偉人 源義経 名言集|心の常備薬

源義経
1159年 – 1189年6月15日
平安時代末期の武将
ダウンロード
鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。
仮名は九郎、実名は義經(義経)である。
河内源氏の源義朝の九男、母は常盤御前のもとに生まれ、幼名を牛若丸と呼ばれた。
平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に平泉へ下り、奥州藤原氏の当主・藤原秀衡の庇護を受ける。
兄・頼朝が平氏打倒の兵を挙げる(治承・寿永の乱)とそれに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、最大の功労者となった。
その後、頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によって怒りを買い、このことに対し自立の動きを見せたため、頼朝と対立し朝敵とされた。
全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び藤原秀衡を頼った。
秀衡の死後、頼朝の追及を受けた当主・藤原泰衡に攻められ衣川館で自刃し果てた。その最期は世上多くの人の同情を引き、判官贔屓(ほうがんびいき)という言葉や、静御前、弁慶、チンギス・ハーンなど多くの伝説、物語を生み各地にその名残す。日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。





関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


なぜ平家の姫君が源氏である私に好意を寄せるのか。

 

No.002


おれの乗り様を手本にせよ。

 

No.003


軍はただ平攻に攻めて勝ちたるぞ心地はよき。

 

No.004


永(ながら)く恩顔を拝(はい)し奉(たてまつ)らず、骨肉同胞の儀すでに空(むな)しきに似たり、悲しきかな。

 

No.005


後の世も また後の世も廻り会へ 染む紫の雲の上まで。
[辞世の句]

 

スポンサーリンク

 

No.006


御経もいま少しなり。
読み果つるほどは、死したりとも、われを守護せよ。
[辞世の句]

 

No.007


この義経を見本とせよ!

 

No.008


この崖は鹿が下ることもあるか?

 

No.009


鹿も四足、馬も四足!

 

No.010


人よりも百倍臆病であるとすれば、百倍勇気をふるい立たせればいいではないか。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 坂井三郎 名言集|心の常備薬

坂井三郎 1916年8月26日 - 2000年9月22日 日本の海軍

記事を読む

偉人 東郷平八郎 名言集|心の常備薬

東郷平八郎 1848年1月27日 - 1934年5月30日 日本の幕

記事を読む

偉人 塚原卜伝 名言集|心の常備薬

  塚原卜伝 1489年 - 1571年3月6日 戦国時

記事を読む

山本 五十六 名言集|心の常備薬

山本 五十六 1884年4月4日 - 1943年4月18日 日本

記事を読む

偉人 山内一豊 名言集|心の常備薬

  山内一豊 1545年 - 1605年11月1日 戦国

記事を読む

真田幸村 名言集|心の常備薬

真田幸村 1570年3月8日 - 1615年6月3日 安土桃山時

記事を読む

偉人 源頼朝 名言集|心の常備薬

源頼朝 1147年5月9日 - 1199年2月9日 平安時代末期から

記事を読む

偉人 井伊直虎 名言集|心の常備薬

井伊直虎 不明 - 1582年9月12日 戦国時代の女性領主

記事を読む

偉人 真田昌幸 名言集|心の常備薬

真田昌幸 1547年 - 1611年7月13日 戦国時代から江戸時代

記事を読む

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑