偉人 佐藤愛子 名言集|心の常備薬

佐藤愛子
1923年11月5日 –
小説家
%e4%bd%90%e8%97%a4%e6%84%9b%e5%ad%901
大阪府大阪市出身。
甲南高等女学校卒業。
佐藤紅緑(こうろく)の次女。
サトウハチローの異母妹。
昭和31年田畑麦彦と再婚(のち離婚)。
昭和38年「ソクラテスの妻」で注目され,昭和44年「戦いすんで日が暮れて」で直木賞。
「猛妻もの」と称される家庭小説がおおい。
父の伝記「花はくれない」,自伝的な小説「愛子」もある。
平成12年大河小説「血脈」で菊池寛賞。
平成27年「晩鐘」で紫式部文学賞。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


どんなボンクラでもいいから、亭主はいたほうがええ。

 

No.002


男の涙は一筋、しかも風で乾かすべきものなのである。

 

No.003


女にサービスすることを知っている男は何らかの点ですぐれた個性を発揮している人たちであり、心の余裕を持っている人たちである。

 

No.004


女はもっと強くならなければならない。
しかしそれは男に対してではなく、女自身に対してなのである。

 

No.005


男女関係において女は常に真剣勝負でいるけれど、男はいつもそう真剣勝負ではないのです。
女性はまず、そのことを認識しておいたほうがよろしい。

 

スポンサーリンク

 

No.006


心底人を愛し苦しんだことのない人生は、実は何の得るところもない寂しい人生なのである。

 

No.007


愛とは楽しいことばかりでなく、苦渋に満ちたものなんですよ。

 

No.008


平和に生きるために、人への期待を捨てるというのも淋しいことだ。
私が怒りつつ人への期待を捨てないのは、その淋しさに耐えられないからかもしれない。

 

No.009


他人に対する理解力や洞察力や思いやりは、知識や勉強からでなく、苦労の積み重なりによって養われるものなのだ。

 

No.010


優しさっていうのは、喧嘩しないとか、おとなしいというのとは違うのよ。
相手の気持ちを忖度できるっていうのは、優しさの第一の条件でしょう。

ページ: 1 2 3 4

Google Ads

関連記事

偉人 糸井重里 名言集|心の常備薬

糸井重里 1948年11月10日 - 日本のコピーライター、エッセイ

記事を読む

偉人 筒井康隆 名言集|心の常備薬

筒井康隆 1934年9月24日 - 日本の小説家・劇作家・俳優

記事を読む

偉人 いわさきちひろ 名言集|心の常備薬

いわさきちひろ 1918年12月15日 - 1974年8月8日 日本

記事を読む

偉人 大橋鎭子(とと姉さん小橋常子)名言集|心の常備薬

大橋鎭子 1920年3月10日 - 2013年3月23日 日本の編集

記事を読む

偉人 童門冬二 名言集|心の常備薬

童門冬二 1927年10月19日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 大江健三郎 名言集|心の常備薬

  大江健三郎 1935年1月31日 - 日本の小説家、

記事を読む

偉人 松尾芭蕉 名言集|心の常備薬

松尾芭蕉 1644年 - 1694年11月28日 江戸時代前期の俳諧

記事を読む

偉人 瀬戸内寂聴 名言集|心の常備薬

瀬戸内寂聴 1922年5月15日 - 日本の小説家、天台宗の尼僧。

記事を読む

偉人 井上ひさし 名言集|心の常備薬

井上ひさし 1934年11月17日 - 2010年4月9日 日本の小

記事を読む

偉人 菊池寛 名言集|心の常備薬

菊池寛 1888年12月26日 - 1948年3月6日 小説家、劇作

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑