偉人 司馬遼太郎 名言集|心の常備薬

司馬遼太郎
1923年8月7日 – 1996年2月12日
小説家、ノンフィクション作家、評論家
img_profile_photo
本名:福田定一
筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
大阪出身。
大阪外国語学校(現大阪外大)卒。
産経新聞社記者として在職中に、昭和35年『梟の城』で直木賞を受賞。
歴史小説に新風を送る。
昭和36年作家生活にはいり,変革期の人物を題材に,『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶが如く』などの歴史小説を多数発表した。
代表作に『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
紀行『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行い、司馬史観とよばれる日本論,日本人論も多い。
平成5年文化勲章。
芸術院会員。日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


男というものは思慮きわまれば、常識、情勢をもって判断すべきではない。
男たる者の道をもって判断すべきだ。

 

No.002


人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ。

 

No.003


人間、ひたすらに頼まれるほど心の弱まることはない。

 

No.004


人間にとって、その人生は作品である。

 

No.005


日本人は均一性を欲する。
大多数がやっていることが神聖であり、同時に脅迫である。

 

スポンサーリンク

 

No.006


自分というものに学校というものは一切存在理由がなかった。
自分にとって、図書館と古本屋さんさえあれば、それで十分であった。

 

No.007


君たち。
君たちはつねに晴れあがった空のように、たかだかとした心を持たねばならない。
同時に、ずっしりとたくましい足どりで、大地をふみしめつつ歩かねばならない。

 

No.008


人間は、自然によって生かされてきた。
古代でも中世でも自然こそ神々であるとした。
このことは、 少しも誤っていないのである。

 

No.009


人間は決して、孤立して生きられるようには、作られていない。

 

No.010


勇気と決断と、行動力さえもちあわせておれば、あとのことは天に任せればよい。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

Google Ads

関連記事

偉人 工藤直子 名言集|心の常備薬

工藤直子 1935年11月2日 - 日本の詩人、童話作家

記事を読む

偉人 童門冬二 名言集|心の常備薬

童門冬二 1927年10月19日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 串田孫一 名言集|心の常備薬

串田孫一 1915年11月12日 - 2005年7月8日 日本の詩人

記事を読む

偉人 いわさきちひろ 名言集|心の常備薬

いわさきちひろ 1918年12月15日 - 1974年8月8日 日本

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 山岡荘八 名言集|心の常備薬

山岡荘八 1907年1月11日 - 1978年9月30日 日本の小説

記事を読む

偉人 竹久夢二 名言集|心の常備薬

竹久夢二 1884年9月16日 - 1934年9月1日 日本の画家・

記事を読む

偉人 正岡子規 名言集|心の常備薬

正岡子規 1867年10月14日 - 1902年9月19日 日本の俳

記事を読む

偉人 瀬戸内寂聴 名言集|心の常備薬

瀬戸内寂聴 1922年5月15日 - 日本の小説家、天台宗の尼僧。

記事を読む

偉人 小野小町 名言集|心の常備薬

小野小町 生没年不詳 平安時代前期9世紀頃の女流歌人

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑