偉人 相田みつを 名言集|心の常備薬

相田みつを
1924年5月20日 – 1991年12月17日
日本の詩人・書家
mitsuwo
本名:相田 光男
平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。
書の詩人、いのちの詩人とも称される。
生地の栃木県足利市で高福寺の武井哲応に師事し,在家のまま仏教を学ぶ。
宝仙学園短期大学長・紀野一義にも学ぶ。
独特の書体と闊達な筆の運びで読む人の心をとらえ,各地で展覧会をひらく。
昭和59年刊行の「にんげんだもの」はベストセラーとなった。
著作に「おかげさん」「雨の日には雨の中を風の日には風の中を」「一生感動 一生青春」など。
相田みつを美術館:
平成8年(1996)創立。
書家相田みつをの作品を収蔵・展示している。日本テレビ 世界一受けたい授業”日本人が好きな天才ベスト100″のひとりに選ばれた。
関連商品

スポンサーリンク



 

No.001


雨の日には雨の中を
風の日には風の中を

 

No.002


名もない草も実をつける
いのちいっぱいの花を咲かせて

 

No.003


だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないくるしみが
だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないかなしみが
ただだまっているだけなんだよ
いえば
ぐちになるから

 

No.004


あなたがそこにただいるだけで、
その場の空気が明るくなる。
あなたがそこにただいるだけで、
みんなの心がやすらぐ。
そんなあなたに私もなりたい。

 

No.005


背のびする自分
卑下する自分
どっちもいやだけど
どっちも自分

 

スポンサーリンク

 

No.006


あのときの
あの苦しみも
あのときの
あの悲しみも
みんな肥料になったんだなあ
じぶんが自分になるための

 

No.007


澄んだ眼の底にある
深い憂いのわかる人間になろう
重い悲しみの見える眼を持とう

 

No.008


セトモノとセトモノとぶつかりっこすると
すぐこわれちゃう
どっちかがやわらかければだいじょうぶ
やわらかいこころを持ちましょう

 

No.009


他人のものさし
自分のものさし
それぞれ寸法がちがうんだな

 

No.010


その根っこは見えない
その見えないところに大事な点がある

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Google Ads

関連記事

偉人 長田弘 名言集|心の常備薬

長田弘 1939年11月10日 - 2015年5月3日 日本の詩人、

記事を読む

偉人 瀬戸内寂聴 名言集|心の常備薬

瀬戸内寂聴 1922年5月15日 - 日本の小説家、天台宗の尼僧。

記事を読む

偉人 開高健 名言集|心の常備薬

開高健 1930年12月30日 - 1989年12月9日 日本の小説

記事を読む

偉人 金子みすゞ 名言集|心の常備薬

金子みすゞ 1903年4月11日 - 1930年3月10日 日本の童

記事を読む

偉人 内館牧子 名言集|心の常備薬

内館牧子 1948年9月10日 - 日本の脚本家、作家

記事を読む

偉人 岸田國士 名言集|心の常備薬

岸田國士 1890年11月2日 - 1954年3月5日 日本の劇作家

記事を読む

偉人 江戸川乱歩 名言集|心の常備薬

江戸川乱歩 1894年10月21日 - 1965年7月28日 大正か

記事を読む

偉人 紫式部 名言集|心の常備薬

紫式部 生没年不詳 平安時代中期の女性作家、歌人。

記事を読む

夏目漱石 名言集|心の常備薬

夏目 漱石 1867年2月9日 - 1916年12月9日 日本の

記事を読む

偉人 大橋鎭子(とと姉さん小橋常子)名言集|心の常備薬

大橋鎭子 1920年3月10日 - 2013年3月23日 日本の編集

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑