偉人 カート・ヴォネガット 名言集(英訳付)|心の常備薬

カート・ヴォネガット
Kurt Vonnegut
1922年11月11日 – 2007年4月11日
アメリカの小説家、エッセイスト、劇作家
%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%8d%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%88v
インディアナポリス生まれ。
コーネル大学で化学と生物学を学ぶ。
在学中に軍隊に入り、ヨーロッパ戦線に送られる。
ドイツ軍の捕虜となり、ドレスデンに抑留中の1945年2月13日、連合軍の大空襲にあうが、と畜場地下の生肉貯蔵所に監禁されていたため奇跡的に助かる。
この皮肉な恐怖体験が、彼の文学の重要なモチーフを形成する。
戦後シカゴ大学で人類学を学び、のちにゼネラル・エレクトリック社の広報文案係の職を得て、先端技術の町スキネクタデーで4年間を過ごす。
この経験が彼のSFばり、劇画ばりの作風を決定する。
1952年、コンピュータに支配される近未来の工場を描いた反ユートピア小説『プレイヤー・ピアノ』を出版。
以後、宇宙をさまよい続けるべく運命づけられた男の生涯をさまざまなSF的奇想を凝らして描いた『タイタンの妖女』(1959)、ナチになりすましたアメリカ人スパイが戦後戦犯として裁かれる帰属先喪失の物語『母なる夜』(1961)、架空の最終兵器「アイス・ナイン」がもたらす人類滅亡の物語『猫のゆりかご』(1963)、現代における絶対の善人を描く『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』(1965)など、矢つぎばやに秀作を発表した。
1967年ドレスデンを再訪し、1969年『スローターハウス5』を出版した。
これは、宇宙の果ての星「トラルファマドール」に視点を置くことによって、言語に絶する悲劇を茶化してみせたブラック・ユーモアの傑作。
この作品によって「ボネガットばり」とよぶにふさわしい特異な作風を確立する。
これまでの作品の登場人物がここに再登場するのだが、そのうち作者の自画像ともいうべきSF作家キルゴア・トラウトはルイス・キャロル風の作品『チャンピオンたちの朝食』(1973)では主要人物の一人となる。
その後、老人の回想録の形をとった作品が続く。『スラップスティック』(1976)はアメリカ最後の大統領の回想録という形をとり、『ジェイルバード』(1979)はウォーターゲート事件に巻き込まれる官僚の物語、『デッドアイ・ディック』(1982)は中性子爆弾の事故にまつわる話を中心とし、『ガラパゴスの箱舟』(1985)は世界滅亡100万年後の物語。長編として、ほかに『青ひげ』(1987)、『ホーカス・ポーカス』(1990)、『タイムクェイク』(1997)がある。
短編集として、「バーンハウス効果」「製作所の鹿(しか)」などの秀作を含む『モンキー・ハウスへようこそ』(1968)があり、また二つのエッセー集『ヴォネガット、大いに語る』(1974)、『パームサンデー』(1981)がある。
1984年(昭和59)国際ペン大会で来日した。
2007年、マンハッタンの自宅で転落して脳に損傷を負い、その数週間後の4月11日に死去。
関連商品


スポンサーリンク


No.001


たえず崖から身を投げて、落下していく途中に翼を生やしていかなければならんのさ。

【直訳】I have to be throwing myself from a cliff all the time and be growing a wing in the falling way.

 

No.002


食べ物っていうのは、ただ食べるだけじゃつまらない。
そのことについて色々と喋るのが楽しいんだ。

【直訳】The one as food, only, as I eat, boring.
It’s fun to talk about the thing variously.

 

No.003


神よ、願わくば私に、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とを授けたまえ。

【直訳】God, hopefully, give me the calm that accepts things that can not be changed, the courage to change things that can change, and the wisdom to constantly distinguish the difference.

 

No.004


笑いと涙が不満や枯渇への応答。
後片付けが楽だから、私は笑うことを好む。

【直訳】A laugh and a tear are a reply to dissatisfaction and exhaustion.
Because cleaning is easiness, I like to laugh.

 

No.005


唯一わたしがやりたかったのは、人々に笑いという救いを与えることだ。
ユーモアは人の心を楽にする力がある。
アスピリンのようなものだ。
百年後、人類がまだ笑っていた、わたしはきっとうれしいと思う。

【直訳】The only thing I wanted to do is to give people the help of laughter.
Humor has the power to ease people’s mind.
It’s like aspirin.
A hundred years later, humanity was still laughing, I think I am surely happy.

 

スポンサーリンク

 

No.006


アートをやれ。
本気にやれ。
アートは生活の足しにはならないが人生を耐えうるものにする、とても人間らしい方法だ。
上手かろうが、下手だろうが、何かひとつ芸術活動をすることは魂を成長させる術となる。
シャワーの中で歌え。
ラジオの流れる音楽で踊れ。
物語を語れ。
友に詩を書け!
たとえ、ひどい詩でも。
できるだけのことをしろ。
計り知れないくらい得るものがある。
あなたは、何かを創造したのだ。

【直訳】Send Art.
Do seriously.
Art isn’t of living some help, but I’ll take the one which can be patient of a life, the way to seem to be man very much.
I’ll be good but poor, but it’ll be the way which makes a soul grow to carry on one some art activities.
Sing in the shower.
Dance by the music down which a radio floats.
Tell a story.
Compose a poem for a friend!
By terrible poetry.
Do to be just made.
Immeasurably, there is something which can be eaten.
You created something.

 

No.007


みなさんにもひとつお願いしておこう。
幸せなときには、幸せなんだなと気づいてほしい。
叫ぶなり、つぶやくなり、考えるなりしてほしい。
『これが幸せでなきゃ、いったい何が幸せだっていうんだ』と。

【直訳】I would like to ask one of you as well.
Please be aware that when you are happy you are happy.
Shout, tweet and think about it.
“If this is happy, you are so happy.”

 

 

——- e n d ——-





◆二十四節気・七十二候◆

◆ブログ紹介◆

“知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話ネタにもお使い頂ければと思います。
ぜひご利用ください。

◆◆楽天スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫のゆりかご [ カート・ヴォネガット ]
価格:799円(税込、送料無料) (2016/11/10時点)

 

◆ブログ紹介◆

よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

Google Ads

関連記事

偉人 バンジャマン・コンスタン 名言集(英訳付)|心の常備薬

バンジャマン・コンスタン Benjamin Constant 1767年10

記事を読む

偉人 アルベール・カミュ 名言集(英訳付)|心の常備薬

アルベール・カミュ Albert Camus 1913年11月7日 - 19

記事を読む

偉人 スタンダール 名言集(英訳付)|心の常備薬

  スタンダール Stendhal 1783年1月23日 - 1

記事を読む

偉人 ジョン・ミルトン 名言集(英訳付)|心の常備薬

ジョン・ミルトン John Milton 1608年12月9日 - 1674

記事を読む

偉人 マイケル・クライトン 名言集(英訳付)|心の常備薬

マイケル・クライトン Michael Crichton 1942年10月23

記事を読む

偉人 ウィリアム・カレン・ブライアント 名言集(英訳付)|心の常備薬

ウィリアム・カレン・ブライアント William Cullen Bryant

記事を読む

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 名言集(英語付)|心の常備薬

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ Antoine Marie Jean-Bapti

記事を読む

偉人 アガサ・クリスティー 名言集(英訳付)|心の常備薬

アガサ・クリスティー Agatha Mary Clarissa Christie

記事を読む

偉人 アルチュール・ランボー 名言集(英訳付)|心の常備薬

アルチュール・ランボー Arthur Rimbaud 1854年10月20日

記事を読む

偉人 アルフォンス・ド・ラマルティーヌ 名言集(英訳付)|心の常備薬

アルフォンス・ド・ラマルティーヌ Alphonse de Lamartine

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

偉人 加藤高明 名言集|心の常備薬

加藤高明 1860年1月25日 - 1926年1

偉人 富岡鉄斎 名言集|心の常備薬

富岡鉄斎 1837年1月25日 - 1924年1

偉人 ロバート・バーンズ 名言集(英訳付)|心の常備薬

ロバート・バーンズ Robert Burns

偉人 入江陵介 名言集|心の常備薬

入江陵介 1990年1月24日 - 日

偉人 林葉直子 名言集|心の常備薬

林葉直子 1968年1月24日 - 将

→もっと見る

PAGE TOP ↑