偉人 森村誠一 名言集|心の常備薬

森村誠一
1933年1月2日 –
日本の小説家・作家
本名:同じ。
埼玉県熊谷市出身。
青山学院大学文学部英米文学科卒業。
推理小説、時代小説、ノンフィクションなどを手がける。山岳を舞台とした作品やホテルを舞台にしたミステリを多く発表している。
12歳にして、日本で最後(8月15日未明)の熊谷空襲を体験。
のちの「反戦平和」の原体験となる。
また、ホテルマン時代は、その「自分の個性を徹底的に消す」ホテルの職場環境を、「鉄筋の畜舎」と感じ、耐え切れずに、ビジネススクールの講師へ転職。
(「鉄筋の畜舎」時代への怒りは、初期エッセイで繰り返し、書かれている)
その後、ビジネス書の作家として出発。「高層の死角」で江戸川乱歩賞を受賞し、推理作家へ転向。
1973年に「腐蝕の構造」で第26回日本推理作家協会賞受賞。
1977年に松田優作主演で映画化された「人間の証明」を中心とした、角川書店の角川春樹社長のブロックバスター戦略の中心的存在となり、一躍、ベストセラー作家に。
(「人間の証明」は、映画化を前提に、角川春樹から依頼されて執筆した)
なお、「人間の証明」は、2004年には竹野内豊主演で再ドラマ化もされた。
また、七三一部隊をテーマにしたノンフィクション「悪魔の飽食」(共著)もベストセラーとなるが、右翼からの攻撃を激しく受け、また、写真の誤用問題でマスコミからもバッシングを受ける。
角川春樹とは、イデオロギーの差を越えて戦友関係にあり、角川春樹が麻薬事件で逮捕された時は、「角川書店の将来を考える会」を自ら主導して結成。
その記録を「イカロスは甦るか―角川事件の死角」として出版した。
(ちなみに、「角川書店の将来を考える会」の集会には、CLAMPも参加している)
2015年、平和安全法制成立や改憲を進める安倍晋三政権について、「再び戦争可能な国家にしようとしているが、絶対にいけない。」と批判。
また、「組織や権力に庇護されている人間と異なり、国民は自弁というハンディキャップを背負いながら闘っている」と述べた。

関連商品

スポンサーリンク



No.001


事実は小説よりも奇なりは、小説作家にとって敗北である。
虚構は事実よりも奇でなければならない。

 

No.002


戦時中、人間のあらゆる自由と共に読書の自由を奪われた私は、それがトラウマとなり、敗戦当日、我が町と我が家を戦火に焼かれた光景が、作家を志した原体験となった。

 

No.003


戦争が終わって、もはや強制的な停電はなくなり、夜を徹して本が読める。
それは私にとって新鮮な喜びであった。

 

No.004


会社を辞める日、仲間たちが送別会を開いてくれた。
そのとき上司が、小説で食えなくなったら、いつでもホテルに戻って来なさいと言ってくれた。
私は野垂れ死にをしても、元の職場には戻らないと決意した。

 

No.005


人が本を読むのは、自分の知らない精神世界を覗きたいがためである。
本を読むことによって未知の精神の視野が開ける。
読者の知的な背丈よりも多少高い作品を読むと、そのギャップの間に葛藤が生じる。
その葛藤を克服したとき、読者の知的背丈が伸びる。
これが最も大きな読書の効用である。

スポンサーリンク

No.006


なんらかの形で社会に貢献したいという理念を作家自らが捨てたとき、小説は読者から見放されるであろう。
その作品には、もはや作者の志もメッセージもなく、暇潰しにもならない。
読めば読んだだけ読者は損をする。

 

No.007


作家とは本来、オリジナリティと批判精神を生命とする者である。
この二つを失った者は作家ではない。
社会のすべて、その時代のすべてのものが右へならえしても、おのれの信ずるところに従い、時流に流されないのが作家たる者の身上である。

 

No.008


人間を描くためには、人間の悪性も書かなければならない。
悪は悪性を描くことが目的ではなく、悪性も人間の必要不可欠な要素として描いて、その人間を浮き彫りにすることが目的である。

 

No.009


小説には鉄則はないが、タブーはある。
小説は別名、創作と言われるように独創性(オリジナリティ)が生命である。
オリジナリティなき作品は、存在価値が薄くなる。
同じテーマを異なる作家、あるいは同一の作家が何度取り上げ、掘り下げてもよいが、そのつど新たな切り口と視点(アングル)が求められる。

 

No.010


創作において最も忌み嫌われるものは、盗用や剽窃である。
盗作や剽窃は作家として最も恥ずべき行為である。
どんなに素晴らしい作品世界を構築しても、盗作や、あるいは剽窃があると、たとえそれが作品の一部であっても、作品全体の価値を否定されてしまう。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 内館牧子 名言集|心の常備薬

内館牧子 1948年9月10日 - 日本の脚本家、作家

記事を読む

偉人 野田秀樹 名言集|心の常備薬

野田秀樹 1955年12月20日 - 日本の俳優、劇作家、演出家

記事を読む

偉人 藤沢周平 名言集|心の常備薬

藤沢周平 1927年12月26日 - 1997年1月26日 日本の小

記事を読む

偉人 菅原道真 名言集|心の常備薬

菅原道真 845年8月1日 - 903年3月26日 日本の平安時代の

記事を読む

偉人 落合恵子 名言集|心の常備薬

落合恵子 1945年1月15日 - 作家・文化放送アナウンサー

記事を読む

偉人 立松和平 名言集|心の常備薬

立松和平 1947年12月15日 - 2010年2月8日 日本の小説

記事を読む

偉人 相田みつを 名言集|心の常備薬

相田みつを 1924年5月20日 - 1991年12月17日 日本の

記事を読む

偉人 嵐山光三郎 名言集|心の常備薬

嵐山光三郎 1942年1月10日 - 日本の編集者、作家、エッセイス

記事を読む

偉人 川端康成 名言集|心の常備薬

川端康成 1899年6月14日 - 1972年4月16日 小説家、文

記事を読む

偉人 糸井重里 名言集|心の常備薬

糸井重里 1948年11月10日 - 日本のコピーライター、エッセイ

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑