偉人 石田三成 名言集|心の常備薬

石田三成
1560年 – 1600年11月6日
安土桃山時代の武将・大名。
豊臣氏の家臣。豊臣政権の五奉行の一人。
関ヶ原の戦いにおける西軍側の主導者。
石田三成_90
石田正澄の弟。
羽柴(豊臣)秀吉の近侍をつとめ,のち治部少輔(じぶのしょう)。
知将として秀吉の全国制覇の戦いにしたがう。
軍事よりも内政や吏務にすぐれ,堺奉行をかね,太閤検地を実施して,五奉行の筆頭となる。
文禄4年近江(おうみ)(滋賀県)佐和山城主。
19万石。
秀吉の死後,徳川家康と対立し,関ケ原の戦いに敗れて捕らえられ,慶長5年10月1日京都で斬られた。
41歳。近江出身。初名は三也。通称は佐吉。
関連商品

スポンサーリンク



No.001


大義と思うものは、たとえ首をはねらるる期までも命を大切にして、なにとぞ本意を達せんと思う。

 

No.002


筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり
(辞世の句)

 

No.003


戦死を好むのは匹夫である。
将たる者は、命の危険を逃れて、何度も戦いを重ねることこそ本意とするものだ。

 

No.004


残すは盗(とう)なり。
つかひ過(すご)して借銭(しゃくせん)するは愚人(ぐじん)なり。
[解](組織に属する者として)使うべき金銭を出し惜しみして余らせるのは、盗っ人の所業にひとしい。逆に、使い過ぎて借金を残すのは、愚か者のすることだ。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

Google Ads

関連記事

真田幸村 名言集|心の常備薬

真田幸村 1570年3月8日 - 1615年6月3日 安土桃山時

記事を読む

偉人 徳川吉宗 名言集|心の常備薬

徳川吉宗 1684年11月27日 - 1751年7月12日 江戸幕府

記事を読む

偉人 坂井三郎 名言集|心の常備薬

坂井三郎 1916年8月26日 - 2000年9月22日 日本の海軍

記事を読む

偉人 黒田官兵衛 名言集|心の常備薬

黒田官兵衛 1546年12月22日 - 1604年4月19日 戦国時

記事を読む

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

偉人 井伊直政 名言集|心の常備薬

井伊直政 1561年3月4日 - 1602年3月24日 安土桃山時代

記事を読む

偉人 山内一豊 名言集|心の常備薬

  山内一豊 1545年 - 1605年11月1日 戦国

記事を読む

偉人 大石内蔵助 名言集|心の常備薬

大石内蔵助 1659年 - 1703年3月20日 江戸時代前期の武士

記事を読む

偉人 真田昌幸 名言集|心の常備薬

真田昌幸 1547年 - 1611年7月13日 戦国時代から江戸時代

記事を読む

偉人 大山巌 名言集|心の常備薬

大山巌 1842年11月12日 - 1916年12月10日 日本の武

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑