偉人 ロバート・ルイス・スティーヴンソン 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・ルイス・スティーヴンソン
Robert Louis Stevenson
1850年11月13日 – 1894年12月3日
イギリスの小説家、冒険小説作家、詩人、エッセイスト
%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b4%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%b3o
フルネーム:ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン
Robert Louis Balfour Stevenson
エジンバラに生まれる。
スティーブンソン家は、スコットランドでは著名な灯台建築技師の一家で、彼も初めはエジンバラ大学の土木工学科へ入るが、父の仕事を継ぐ気になれず、中途で法律に転じた。
弁護士の資格はとったものの、これは父の説得によるもので、その後は好きな文学の道に進む。
肺結核のためたびたび転地保養を必要とし、喀血を繰り返すが、病弱にもかかわらず多作で、長編、短編、随筆、評論、旅行記、韻文など多分野に優れた作品を残している。
初めて活字になったのは、1873年『ポートフォリオ』誌掲載のエッセイ『街道』で、短編第一作は『夜の宿』(1877)である。
以後、スペインの徒歩旅行記『ロバとともに』、エッセイ『若き人々のために』、のちに『新アラビアン・ナイト』に収録された諸短編を次々と雑誌に発表する。
作家的地位を確立したのは『宝島』(1883)で、1886年刊『ジキル博士とハイド氏』で文名は世界的に広まった。
長編には『誘拐されて』(1886)、その続編『カトリオナ』(1893)、そして『バラントレー家の若殿』(1889)、『ハーミストンのウィア』(未完)など。
彼の小説は当時流行の写実主義や自然主義とは無縁で、作風はむしろ空想的ロマンスに近い。
ジェームズ王党派の反乱があった時代に題材を多くとるが、歴史小説ではなく、冒険あり恋あり復讐ありの物語である。
こうした空想性、ロマンス性は中・短編にもみられ、スティーブンソン文学の特色の一つといえる。
1880年、11歳年上のアメリカ婦人と結婚し、1887年アメリカに移住するが、翌年帆船を購入して南太平洋を巡航。
サモア諸島のウポル島に寄り、風景と健康的な気候が気に入り、ここを永住の地と決めるが、1894年12月3日、『ハーミストンのウィア』を未完のままに脳溢血で急逝した。
関連商品


スポンサーリンク


No.001


結婚は人生そのもの。
戦場であって、バラの園ではない。

【直訳】Marriage, a life, itself.
It’s a field and isn’t a garden of a rose.

 

No.002


最上の男は独身者の中にいるが、最上の女は既婚者の中にいる。

【直訳】The best man is in the single, but the best woman is in the married person.

 

No.003


結婚を尻込みする人間は、戦場から逃亡する兵士と同じだ。

【直訳】Marriage, the man who shrinks back is same as the soldier who escapes from a field.

 

No.004


ここに善意に満ち少し試み多く失敗せる人眠る。
多分これが彼の墓碑銘かもしれない。
しかし、そのことで彼が恥じる必要は毛頭ないのだ。

【直訳】Sleeping people who tried a lot of good intentions here and fails here.
Perhaps this may be his monument.
But the need to be ashamed of him by himself is milky.

 

No.005


一度結婚してしまうと、善良であること以外には何事も、そう、自殺でさえも残されていない。

【直訳】When I get married once, nothing is even left for self-murder who meets besides the good fact.

 

スポンサーリンク

 

No.006


希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである。

【直訳】It’s a thing better than arriving in the destination to be filled with hope and travel.

 

No.007


幸福になる義務ほど過小評価されている義務はない。
幸福になることで、人は世間に匿名の慈善を施している。

【直訳】There is no underestimated obligation like the obligation to become happy.
A person is giving anonymous charity to the world by becoming happy.

 

No.008


恐れは、あなたの中にしまっておきなさい。
でも、勇気は、人々と分かち合いなさい。

【直訳】Close fear in you.
But partake of the courage with people.

 

No.009


あなたは弱さから逃げることはできない。
時には最後まで戦わなければならないし、死んでしまうこともある。
戦うなら、何故今でないのか、あなたは何処にいるのか?

【直訳】You can’t escape from the weakness.
I sometimes have to fight until the end and I die.
If I fight, where is the one which isn’t now why or you?

 

No.010


いつも楽しく暮らすよう心がければ、外的環境から完全にあるいはほとんど解放される。

【直訳】When trying so that I may always live happily, it’s perfect from the external society or most is freed.

 

No.011


あらゆる人々を喜ばせることはできない。
批判を気にするな。
人の決めた基準に従うな。

【直訳】It isn’t possible to be able to please all people.
Don’t worry about criticism.
Don’t follow the standard a person has decided.

 

ページ: 1 2

Google Ads

関連記事

偉人 サミュエル・テイラー・コールリッジ 名言集(英訳付)|心の常備薬

サミュエル・テイラー・コールリッジ Samuel Taylor Coleridge

記事を読む

偉人 オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン 名言集(英訳付)|心の常備薬

オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン Auguste Villiers de L'Is

記事を読む

偉人 シャルル・ペロー 名言集(英訳付)|心の常備薬

シャルル・ペロー William James 1628年1月12日 - 17

記事を読む

偉人 ロバート・フロスト 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・フロスト Robert Frost 1874年3月26日 - 19

記事を読む

偉人 エラ・ウィーラー・ウィルコックス 名言集(英訳付)|心の常備薬

エラ・ウィーラー・ウィルコックス Ella Wheeler Wilcox 1

記事を読む

偉人 ハインリヒ・ハイネ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine 1797年12月13日 -

記事を読む

偉人 グリム兄弟 名言集(英訳付)|心の常備薬

グリム兄弟 Brothers Grimm ヤーコプ:1785年1月4日 -

記事を読む

ルイス・キャロル 名言集(英語付)|心の常備薬

ルイス・キャロル   1832年1月27日 - 1898年1月14日

記事を読む

偉人 アガサ・クリスティー 名言集(英訳付)|心の常備薬

アガサ・クリスティー Agatha Mary Clarissa Christie

記事を読む

偉人 E・E・カミングス 名言集(英訳付)|心の常備薬

E・E・カミングス e. e. cummings 1894年10月14日 -

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑