偉人 マリー・ローランサン 名言集(英訳付)|心の常備薬

マリー・ローランサン
Marie Laurencin
1883年10月31日 – 1956年6月8日
フランスの女性画家・彫刻家
%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3
1904年アカデミー・アンベールで学び、アカデミックな写実の技法を学び、ブラックとも知遇を得る。
彼の紹介で1906年バトー=ラヴォワールのピカソの仲間に加わり、1907年アボリネールと知り合い、1912年まで続いた関係の中で、彼女の画法を古典的なものから脱皮させ、キュビスティックな画風に展開させた。
1912年パリで初個展、1920年ローマで個展を開き、夢見るような娘達の姿をグレー、ピンク、ブルーなどの淡い色調で甘美に描く。
1954年、シュザンヌ・モローを正式に養女とする。
1956年にパリにて心臓発作により死去した。
代表作に「シャネル嬢の肖像」などがあり、水彩画、銅版画なども手がける。
関連商品

 

スポンサーリンク


No.001


死んだ女より、もっと哀れなのは、忘れられた女です。

【直訳】The one more pitiful than the woman who died is a forgot woman.

 

No.002


追われた女より、もっと哀れなのは、死んだ女です。

【直訳】The one more pitiful than the woman run after is the woman who died.

 

No.003


捨てられた女より、もっと哀れなのは、寄る辺ない女です。

【直訳】The one more pitiful than a deserted woman is the woman who doesn’t have place to go.

 

No.004


病気の女より、もっと哀れなのは、捨てられた女です。

【直訳】The one more pitiful than a sick woman is a deserted woman.

 

No.005


不幸な女より、もっと哀れなのは、病気の女です。

【直訳】The one more pitiful than an unfortunate woman is a sick woman.

 

スポンサーリンク

 

No.006


悲しい女より、もっと哀れなのは、不幸な女です。

【直訳】The one more pitiful than a sad woman is an unfortunate woman.

 

No.007


退屈な女より、もっと哀れなのは、悲しい女です。

【直訳】The one more pitiful than a tedious woman is a sad woman.

 

 

——- e n d ——-





◆二十四節気・七十二候◆

◆ブログ紹介◆

“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリー・ローランサン [ 千明初美 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)

 

◆ブログ紹介◆

よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

Google Ads

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑