偉人 倉本聰 名言集|心の常備薬

倉本聰
1934年12月31日(戸籍:1935年1月1日) –
日本の脚本家・劇作家・演出家
本名:山谷馨。
東京都出身。
東京大学文学部美学科卒業。
東京大学文学部美学科に在学中から劇団「仲間」の文芸部に所属する。
1959年(昭和34)ニッポン放送に入社、1962年にフリーとなり作家活動に入る。
▽映画『月曜日のユカ』(1964)『冬の華』(1978)『駅』(1981)
▽テレビ・シリーズもの『六羽のかもめ』(1974)、『前略おふくろ様』(1975)、『北の国から』(1981)、架空の炭鉱町を舞台にした青春グラフィティ『昨日、悲別で』(1984)
▽テレビ一話完結の『ばんえい』(1973)、『うちのホンカン』(1975)、集団疎開した子供たちと教師と寮母の生活を描く『失われた時の流れを』(1990)など、作品の数は多い。
▽『北の国から』のスペシャル版としては『北の国から’83冬』『北の国から’84夏』『北の国から’87初恋』『北の国から’89帰郷』『北の国から’92巣立ち』『北の国から’95秘密』『北の国から’98時代』がある。
同シリーズでは、北海道富良野を舞台に繰り広げられる黒板一家の兄妹(純と蛍)の成長を約20年間描き続けてきたが、2002年(平成14)『北の国から’02遺言』で、テレビドラマとしての『北の国から』は幕を閉じる。
「北の国から」はテレビ大賞,向田邦子賞をはじめおおくの賞をうけた。
1977年、東京から北海道の富良野に居を移し、時代とかかわる文明批判を笑いとペーソスで描いている。
1984年富良野塾を創立。
▽倉本聰著『さらば、テレビジョン――倉本聰エッセイ集 1975~’78』(1991・理論社)
▽倉本聰著『上流の思想・下流の思想――倉本聰・対談紀行』(1994・理論社)
▽倉本聰著『ゴールの情景』(1998・理論社)
▽倉本聰著『富良野風話』(2000・理論社)
▽北海学園「北海道から」編集室編『倉本聰研究』(1992・理論社)



関連商品

スポンサーリンク



No.001


僕は「そうは言っても」「前例がない」という言葉が大嫌い。
そんなことを言っていたら、世の中も自分自身もチェンジすることなんてできません。
「前例がない」ことをやるからこそ「新しい挑戦」になる。
にもかかわらず、常識からなかなか抜けられず、新しい道を開くことに対して臆病な人が多いのです。

 

No.002


根底で考えろ。
演じることも書くことも、生きることも、すべて常識で考えるな。

 

No.003


「富士山に登った」と言う人は多いけれど、たいていは5合目辺りまで車などで行き、そこからスタートして登ったと言っているわけです。
でも、本当に標高3776メートルの富士山を登り切ったと言うなら、僕は駿河湾から歩き出すのが本筋だと思う。
つまり、いつの間にか5合目スタートが常識になってしまっているわけです。
物事には「そもそも」という根本があります。
根本が進化し、社会基盤になり、常識になっていく。
5合目が常識になってしまうと、人はこの「そもそも」の部分、根本を考えなくなる。
それが僕は怖い。

 

No.004


物を作る人間には、ふっと神様が降りてきてくれる瞬間があるような気がします。
でも、その前に技術は磨いておかないといけません。
ひらめいたときに、それを具体化する能力を、技術として持っていないといけない。

 

No.005


もしも君たちがなくしものをして、それがどうしても見つからなかったら、富良野に探しに戻っていらっしゃい。
残雪の溶けた熟地のぬかるみに、君らの探しものは転がっているはず。

スポンサーリンク

No.006


何か人より優れたものを持ちたいと思ったら、やっぱりどこかで無理しないといけないと思います。
かなりの無理をしたから、他の人よりも少し前に進めたんだと思うんです。

 

No.007


問うべきは、「自分は何のために、何を目的にして生きていくのか」をはっきりさせることです。
僕は、人を感動させたかった。
びっくりさせたかった。
それが、僕の人生の目的なんです。

 

No.008


泣いたり笑ったり、感動を共有できるのは人間だけだと思う。

 

No.009


幸せとは、どのような状況にあろうと、いまが満ち足りていると感じられること。

 

No.010


脚本を書くことの最終目的は、金を得ることではなく、人様の心を洗うことである。
洗ってきれいにしてさしあげることである。
感動という名の洗剤で暮らしの汚濁を洗い流してあげることである。
そしてそのことが出来たとき、僕の心は初めて充足する。

 

ページ: 1 2 3 4 5

Google Ads

関連記事

偉人 内館牧子 名言集|心の常備薬

内館牧子 1948年9月10日 - 日本の脚本家、作家

記事を読む

偉人 北方謙三 名言集|心の常備薬

北方謙三 1947年10月26日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 夏樹静子 名言集|心の常備薬

夏樹静子 1938年12月21日 - 2016年3月19日 日本の小

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎 1889年11月7日 - 1963年5月6日 俳人、小

記事を読む

夏目漱石 名言集|心の常備薬

夏目 漱石 1867年2月9日 - 1916年12月9日 日本の

記事を読む

偉人 佐藤愛子 名言集|心の常備薬

佐藤愛子 1923年11月5日 - 小説家 大

記事を読む

偉人 西條八十 名言集|心の常備薬

西條八十 1892年1月15日 - 1970年8月12日 日本の詩人

記事を読む

偉人 猪瀬直樹 名言集|心の常備薬

猪瀬直樹 1946年11月20日 - 日本の作家、政治家

記事を読む

偉人 清少納言 名言集|心の常備薬

清少納言 966年頃 - 1025年頃 平安時代の女流作家、歌人

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑