偉人 清少納言 名言集|心の常備薬

清少納言
966年頃 – 1025年頃
平安時代の女流作家、歌人
2009-01-25
随筆『枕草子』、家集「清少納言集」が有名。
「清少納言」は女房名で、「清」は清原姓に由来するとされているが、近い親族で少納言職を務めたものはおらず、「少納言」の由来は不明であり、以下のような推察がなされている。
・女房名に「少納言」とあるからには必ずや父親か夫が少納言職にあった。
・少納言であり能吏として知られた先祖有雄を顕彰するために少納言を名乗った。
・少納言乳母を則光の母右近尼の別名であるとし、義母の名にちなんで名乗った。
・例外的に親族の官職によらず定子によって名づけられた。実名は不明で、「諾子(なぎこ)」という説もあるが、実証する一級史料は現存しない。

清原元輔(もとすけ)の娘。
橘則光と結婚したが離婚,正暦4年(993)ごろより一条天皇の中宮の藤原定子につかえ,約10年間女房生活をおくる。
漢詩文の教養と才気と機知により宮廷に名をはせた。

日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。

関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


絵に描きおとりするものなでしこ。
菖蒲。
桜。
物語にめでたしといひたる男女の容貌(かたち)。

[解]絵に描くとつまらなくなるもの。
なでしこ、しょうぶ、さくら。
物語の中で、素晴らしいと書いてある男女の姿、形。

 

No.002


草の花はなでしこ。
唐のはさらなり、大和のもいとめでたし。

[解]草の花は、なでしこ。
唐なでしこはいうまでもない。
大和のなでしこも、とてもすばらしい。

 

No.003


つれづれなぐさむもの 碁。
双六。
物語。
三つ四つのちごの、物をかしう言ふ。

[解]所在なく退屈なのを慰めるもの、碁、双六。
物語。
三つ四つの幼児がものをおかしく言う。

 

No.004


ただ過ぎ過ぐるもの帆かけたる舟。
人の齢。
春、夏、秋、冬。

[解]どんどん過ぎていくもの。
追い風に帆を張った舟。
人の年齢。春夏秋冬。

 

No.005


にくきもの、急ぐことある折りに来て長言する客人。
[解]不愉快なものは、急用のあるときにやってきて長話する客。

 

スポンサーリンク

 

No.006


男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。
いと清げなる人を捨てて、にくげなる人を持たるもあやしかし。

[解]男ほど、滅多にないほど不可解な感情を持っているものはない。
素敵な女性を捨てて、あんな女のどこがいいの?と思うような女を恋人にしているのも、わけがわからない。

 

No.007


星はすばる。
彦星。
夕づつ。
よばひ星すこしをかし。
尾だになからましかば、まいて。

[解]星といえば、すばる。
そして彦星(アルタイル)。
宵の明星均斉もいい。
流れ星もそれなりに趣があって美しい。
でも尾(尻尾)がなければもっといいのに。

 

No.008


遠くて近きもの 極楽。
舟の道。
人の仲。

[解]遠くて近きは男女の仲とは、男と女は遠く離れているように見えて、意外と結びつきやすいものであるということ。

 

 

No.009


心地のあしく、物のおそろしきをり、夜の明くるほど、いと心もとなし。
[解]気分が悪く、なんとなく恐ろしい感じがするおりは、夜が明けるまでの間が非常に待ち遠しい。

 

No.010


常よりことに聞ゆるもの正月の車の音。
また、鳥の声。
暁のしはぶき。
物の音はさらなり。

[解]常とは異なって聞こえるもの。
正月の車の音、また、鳥の声、暁の咳、ものの音色はさらに言うまでもない。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 西條八十 名言集|心の常備薬

西條八十 1892年1月15日 - 1970年8月12日 日本の詩人

記事を読む

偉人 川端康成 名言集|心の常備薬

川端康成 1899年6月14日 - 1972年4月16日 小説家、文

記事を読む

偉人 西村京太郎 名言集|心の常備薬

西村京太郎 1930年9月6日 - 日本の小説家、推理作家

記事を読む

偉人 藤原定家 名言集|心の常備薬

藤原定家 1162年 - 1241年9月26日 鎌倉時代初期の公家・

記事を読む

偉人 阿川佐和子 名言集|心の常備薬

阿川佐和子 1953年11月1日 - 日本のエッセイスト、タレント

記事を読む

偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎 1889年11月7日 - 1963年5月6日 俳人、小

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 清水義範 名言集|心の常備薬

清水義範 1947年10月28日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 金子みすゞ 名言集|心の常備薬

金子みすゞ 1903年4月11日 - 1930年3月10日 日本の童

記事を読む

偉人 松尾芭蕉 名言集|心の常備薬

松尾芭蕉 1644年 - 1694年11月28日 江戸時代前期の俳諧

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑