偉人 長田弘 名言集|心の常備薬

長田弘
1939年11月10日 – 2015年5月3日
日本の詩人、児童文学作家、文芸評論家、翻訳家、随筆家
%e9%95%b7%e7%94%b0%e5%bc%98n
福島県福島市出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
早大在学中同人誌「鳥」を創刊,「地球」「現代詩」などにくわわる。
昭和40年やわらかくなじみやすい表現によって,けんめいに明日への希望をつむぐ詩集「われら新鮮な旅人」,詩論集「抒情の変革」を発表。
昭和57年「私の二十世紀書店」で毎日出版文化賞,詩集「心の中にもっている問題」で平成2年富田砕花賞,3年路傍の石文学賞。
平成21年「幸いなるかな本を読む人」で詩歌文学館賞。
平成22年詩集「世界はうつくしいと」で三好達治賞。
平成26年「奇跡―ミラクル―」で毎日芸術賞。
ほかに「死者の贈り物」「深呼吸の必要」,評論「探究としての詩」,エッセイ「本を愛しなさい」など。
平成27年5月3日、胆管癌のため東京都杉並区の自宅で死去。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


みえてはいるが誰れもみていないものをみえるようにするのが、詩だ。

 

No.002


ハイドンは一番難しい生き方を貫いた。
すなわち、しごく平凡な人生を 誇りをもって、鮮やかにきれいに生きた。

 

No.003


読書は、自分が自分にかける電話のようなもの。
自分で自分と話をする方法なのです。

 

No.004


もしも、絵本を自分へ贈るのなら、それは自分に「もう一つの時間」を贈ることです。
もしも、絵本を誰かへ贈るのなら、それはその誰かへ、この世界への眼差しを共にしたいという思いを贈ることです。

 

No.005


この世でいちばん難しいのは、いちばん簡単なこと。

 

スポンサーリンク

 

No.006


何をなすべきかを語る言葉は、果敢な言葉。
しばしば戦端を開いてきた言葉です。
何をなすべきでないかを語る言葉は、留保の言葉。
戦争の終わりに常に残されてきた言葉です。

 

No.007


いつかはきっと いつかはきっとと思いつづける。
それがきみの冒した間違いだった。

 

No.008


誰もが人生を目的と考える。ところが、世界は誰にも、人生を手段として投げかえす。
彼女は思う。
人生は目的でも、手段でもない。
ここから、そこへゆくまでの、途中にすぎない。

 

No.009


言葉の表情や身振りのなかに、物事のディテールのなかに、本質はさりげなくあらわれる。

 

No.010


本を読もう。
もっと本を読もう。
もっともっと本を読もう。

ページ: 1 2 3 4 5 6

Google Ads

関連記事

偉人 渡辺淳一 名言集|心の常備薬

渡辺淳一 1933年10月24日 - 2014年4月30日 日本の作

記事を読む

偉人 江戸川乱歩 名言集|心の常備薬

江戸川乱歩 1894年10月21日 - 1965年7月28日 大正か

記事を読む

偉人 森瑤子 名言集|心の常備薬

森瑤子 1940年11月4日 - 1993年7月6日 日本の小説家

記事を読む

偉人 立松和平 名言集|心の常備薬

立松和平 1947年12月15日 - 2010年2月8日 日本の小説

記事を読む

夏目漱石 名言集|心の常備薬

夏目 漱石 1867年2月9日 - 1916年12月9日 日本の

記事を読む

偉人 いわさきちひろ 名言集|心の常備薬

いわさきちひろ 1918年12月15日 - 1974年8月8日 日本

記事を読む

偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎 1889年11月7日 - 1963年5月6日 俳人、小

記事を読む

偉人 大橋鎭子(とと姉さん小橋常子)名言集|心の常備薬

大橋鎭子 1920年3月10日 - 2013年3月23日 日本の編集

記事を読む

山崎豊子 名言集|心の常備薬

山崎 豊子 1924年11月3日 - 2013年9月29日 日本

記事を読む

偉人 西條八十 名言集|心の常備薬

西條八十 1892年1月15日 - 1970年8月12日 日本の詩人

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑