偉人 与謝野晶子 名言集|心の常備薬

与謝野晶子
1878年12月7日 – 1942年5月29日
日本の歌人、作家、思想家
与謝野晶子
正字:與謝野 晶子
本名:与謝野 志よう
夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。鳳(ほう)秀太郎の妹。
与謝野鉄幹主宰の東京新詩社社友となり,「明星」に短歌を発表。
明治34年第1歌集「みだれ髪」に奔放な愛の情熱をうたって反響をよぶ。
明治34年鉄幹と結婚し,ともに浪漫主義詩歌運動を推進するかたわら,社会問題の評論,文化学院の創立など多方面に活躍した。
1921年(大正10年)、夫・鉄幹と共に文化学院創設。
長詩「君死にたまふことなかれ」は反戦詩として知られる。
明治末から大正を通じて,平塚らいてうや山川菊栄らと母性保護などに関し論争しつつ展開された婦人解放論,さらに政治,教育,社会の問題におよぶ幾多の評論も,晶子が歌よみの域をこえる豊かな洞察と見識の持ち主であったことを示し,同時に『みだれ髪』が単に青春の一時期の狂詩曲ではなかったことをも証し立てている。

日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


厭々する労働はかえって人を老衰に導くが、事故の生命の表現として自主的にする労働は、その生命を健康にする。

 

No.002


私達の夫婦関係は毎日毎日新規蒔直しを試み、毎日毎日以前に無い新しい愛の生活を築き上げて居るのです。

 

No.003


人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に深く達してさえおればよろしい。

 

No.004


あゝおとうとよ、君を泣く 君死にたまふことなかれ

 

No.005


才能のある人の間で、猛烈な競争をかいくぐってきたたくましさがないと、大きな試合では勝てない。

 

スポンサーリンク

 

No.006


特別に女子のためとして作られた書物は、全て女子を低能児たらしめる劣等の書である。

 

No.007


創造は過去と現在とを材料としながら新しい未来を発明する能力です。

 

No.008


悲観、泣き言、不平、皮肉、非難、諦め、などに心を分かつ大人があれば、それは「若さ」を失い老衰の域に入った兆候である。

 

No.009


「若さ」の前に不可能もなければ陰影も無い、それは一切を突破する力
であり、一切を明るくする太陽である。

 

No.010


夫婦は毎日毎日、愛の創作をしているのだ。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 倉本聰 名言集|心の常備薬

倉本聰 1934年12月31日(戸籍:1935年1月1日) - 日本

記事を読む

偉人 太宰治 名言集|心の常備薬

太宰治 1909年6月19日 - 1948年6月13日 日本の小説家

記事を読む

偉人 清少納言 名言集|心の常備薬

清少納言 966年頃 - 1025年頃 平安時代の女流作家、歌人

記事を読む

偉人 森瑤子 名言集|心の常備薬

森瑤子 1940年11月4日 - 1993年7月6日 日本の小説家

記事を読む

偉人 猪瀬直樹 名言集|心の常備薬

猪瀬直樹 1946年11月20日 - 日本の作家、政治家

記事を読む

偉人 菅原道真 名言集|心の常備薬

菅原道真 845年8月1日 - 903年3月26日 日本の平安時代の

記事を読む

偉人 串田孫一 名言集|心の常備薬

串田孫一 1915年11月12日 - 2005年7月8日 日本の詩人

記事を読む

偉人 浅田次郎 名言集|心の常備薬

浅田次郎 1951年12月13日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 西條八十 名言集|心の常備薬

西條八十 1892年1月15日 - 1970年8月12日 日本の詩人

記事を読む

偉人 紫式部 名言集|心の常備薬

紫式部 生没年不詳 平安時代中期の女性作家、歌人。

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑