偉人 ミラード・フィルモア 名言集(英訳付)|心の常備薬

ミラード・フィルモア
Millard Fillmore
1800年1月7日 – 1874年3月8日
第13代アメリカ合衆国大統領
ペリー率いる艦隊を日本に派遣したときの大統領である。
フィルモアは米墨戦争の間に併合された領土に奴隷制度を導入しないという提案に反対し、1850年協定を支持し、同協定に署名した。
その中には逃亡奴隷法(ブラッドハウンド法)も含まれた。
インディアンに対しては徹底排除の方針を採り、1851年には「第一次ララミー砦条約」を締結させ、ミズーリ川以西の多数のインディアン部族からその領土を奪った。
外交政策においては日本との貿易を進め、ハワイを併合しようとするナポレオン3世と衝突、フランスやイギリスと共にキューバに侵入しようとしたナルシソ・ロペスの動きに対抗した。
大統領職後はノーナッシング・ムーブメントに加わり、南北戦争の間にはリンカーン大統領に反対、レコンストラクションの期間にはジョンソン大統領を支持した。
フィルモアはバッファロー大学の共同設立者であり、バッファロー・エリー郡歴史協会の設立に尽力した。
日本史においては、ペリーを日本に派遣した大統領として記憶されている。
幕府は正式にこれを受理した。
このことで国際的に検討を必要としたので、日本は開国に向けて前進せざるをえなくなった。
1854年の開国に繋がる要因となる。
関連商品

スポンサーリンク


No.001


東の海の沿岸でしばしば難破する不運なわが同胞は保護される権利がある。
こうした特定の目的はもちろんだが、それだけでなく、太平洋にあるわが合衆国全体の繁栄には、対岸にあるアジアを互恵的な関係で開国させることが必要である。
遠く離れた植民地に依存する考えを一切排除した憲法体制をもつ合衆国ほど、この試みによって利益をもたらすことのできる国がないことは疑う余地がない。
それゆえ、私は、思慮深く頭脳明晰な最高位の将軍の指揮のもと、然るべき海軍を日本に送るように命じざるを得ない。
彼は、かの国の政府が2世紀にもわたって推し進めてきた、不親切で非社交的な制度に対して、ある種の緩和を得る努力をするように指示されている。

【直訳】Unluckily brothers often shipwrecked along the coast of the east seas have the right to be protected.
Not only for these specific purposes, but also for the prosperity of our whole U.S. Pacific Asia, it is necessary to open Asia on the other side in mutually beneficial relationships.
There is no doubt that there is no country that can benefit from this attempt as much as the United States with a constitutional system that eliminates any distant colonial dependent ideas.
Therefore, I can not help commanding the appropriate navy to Japan, under the command of the highest generals who are thoughtful and clever.
He is instructed to make efforts to gain some sort of mitigation against unfriendly and unsociable institutions that the government of the country has pushed for over the century.

——- e n d ——-





◆二十四節気・七十二候◆

◆ブログ紹介◆

“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アメリカ 第13代ミラード・フィルモア 1ドル 2010 UNC
価格:432円(税込、送料別) (2017/1/13時点)

 

◆ブログ紹介◆

よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

Google Ads

関連記事

偉人 劉備玄徳 名言集(英訳付)|心の常備薬

劉備玄徳 161年 - 223年6月10日 後漢末期から三国時代の武

記事を読む

偉人 ジョゼ・ラモス=ホルタ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ジョゼ・ラモス=ホルタ Jose Ramos-Horta 1949年12月2

記事を読む

マハトマ・ガンディー 名言集(英語付)|心の常備薬

マハトマ・ガンディー Mohandas Karamchand Gandhi

記事を読む

偉人 リチャード・ニクソン 名言集(英訳付)|心の常備薬

リチャード・ニクソン Richard Nixon 1913年1月9日 - 1

記事を読む

偉人 蒋介石 名言集|心の常備薬

蒋介石 1887年10月31日 - 1975年4月5日 中華民国の政

記事を読む

偉人 ウラジーミル・プーチン 名言集(英訳付)|心の常備薬

ウラジーミル・プーチン Vladimir Putin 1952年10月7日

記事を読む

偉人 ネストル・マフノ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ネストル・マフノ Nestor Makhno 1888年10月26日 - 1

記事を読む

偉人 ヘルムート・シュミット 名言集(英訳付)|心の常備薬

ヘルムート・シュミット Florence Joyner 1918年12月23

記事を読む

偉人 曹操(三国志) 名言集|心の常備薬

  曹操(三国志) Cao Cao 155年 - 220年3月1

記事を読む

偉人 孫文 名言集|心の常備薬

孫文 1866年11月12日 - 1925年3月12日 中国の政治家

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑