 1561年3月4日 - 1602年3月24日 安土桃山時代

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑