偉人 樋口一葉 名言集|心の常備薬

樋口一葉
1872年5月2日 – 1896年11月23日
日本の小説家
s0146l
本名:樋口夏子(戸籍名は奈津)
東京生まれ。
中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。
生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、森鴎外・幸田露伴・高山樗牛ら文壇から絶賛される。
女流作家の第一人者となった。
民衆の哀歓を描き、独自の境地を示した。
わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。
没後に発表された『一葉日記』も高い評価を受けている。日本テレビの日本人が好きな偉人100人に選ばれている。
関連商品

 

スポンサーリンク


 

No.001


分けのぼる道はよしかはるとも、終には我も人もひとしかるべし。
[解]のぼっていく道のりはたとえ違っても、最後にたどりつくところは、自分も人も同じだろう。

 

No.002


色に迷う人は迷えばいい。
情に狂う人は狂えばいい。
この世で一歩でも天に近づけば、自然と天が機会を与えてくれるだろう。

 

No.003


身をすてつるなれば 世の中の事 何かはおそろしからん。

 

No.004


せつなる恋の心は、尊きこと神のごとし。

 

No.005


恋とは尊くあさましく無残なものなり。

 

スポンサーリンク

 

No.006


只世にをかしくて、あやしく、のどかに、やはらかに、悲しく、おもしろきものは”恋”とこそ言はめ。

 

No.007


丸うならねば思う事は遂げられまじ。

 

No.008


みなさまが野辺をそぞろ歩いておいでの時には、蝶にでもなって、お袖のあたりに戯れまつわりましょう。

 

No.009


利欲にはしれる浮き世の人あさましく、厭わしく、これゆえにかく狂えるかと見れば、金銀はほとんど塵芥の様にぞ覚えし。

 

No.010


恐ろしきは涙の後の女子心なり。

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 遠藤周作 名言集|心の常備薬

遠藤周作 1923年3月27日 - 1996年9月29日 日本の小説

記事を読む

偉人 向田邦子 名言集|心の常備薬

向田邦子 1929年11月28日 - 1981年8月22日 テレビド

記事を読む

偉人 尾崎紅葉 名言集|心の常備薬

尾崎紅葉 1868年1月10日 - 1903年10月30日 日本の小

記事を読む

偉人 工藤直子 名言集|心の常備薬

工藤直子 1935年11月2日 - 日本の詩人、童話作家

記事を読む

偉人 三宅艶子 名言集|心の常備薬

三宅艶子 1912年11月23日 - 1994年1月17日 日本の作

記事を読む

偉人 内館牧子 名言集|心の常備薬

内館牧子 1948年9月10日 - 日本の脚本家、作家

記事を読む

偉人 山岡荘八 名言集|心の常備薬

山岡荘八 1907年1月11日 - 1978年9月30日 日本の小説

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 童門冬二 名言集|心の常備薬

童門冬二 1927年10月19日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 久保田万太郎 名言集|心の常備薬

久保田万太郎 1889年11月7日 - 1963年5月6日 俳人、小

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑