偉人 正岡子規 名言集|心の常備薬

正岡子規
1867年10月14日 – 1902年9月19日
日本の俳人、歌人、国語学研究家
%e6%ad%a3%e5%b2%a1%e5%ad%90%e8%a6%8f3
本名:正岡常規。
別号に獺祭書屋主人,竹の里人。
伊予(いよ)(愛媛県)出身。
帝国大学中退。
初め政治を志したが、哲学次いで文学に転じる。
明治25年日本新聞社入社,紙上で俳句の革新運動を展開。
明治28年初め、念願だった日清戦争への従軍が内定。
カリエスによる長い病床生活を送った。
28年以降は病床にあり,30年創刊の「ホトトギス」,31年におこした根岸短歌会に力をそそぎ,短歌の革新と写生俳句・写生文を提唱した。
野球の普及にも貢献,平成14年新世紀特別表彰で野球殿堂入り。
著作に句集「寒山落木」,歌集「竹乃里歌」,ほかに「獺祭書屋俳話」「歌よみに与ふる書」「病牀六尺」など。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


黙ってこらえているのが一番苦しい。
盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少し苦痛が減ずる。

 

No.002


人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。

 

No.003


禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。

 

No.004


病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。

 

No.005


明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。

 

スポンサーリンク

 

No.006


たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、はたまたサンスクリット語でつくるとも、日本人が作った以上は、日本の文学であることに間違いない。

 

No.007


良句もできるが、駄句もできる。
しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。
自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。

 

No.008


あせっちゃ、ならんぞな。

 

No.009


死ぬまで、ひっこむわけにはゆかない。

 

No.010


実際の戦争は危険多くして損失夥し。
ベースボールほど愉快にてみちたる戦争は他になかるべし。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 竹久夢二 名言集|心の常備薬

竹久夢二 1884年9月16日 - 1934年9月1日 日本の画家・

記事を読む

偉人 遠藤周作 名言集|心の常備薬

遠藤周作 1923年3月27日 - 1996年9月29日 日本の小説

記事を読む

偉人 向田邦子 名言集|心の常備薬

向田邦子 1929年11月28日 - 1981年8月22日 テレビド

記事を読む

偉人 菊池寛 名言集|心の常備薬

菊池寛 1888年12月26日 - 1948年3月6日 小説家、劇作

記事を読む

偉人 佐藤愛子 名言集|心の常備薬

佐藤愛子 1923年11月5日 - 小説家 大

記事を読む

偉人 村上春樹 名言集|心の常備薬

村上春樹 1949年1月12日 - 日本の小説家、アメリカ文学翻訳家

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 落合恵子 名言集|心の常備薬

落合恵子 1945年1月15日 - 作家・文化放送アナウンサー

記事を読む

偉人 太宰治 名言集|心の常備薬

太宰治 1909年6月19日 - 1948年6月13日 日本の小説家

記事を読む

夏目漱石 名言集|心の常備薬

夏目 漱石 1867年2月9日 - 1916年12月9日 日本の

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑