偉人 紫式部 名言集|心の常備薬

紫式部
生没年不詳
平安時代中期の女性作家、歌人。
0113-7
『源氏物語』の作者と考えられている。
中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。
『小倉百人一首』にも「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」で入選。
屈指の学者、詩人である藤原為時の娘。
長保1(999) 年頃年齢の違う藤原宣孝と結婚,後冷泉院の乳母になった大弐三位賢子を産んだが,同3年夫と死別。
夫の死後、召し出されて一条天皇の中宮・藤原彰子に仕えている間に、『源氏物語』を記した。
「源氏物語」をかきはじめ,文才をみとめられて上東門院(中宮(ちゅうぐう)彰子)につかえた。
初めの女房名は藤式部。
他に「紫式部日記」、家集「紫式部集」など。日本テレビ 世界一受けたい授業”日本人が好きな天才ベスト100″のひとりに選ばれた。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


女はやわらかに心うつくしきなんよき。

 

No.002


世の中さまざまにつけてはかなくうつりかはるありさま。

 

No.003


この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば。
藤原道長

 

No.004


逆さまにゆかぬ年月よ、老いはえのがれぬわざなり。
光源氏:『源氏物語』

 

No.005


嫉妬とは、ほどよく焼くのがいいのだよ。
光源氏:『源氏物語』

 

スポンサーリンク

 

No.006


これが最後の別れと思うと悲しい。
行きたいのは、死出の道でなく生きる道だったのです。
桐壺更衣:『源氏物語』

 

No.007


私が苦しい目に遭うのも、すべて男を好きになった自分の心がいけないからだ。
浮舟:『源氏物語』

 

No.008


あなたの死に後れるものでしょうか。
女三宮

 

No.009


この世に生きている人の有り様の、見るにも見飽きることなく、聞くにも聞き流しにできないこと、一つ一つを心に包みきれずに言いおいたのが物語の始まりなのです。
『源氏物語』

 

No.010


相手の女に恥をかかせるようなことはせず、どの女にも公平にやさしくして、
女性から怨みをかうようなことをしてはならない。
桐壺帝:『源氏物語』

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 浅田次郎 名言集|心の常備薬

浅田次郎 1951年12月13日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 いわさきちひろ 名言集|心の常備薬

いわさきちひろ 1918年12月15日 - 1974年8月8日 日本

記事を読む

偉人 太宰治 名言集|心の常備薬

太宰治 1909年6月19日 - 1948年6月13日 日本の小説家

記事を読む

偉人 五木寛之 名言集|心の常備薬

五木寛之 1932年9月30日 - 日本の小説家・随筆家

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 筒井康隆 名言集|心の常備薬

筒井康隆 1934年9月24日 - 日本の小説家・劇作家・俳優

記事を読む

偉人 阿久悠 名言集|心の常備薬

阿久悠 1937年2月7日 - 2007年8月1日 日本の放送作家、

記事を読む

偉人 清水義範 名言集|心の常備薬

清水義範 1947年10月28日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 森瑤子 名言集|心の常備薬

森瑤子 1940年11月4日 - 1993年7月6日 日本の小説家

記事を読む

偉人 落合恵子 名言集|心の常備薬

落合恵子 1945年1月15日 - 作家・文化放送アナウンサー

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑