偉人 渡辺淳一 名言集|心の常備薬

渡辺淳一
1933年10月24日 – 2014年4月30日
日本の作家
%e6%b8%a1%e8%be%ba%e6%b7%b3%e4%b8%80j
本名:同じ。
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。
札幌医科大学医学部卒業。
医学博士。
1958年、札幌医科大学医学部卒業し、同校の整形外科の講師を務めつつ小説を執筆。
初期~中期は医学・歴史・伝記的小説と多彩な作風で、1970年『光と影』(文藝春秋)で直木賞を受賞した。
1980年には、野口英世の人生を描いた『遠き落日』(角川書店)と『長崎ロシア遊女館』(講談社)で吉川英治文学賞を受賞。
1980年代に入ると、男女の愛と性を描いた小説『化粧』(朝日新聞社)、『ひとひらの雪』(文藝春秋)、『化身』(集英社)などを次々と発表。
特に『失楽園』(講談社)は、映画化・テレビドラマ化もされ250万部を超すベストセラーになった。
2003年、紫綬褒章と菊池寛賞を受賞。
2007年にはエッセーのタイトル「鈍感力」が新語・流行語大賞トップテンに入賞した。
2014年4月30日、前立腺がんのため死去。

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


一般に鈍いというと、マイナスのイメージが強いが、鈍さを馬鹿にすべきではない。
鈍さも見方を変えれば才能で、それこそが誠実さや、一途さ、信念といったものを生み出す原動力となるはずである。

 

No.002


鈍感なのは素晴らしいことなんですよ。
傷ついてもすぐに立ち直れるし、いろいろなことを言われてもすぐに忘れられる。

 

No.003


男の幸せは、秘密の多さで決まる。

 

No.004


二兎を追うものは一兎をも得ず。
というのは、二兎しか追わないから駄目なんだ。
四兎も五兎も追わなきゃ!

 

No.005


木の葉には、木の葉なりの意地がある。

 

スポンサーリンク

 

No.006


淋しい女は買い物好き。

 

No.007


なにかいいわけがあるとき、女性は思いがけず、大胆になる。

 

No.008


人間ですてきだと思うのは煩悩があるから。
煩悩があって迷いがあって、悟りなんて永遠に来ない気がする。

 

No.009


結婚という制度のために、不倫という純愛が否定される。

 

No.010


女性の方が生命力も強いし体力もあります。

ページ: 1 2 3 4

Google Ads

関連記事

偉人 立松和平 名言集|心の常備薬

立松和平 1947年12月15日 - 2010年2月8日 日本の小説

記事を読む

偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎 1889年11月7日 - 1963年5月6日 俳人、小

記事を読む

偉人 岸田國士 名言集|心の常備薬

岸田國士 1890年11月2日 - 1954年3月5日 日本の劇作家

記事を読む

偉人 芥川龍之介 名言集|心の常備薬

  芥川龍之介 1892年3月1日 - 1927年7月24日

記事を読む

偉人 大橋鎭子(とと姉さん小橋常子)名言集|心の常備薬

大橋鎭子 1920年3月10日 - 2013年3月23日 日本の編集

記事を読む

偉人 清少納言 名言集|心の常備薬

清少納言 966年頃 - 1025年頃 平安時代の女流作家、歌人

記事を読む

偉人 正岡子規 名言集|心の常備薬

正岡子規 1867年10月14日 - 1902年9月19日 日本の俳

記事を読む

偉人 五木寛之 名言集|心の常備薬

五木寛之 1932年9月30日 - 日本の小説家・随筆家

記事を読む

偉人 菊池寛 名言集|心の常備薬

菊池寛 1888年12月26日 - 1948年3月6日 小説家、劇作

記事を読む

偉人 工藤直子 名言集|心の常備薬

工藤直子 1935年11月2日 - 日本の詩人、童話作家

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑