偉人 立松和平 名言集|心の常備薬

立松和平
1947年12月15日 – 2010年2月8日
日本の小説家
本名:横松和夫。
栃木県宇都宮市出身。
早稲田大学政治経済学部卒業。
早稲田大学在学中から創作をはじめる。
沖縄・韓国・東南アジアを放浪し,全共闘運動,肉体労働を経験する。。
1972年小説《今も時だ》が新潮新人賞候補となり作家としてデビューするが,卒業後、種々の職業を経験し、生活のために故郷に帰り宇都宮市役所に勤める。
1980年都市化にさらされる農村の若者をえがいた「遠雷」で野間文芸新人賞。
作家活動に専念。
1986年アジア・アフリカ作家会議から若い作家のためのロータス賞。
1993年8月号から雑誌『すばる』で連載を開始した『光の雨』が「盗作」であると抗議され、自身が「盗作」を認めた。
1997年「毒―風聞・田中正造」で毎日出版文化賞。
2007年「道元禅師」で泉鏡花文学賞,2008年親鸞賞。
2010年2月8日、東京都内の病院にて多臓器不全で死去。
日本ペンクラブ会員。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


役所を辞め、腹をくくって書いた小説が賞を取った。
やっぱり人生は、覚悟を決めないとダメなんだね。

 

No.002


僕はあらためて思うんですよ。
好きなことをやってきて、本当によかったな、と。

 

No.003


宿題で書いた小説を先生が褒めてくださって、「これはいけるぞ」と調子に乗ったんです(笑)。

 

No.004


自分の魂にうそをついたら、いい人生は送れない。

 

No.005


もし迷ったら、魂に聞け。

 

スポンサーリンク

 

No.006


雲を友として遥かな道を
座右の銘

 

No.007


流れる水は先を争わず
座右の銘

 

No.008


植林は今の時代を生きる人間の未来に向けての布施であり、木を一本植林することは、2本植えることなんですよ。
実際に地球に1本ともう1本はその人の心に植えているんですよ。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 北方謙三 名言集|心の常備薬

北方謙三 1947年10月26日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 宮沢賢治 名言集|心の常備薬

宮沢賢治 1896年8月27日 - 1933年9月21日 日本の詩人

記事を読む

偉人 佐藤愛子 名言集|心の常備薬

佐藤愛子 1923年11月5日 - 小説家 大

記事を読む

偉人 林芙美子 名言集|心の常備薬

林芙美子 1903年12月31日 - 1951年6月28日 日本の小

記事を読む

偉人 阿久悠 名言集|心の常備薬

阿久悠 1937年2月7日 - 2007年8月1日 日本の放送作家、

記事を読む

夏目漱石 名言集|心の常備薬

夏目 漱石 1867年2月9日 - 1916年12月9日 日本の

記事を読む

偉人 夏樹静子 名言集|心の常備薬

夏樹静子 1938年12月21日 - 2016年3月19日 日本の小

記事を読む

偉人 平田オリザ 名言集|心の常備薬

平田オリザ 1962年11月8日 - 日本の劇作家、演出家

記事を読む

偉人 与謝野晶子 名言集|心の常備薬

与謝野晶子 1878年12月7日 - 1942年5月29日 日本の歌

記事を読む

偉人 三宅艶子 名言集|心の常備薬

三宅艶子 1912年11月23日 - 1994年1月17日 日本の作

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑