偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎
1889年11月7日 – 1963年5月6日
俳人、小説家、劇作家
%e4%b9%85%e4%bf%9d%e7%94%b0%e4%b8%87%e5%a4%aa%e9%83%8e0
ペンネーム:千野菊次郎。
俳号:暮雨、傘雨
浅草生まれ。
慶應義塾大学文学科卒業。
慶大在学中の1911年《三田文学》に小説《朝顔》を発表し,《太陽》に戯曲《プロローグ》を懸賞応募して当選,1917年に《末枯》で文壇に認められ,1926年には勤めていた母校を辞して放送局に入る。
この間に戯曲《雨空》(1920),《短夜》(1925),《大寺学校》を執筆,劇作家として活躍したが,1932年に友田恭助・田村秋子夫妻が結成した築地座の演出を引き受け,その解散後1937年に岸田国士,岩田豊雄と文学座を創立,他方で新派各劇団のために創作・脚色・演出で活動しつつ,句集《道芝》(1927)をはじめ,俳誌《春灯》(1946年1月~)を大戦後主宰するなど俳句作家としても知られた。
1963年(昭和38年)5月6日夕方、梅原龍三郎邸にて設けられた宴席で赤貝のにぎり寿司を勧められた。
弟子たちが声を揃えるのは美食家であった久保田は日頃より噛みにくい赤貝は口にしなかった点である。
気を遣い断らずに赤貝を口に入れた久保田は誤嚥性による窒息となり、母校でもある慶應病院に午後6時過ぎに搬送されたが、既に心肺停止状態で午後6時25分に死亡と診断された。
喉につまらせ際、失礼にならないよう席を離れてトイレに向かう途中で倒れたという。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


人間、馬鹿は構いません。
だが、義理を知らないのはいけません。

 

No.002


地道にして稼いでいれば何時か一度はきっと、またいい時が来ますよ。

 

No.003


自分に苦労すると、やっぱり、人のいたわりが違います。

 

 

——- e n d ——-

◆◆楽天スポンサーリンク

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆






◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google Ads

関連記事

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 森村誠一 名言集|心の常備薬

森村誠一 1933年1月2日 - 日本の小説家・作家

記事を読む

偉人 三宅艶子 名言集|心の常備薬

三宅艶子 1912年11月23日 - 1994年1月17日 日本の作

記事を読む

偉人 寺山修司 名言集|心の常備薬

寺山修司 1935年12月10日 - 1983年5月4日 日本の歌人

記事を読む

偉人 正岡子規 名言集|心の常備薬

正岡子規 1867年10月14日 - 1902年9月19日 日本の俳

記事を読む

偉人 山岡荘八 名言集|心の常備薬

山岡荘八 1907年1月11日 - 1978年9月30日 日本の小説

記事を読む

偉人 工藤直子 名言集|心の常備薬

工藤直子 1935年11月2日 - 日本の詩人、童話作家

記事を読む

偉人 森瑤子 名言集|心の常備薬

森瑤子 1940年11月4日 - 1993年7月6日 日本の小説家

記事を読む

星新一 名言集|心の常備薬

星 新一 1926年9月6日 - 1997年12月30日 日本の

記事を読む

偉人 渡辺淳一 名言集|心の常備薬

渡辺淳一 1933年10月24日 - 2014年4月30日 日本の作

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

PAGE TOP ↑