伊達政宗 名言集|心の常備薬

伊達政宗
1567年9月5日 – 1636年6月27日
出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。
伊達政宗_90
輝宗の長子。幼名,梵天丸。天正 12 (1584) 年 10月家督を継ぎ,同 16年佐竹義重,蘆名義広,相馬義胤らと対戦,翌 17年蘆名義広を破り,黒川城に拠って陸奥,出羽を平定したが,同 18年豊臣秀吉に降伏して,会津,岩瀬,安積 (あさか) 郡などを没収された。豊臣秀吉に仕えて朝鮮に出陣。関ヶ原の戦い・大坂の陣には徳川方につき仙台藩の基礎を固めた。キリシタンに関心をもち、支倉常長(はせくらつねなが)をローマに派遣。二代将軍徳川秀忠、三代徳川家光まで仕えた。家光からは特に尊敬され「伊達の親父殿」と呼ばれた。幼時に患った疱瘡(天然痘)により右眼を失明し独眼竜と称された。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


仁に過ぐれば弱くなる。義に過ぐれば固くなる。礼に過ぐれば諂(へつらい)となる。智に過ぐれば嘘を吐く。信に過ぐれば損をする。

 

No.002


気長く心穏やかにして、よろずに倹約を用い金銀を備ふべし。倹約の仕方は不自由なるを忍ぶにあり、この世に客に来たと思へば何の苦しみもなし。

 

No.003


朝夕の食事はうまからずとも褒めて食ふべし。元来客の身に成れば好き嫌ひは申されまじ。

 

No.004


今日行くをおくり、子孫兄弟によく挨拶して、娑婆の御暇申すがよし。

 

No.005


物事、小事より大事は発するものなり。油断すべからず。

 

スポンサーリンク

 

No.006


大事の義は人に談合せず、一心に究めたるがよし。

 

No.007


馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である。

 

No.008


仮初にも人に振舞候は、料理第一の事なり。何にても、其の主の勝手に入らずば、悪しき料理など出して、差当り虫気などあらば、気遣い千万ならん。

 

No.009


わきて釣りには他念なきものなり。太公望、おもしろがりたるも道理かな。罪も報(おくい)も後の世も忘れはてておもしろやと、げにさもあらずるものを。

 

No.010


まともでない人間の相手をまともにすることはない。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 徳川家康 名言集|心の常備薬

徳川家康 1543年1月31日 - 1616年6月1日 江戸幕府

記事を読む

偉人 井伊直政 名言集|心の常備薬

井伊直政 1561年3月4日 - 1602年3月24日 安土桃山時代

記事を読む

豊臣秀吉 名言集|心の常備薬

豊臣秀吉 1537年3月17日 - 1598年9月18日 戦国時代か

記事を読む

偉人 大山巌 名言集|心の常備薬

大山巌 1842年11月12日 - 1916年12月10日 日本の武

記事を読む

偉人 浅井長政 名言集|心の常備薬

浅井長政 1545年 - 1573年9月26日 戦国時代から安土桃山

記事を読む

偉人 石田三成 名言集|心の常備薬

石田三成 1560年 - 1600年11月6日 安土桃山時代の武将・

記事を読む

偉人 上杉謙信 名言集|心の常備薬

上杉謙信 1530年2月18日 - 1578年4月19日 戦国時代の

記事を読む

偉人 明智光秀 名言集|心の常備薬

明智光秀 1528年 - 1582年7月2日 戦国時代から安土桃山時

記事を読む

偉人 竹中半兵衛 名言集|心の常備薬

竹中半兵衛 1544年9月27日 - 1579年7月6日 戦国時代の

記事を読む

偉人 足利義満 名言集|心の常備薬

足利義満 1358年9月25日 - 1408年5月31日 室町幕府第

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑