偉人 井伊直政 名言集|心の常備薬

井伊直政
1561年3月4日 – 1602年3月24日
安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名
ダウンロード
徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられ、家康の天下取りを全力で支えた功臣として、現在も顕彰されている。
幼名は万千代。
2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公井伊直虎が養母。
兜は天衝脇立朱漆塗頭形兜。
知勇兼備・文武両道の勇将で、外交・交渉能力にも長けていた。
井伊氏は遠江国の井伊谷という場所を拠点とした豪族であるが、直政の祖父や父が戦死や誅殺されるなど不運が続き、一時没落してしまっていた。
天正3(1575)年,浜松城下で遠江に勢力を伸ばしてきた徳川家康に目を掛けられ、幸運にも仕官を果たす。
井伊氏は彦根藩として譜代筆頭にまで名を上げ、幕政の中枢を担った。
遠江国井伊谷の出身で若手の武将でありながら、『柳営秘鑑』では榊原氏や鳥居氏と並び、「三河岡崎御普代」として記載されている。気性が荒く、部下にも厳しかったらしい。
部隊を朱色に統一する様は、井伊の赤備えと称され敵軍に恐れられた。
その威容から、井伊の赤鬼とも呼ばれており、かなり強面である。
知勇兼備・文武両道の勇将であるが、特に他国大名との外交・交渉能力に長けていた。
部下に厳しく、些細なミスも許さず手討ちにすることから、「人斬り兵部」と畏怖されていた。
家康の本陣に忍び込んだ武田方の間者を討ち取ったり、関ヶ原の合戦においては強引に先陣を切るなど、荒武者としてのエピソードが多く残る。滋賀県彦根市では、直政が現在の彦根市の発展の基礎を築いたということを顕彰して、「井伊直政公顕彰式」という祭典が毎年行われている。大正6年(1917年)11月17日、贈従三位。


関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


武士の子をさやうに用心して何の役にかたつべき、はなして、もし討死ならば其(その)分の事よ。

 

No.002


捨てて苦しかるまじき敵と見ば、敵にてはあるまじと申すべし。
[解]逃すべきでない敵と見たならば、敵がいると答えるよりも早く、相手に討ちかかるべき。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

井伊軍志 [ 井伊達夫 ]

井伊軍志 [ 井伊達夫 ]
価格:21,600円(税込、送料込)

Google Ads

関連記事

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

偉人 太田道灌 名言集|心の常備薬

太田道灌 1432年 - 1486年8月25日 室町時代後期の武将

記事を読む

偉人 上杉景勝 名言集|心の常備薬

上杉景勝 1556年1月8日 - 1623年4月19日 戦国時代から

記事を読む

偉人 武田信玄 名言集|心の常備薬

武田信玄 1521年12月1日 - 1573年5月13日 戦国時代の

記事を読む

偉人 天草四郎 名言集|心の常備薬

天草四郎 1623年? - 1638年4月12日 江戸時代初期のキリ

記事を読む

偉人 石田三成 名言集|心の常備薬

石田三成 1560年 - 1600年11月6日 安土桃山時代の武将・

記事を読む

偉人 前田利家 名言集|心の常備薬

前田利家 1539年1月15日 - 1599年4月27日 戦国時代か

記事を読む

偉人 大石内蔵助 名言集|心の常備薬

大石内蔵助 1659年 - 1703年3月20日 江戸時代前期の武士

記事を読む

偉人 源頼朝 名言集|心の常備薬

源頼朝 1147年5月9日 - 1199年2月9日 平安時代末期から

記事を読む

偉人 東郷平八郎 名言集|心の常備薬

東郷平八郎 1848年1月27日 - 1934年5月30日 日本の幕

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑