偉人 五木寛之 名言集|心の常備薬

五木寛之
1932年9月30日 –
日本の小説家・随筆家
%e4%ba%94%e6%9c%a8%e5%af%9b%e4%b9%8b1
旧姓松延。
福岡の生まれ。
第2次世界大戦終戦を平壌中学1年で迎え,1947年帰国。
朝鮮からの引き揚げ体験を経て、作詞家,ルポライターなど放送界で活躍。
福岡の高校を卒業,早稲田大学露文科中退。
現代に生きる青年のニヒリズムを明晰な筆致で描き、人気を集める。
「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞受賞。
「青春の門 筑豊編」で吉川英治文学賞。
のち休筆し,竜谷大で仏教をまなぶ。
業界紙編集,広告代理店勤務,コマーシャルソングの作詞など,職を転々としつつ,ソ連や北欧を訪れ,その見聞をもとにした『さらばモスクワ愚連隊』 (1966) で注目される。
他に「青春の門」「大河の一滴」など。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


味わう、ということは、どんなささやかなことでも、宝石に変えてしまう不思議な体験です。

 

No.002


私たちは、よろこびをもって生きたい。
それを待っているだけではなく、自分からさがし出すことに慣れなければならない。
どんなにつまらないことであってもいい、それをきょう一日の収穫として大事にしたい。
<よろこび上手>こそ、苦しい世に生きていく知恵なのだ、とぼくは自分の体験から思うのです。

 

No.003


世の中に、自分で試してみないでわかることなんか、ひとつも無い。

 

No.004


人生の目的は、「自分の人生の目的」を探すことである。

 

No.005


一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。
そう決心しました。

 

スポンサーリンク

 

No.006


私たちは、まず、自己を肯定するところから出発したほうがいいようです。
自己を肯定し、自己を認めてやり、自己をはげまし、よろこばせること。
それが必要ではないか。

 

No.007


大事なことは何か。
なにごとによらず、一つずつの行為を十分にあじわいながら、その一瞬を大切に過ごすこと。
それがいま、特に大切に思われてならないことなのです。

 

No.008


人間は誰でも自分がいちばん大切なのです。
そして、そのことをほんとうに自覚した人間だけが、自然なかたちで他人を大切に思うことができる。

 

No.009


人間これ!という一つに打ちこんだら、驚くほどのことができる。

 

No.010


楽しいことは長続きする。
好きなことは長続きする。
気持ちのいいことは長続きする。
そうでないことは、どんなに強制されても結局は続かない。

 

ページ: 1 2 3 4

Google Ads

関連記事

偉人 北方謙三 名言集|心の常備薬

北方謙三 1947年10月26日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 樋口一葉 名言集|心の常備薬

樋口一葉 1872年5月2日 - 1896年11月23日 日本の小説

記事を読む

偉人 松本清張 名言集|心の常備薬

  松本清張 1909年12月21日 - 1992年8月4日

記事を読む

星新一 名言集|心の常備薬

星 新一 1926年9月6日 - 1997年12月30日 日本の

記事を読む

偉人 竹久夢二 名言集|心の常備薬

竹久夢二 1884年9月16日 - 1934年9月1日 日本の画家・

記事を読む

偉人 佐藤愛子 名言集|心の常備薬

佐藤愛子 1923年11月5日 - 小説家 大

記事を読む

偉人 司馬遼太郎 名言集|心の常備薬

司馬遼太郎 1923年8月7日 - 1996年2月12日 小説家、ノ

記事を読む

偉人 森村誠一 名言集|心の常備薬

森村誠一 1933年1月2日 - 日本の小説家・作家

記事を読む

偉人 菊池寛 名言集|心の常備薬

菊池寛 1888年12月26日 - 1948年3月6日 小説家、劇作

記事を読む

偉人 相田みつを 名言集|心の常備薬

相田みつを 1924年5月20日 - 1991年12月17日 日本の

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑