偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子
1931年1月20日 – 1984年8月30日
日本の小説家、劇作家、演出家
本名:同じ。
和歌山県和歌山市出身。
東京女子大学短期大学部英語科卒業。
古い伝統的な芸の世界と新しい近代的な教養の世界との鮮かな対照を描いた短編『地唄』 (1956) が芥川賞の候補作となって文壇に認められ,続いて『まっしろけのけ』 (56) ,『江口の里』 (58) ,『墨』 (61) などの古典的世界に題材を求めた作品を発表。
また,母方の故郷紀州を舞台に紀州女の激しい生の来歴を描いた『紀ノ川』 (59) や『助左衛門四代記』 (62~63) ,『華岡青洲の妻』 (66) などの歴史小説にもすぐれた作品がある。
この間,アメリカ留学から帰国後黒人問題を扱った『非色』 (63~64) を発表,次いで北京大学に景教の研究に留学するなど精力的な活動を続け,作風も次第に社会性を強めた。
『恍惚の人』 (72) は老人問題に一石を投じる問題作として注目を集めた。
ほかに『複合汚染』 (74~75) ,『和宮様御留』 (77~78) ,『開幕ベルは華やかに』 (82) など。
1984年8月30日未明、急性心不全のため東京都都杉並区内の自宅で死去した。
代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。

関連商品

スポンサーリンク



No.001


老いて生きるのは自殺よりはるかに痛苦のことであると悟った。
【恍惚の人】

 

No.002


長い人生を営々と歩んで来て、その果てに老婆が待ち受けているとしたら、人生は何のために生きたことになるのだろう。
【恍惚の人】

——- e n d ——-

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

◆◆楽天スポンサーリンク

 

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆





Google Ads

関連記事

偉人 浅田次郎 名言集|心の常備薬

浅田次郎 1951年12月13日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 清水義範 名言集|心の常備薬

清水義範 1947年10月28日 - 日本の小説家

記事を読む

偉人 相田みつを 名言集|心の常備薬

相田みつを 1924年5月20日 - 1991年12月17日 日本の

記事を読む

偉人 五木寛之 名言集|心の常備薬

五木寛之 1932年9月30日 - 日本の小説家・随筆家

記事を読む

偉人 大江健三郎 名言集|心の常備薬

  大江健三郎 1935年1月31日 - 日本の小説家、

記事を読む

偉人 赤瀬川隼 名言集|心の常備薬

赤瀬川隼 1931年11月5日 - 2015年1月26日 日本の小説

記事を読む

偉人 樋口一葉 名言集|心の常備薬

樋口一葉 1872年5月2日 - 1896年11月23日 日本の小説

記事を読む

偉人 落合恵子 名言集|心の常備薬

落合恵子 1945年1月15日 - 作家・文化放送アナウンサー

記事を読む

偉人 小野小町 名言集|心の常備薬

小野小町 生没年不詳 平安時代前期9世紀頃の女流歌人

記事を読む

偉人 紫式部 名言集|心の常備薬

紫式部 生没年不詳 平安時代中期の女性作家、歌人。

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 上島竜兵 名言集|心の常備薬

上島竜兵 1961年1月20日 - 日

偉人 松尾雄治 名言集|心の常備薬

松尾雄治 1954年1月20日 - 日

偉人 鈴木その子 名言集|心の常備薬

鈴木その子 1932年1月20日 - 2000年

偉人 有吉佐和子 名言集|心の常備薬

有吉佐和子 1931年1月20日 - 1984年

偉人 三國連太郎 名言集|心の常備薬

三國連太郎 1923年1月20日 - 2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑